【破産への第一歩】FXギャンブルを始めました(o^―^o)ニコ

ヨシダヨシオ
ヨシダヨシオ
7

FX系ギャンブラー、吉田です。

前回の記事までは株について調子こいた発言を繰り返していました。申し訳ありません。

調子こいた結果、株取引で無事爆死。今の思考状況は完全によくない、破産が近づいていると判断し全決済しました。

FXトレーダーに転身します。

株は向いてないと思った

理由は単純です。ワイ、短気なんですよね。

現実世界でブチ切れたりはしませんけど、株を長期持ってられません。株は長期投資が最も効率が良くてガチャガチャいじるのはよくないです。わかってます。でも持てません

理由は単純で働いていないので時間的余裕があるんですよね。サラリーマンなら仕事中、頻繁に株価チェックはできません。トイレの大にこもって確認している人もいるかもしれませんが、ゆうてその程度ですよね。

でも吉田は市場が開いている間、ずっとパソコンの前で見てます。短期的な動きをすべて見ています。

そんなの見てたら長期的に持てません。もうだめだー、いけるーーーーーの繰り返しです。

かといって、見ない選択なんて私にできそうもない。精神が崩壊します。

【ニデック決算】ギャンブルに失敗で破産寸前!推定300万円の損失へ

あ、これは続けていたら破滅するなと直感的に感じて、全決済しました。結果的にその後ニデックは爆上げしていますが、このまま続けていたら致命的なミスを犯していたでしょう。

たいてい退場になるのはコツコツ、ドカーンです。

そもそも私はデイトレがしたかったんですよね。暇人はデイトレでしょ。ずっと張り付いてゴニョゴニョしたいのに長期では何もできませんし、長期なのにいじりたくなります。

株のデイトレは無理があった

吉田式 株博打ギャンブルの歴史

以前の記事で書きましたが、FXで退場を食らった歴史があります。

なのでFXには絶対に手を出さないと決めていたんですが、まぁ株だろうとFXだろうとリスクに差はないなと思い直してFXをやることにしました。

実は株でデイトレしようとしたんですけど、一部の値動きが激しい銘柄を除いて5000万円などの大金をぶち込むと、株価に影響を与えます。

買おうとすると株価を上げてしまい、売ろうとすると株価を下げてしまいます。かといって100万円とか少ない数では全然稼げません。負けもしませんけど。

買った瞬間にかなりのハンデを食らいます。表示はプラス表記でも、成り行き決済しようものならマイナスで決済されていたなんて良くあるはずです。

もちろん、大型株や取り引きが激しい銘柄を狙えばいいんですけどね。

株でデイトレするよりFXのがいい

そういうこともあり、デイトレするならFXのがマシだなという結論になりました。

FXと書くと胡散臭く感じますけど、要は為替取引のことです。外国通貨の売り買いです。

  • 会社が発行するものが株式
  • 国家が発行するものが通貨

です。

なぜかFXだと危険だと感じがちですがやってることは同じですよね。アメリカの株式(米ドル)を買ったり売ったりしてるだけです。

国家が相手なので個人レベルの売り買いでは価格は全く変動しません。日本政府が10兆円も為替介入しても5円程度しか動かない世界ですからね。1兆でも0.5円でしょ。1000億円でも0.05円。

株のように市場を変動させてしまうことを意識しなくていいので、多額の資金をぶち込んで、ちょっとした差額で儲けるデイトレ、または数秒レベルのスキャルピングに向いています。

FXではマルチタイムフレーム(MTF)をベースとします

FXのトレード手法は無限にありますが、私は基本中の基本であるマルチフレーム分析をベースにやろうと思っています。

週足→日足→時間足→分足

の順で市場の動向を分析し、トレード時期を分析する方法です。

簡単に言えば5分足などの超短いチャートでは長期的なトレンドが見れません。5分足で見ると下降トレンドだから「下がるだろう」と判断しがちですが、もう一つ上の1時間足で見ると上昇トレンドだったパターンがあります。

そうなると、どこかで反発する可能性がありますが、5分足だけ見ていてはわかりません。だから上位足から順に相場環境を理解したうえで、どちらに張るか決めます。

反発するポイントを上位足で推定し水平線を引くのが基本ですかね。上位足になればなるほど長い時間をかけて形成された抵抗線なので、反発する可能性が高くなります。

本来FXは買うか売るかの2択なのでランダムに取引すれば50%の勝率ですが、チャートを分析することでその勝率を5ポイントでも上げられば負けにくくなるわけです。

まぁ、いまの無限上げ相場ではあまり効果的ではないです。無限に上がっているので

FXで爆死するのは損切ができないからだ

ちなみに50パーセントの勝率なのに負ける人が多い理由は人間には感情があるからです。最も有名なのは「プロスペクト理論」「リスクリワード」ですかね。

  • 利益は数万円でちびちび
  • 損失は数十万円ドカーン(または永久に損切りできず強制ロスカット・追証)

コツコツドカーン、まさに人間の心理でそうなるんです。70パーセントの確立で動きをあてられる凄腕がいたとしても、この比率ではどんどん資産は減っていきます。

本来は利益は10万円、損失は5万円にするべきなんですね。そうすれば勝率が5割を切っていても計算上は勝てます。でも人間の心理からは逆をしてしまいます。私もそうですが分かっていてもできるものではありません。

損失が大きくなると「もう知らん」「ガチ保だーーー」ってなるし、少し利益が出ると「もう怖い、はぁはぁはぁ、、、、逃げよう」ってなるんです。しかもそれで救われた経験が何度もあるはずです。

実は結果論でいえば損切はしなくても助かる確率のが高いです。たいてい救われます。

でもそれが罠です。

救われた経験があるからこそ損切ができなくなるんですが、まれに助からないヤバいパターンが来ます。今がまさにそうですけど、円安が止まりませんがどうせ戻るだろうと損切りを先送りしたFXトレーダーが今まさに退場しまくっています。

まぁ、偉そうなこと言ってますが私がそうならないとは限りませんけどね。ニデックの株を160万円で損切りしなければよかったなんて今考えちゃってます。次は損切絶対しない!!!!!

本当にこの思考は厄介です。わかっていてもやめられません。

 

まぁそんなことはどうでもよくて、FXを始めたよという報告でした

(文章が長くなったので次回は初のFXトレードの結果を報告します)

ヨシダヨシオ
  • 最近ブロガーやめました
    YouTubeで生きていきたいです

ダイエット

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です