Exif情報を残したまま写真を縮小する方法

s-縮小革命 使い方解説

ディジタルカメラで写真を撮ると、JPEGの画像にExif情報と呼ばれる撮影情報が記録されます(上の画像)。たとえば、カメラ機種やISO感度、位置情報などです。縮小専用などの定番画像縮小ソフトを使うと残念ながらこのEXIFが削除されてしまいます。

Exifを残すことのメリット

Exifが残っていることの最大のメリットは撮影条件がわかるということです。WEB上で写真の撮り方のアドバイスをもらいたいときなど、Exif情報が残っていると撮影条件が詳細にわかりますからアドバイスをもらいやすいというメリットがあります。また、ブログによってはExifがある写真を投稿すると、自動的にブログに撮影情報を記載してくれるなんてこともあります。

Exifを残すことのデメリット

最大のデメリットはカメラによっては位置情報(GPS情報)が記録されているということです(普通のデジカメはGPSが付いていないので記録されません)。特に有名なのがiPhoneです。初期状態のiPhoneで写真を撮るとGPSの情報が写真に埋め込まれます。観光地であればGPS情報があればどこで撮ったものか後で振り返ることができるので良いんでしょうが、家なんかで撮った写真をネットに投稿すると自宅が特定されるなんて言う事故も発生しかねません。

また、Exifが付いている写真は微々たるものですが、画像のサイズが大きくなります。凄く小さい差なので問題になることは通常ありませんが、一日何十万アクセスもあるWEBサイトを運営している方の場合、サーバー負荷の増大につながる場合もあります。

無料画像縮小ソフト「縮小革命」ならExifの有無を選択できる

s-CB_0012

画像縮小するとExifが消えてしまって困っているという方には画像縮小ソフト「縮小革命」がおススメです。

WindowsXP、Vista、7、8、8.1に対応するフリーソフトです。

縮小革命なら、写真を縮小する時にExifを「削除」「残す」「GPSだけ削除して残す」などの設定ができます。

設定の仕方も簡単で、「Exif・タイムスタンプ」のタブにある「Exif情報の継承」の設定を変えるだけ。

  • 削除する
    Exifをすべて削除します
  • すべて継承
    Exifを全て残します
  • GPS情報を削除して継承
    GPS情報を削除してExifを残します
  • 任意のExif情報のみを残す
    好きなExif情報を選択して残します

の4つから選べます。

設定したら、画面上に写真をドラック&ドロップするだけで画像が縮小されます。

縮小革命の使い方が難しいなら簡易版をお勧めします

s-CB_0015

縮小革命は設定項目が多すぎて、パソコンが苦手な人には難しいかもしれません。

そんな時は縮小革命に付属している「縮小革命 簡易版」がおススメです。

この簡易版は縮小革命の機能の中から良く使うものだけをピックアップしたものになります。

昨日は制限されますが、わかりやすい画面になってます。縮小専用風なので縮小専用を使っている方にお勧めかもしれませんね。

もちろん、こちらの簡易版でもExifの有無を設定できます(左下の設定項目)。

縮小革命のダウンロードはこちら

画像縮小ソフトのダウンロードはこちらからできます。

もちろん、無料です。

スポンサーリンク
Exif情報を残したまま写真を縮小する方法
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク