BUFFALO製ルーターのVPN機能で中国のネット検閲を突破してGoogleやYoutube・Facebookを見る方法!

中国出張で嫌なことと言えば、食事が安全でない・大気汚染・歩行者優先ではなく車優先(引かれたほうが悪いくらいの勢い)など色々あるわけですが、特に不満なのがネット環境。

速度的には日本とあまり変わらないくらい速いんですが、ネット検閲(金盾)されているため一部の有名サイトが見られません。

スポンサーリンク

中国で見られないサイト

以下のサイトは中国ではシャットアウトされていて利用することができません。

  • Google
  • youtube
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Ustream
  • FC2
  • ヤフーブログ
  • その他いろいろ

個人的にはGoogleとyoutubeが使えないというのは精神的に辛いものがあります。ブラウザの設定がGoogle検索に設定されているので普通に検索すらできなくなりますから。

ちなみに検索エンジンはヤフーが使えます。繋がらない

検閲を突破するにはVPN接続をすればいい!

ネット検閲(金盾)を突破する方法はVPN接続しかありません。

s-IMG_0182

VPNというのは、経由地みたいなもので、直接Youtubeなどの観覧禁止サイトにアクセスするのではなく、VPNサーバーというサーバーを経由して観覧禁止サイトにアクセスする方法です。

例えば日本に設置されているVPNを使うと、Youtubeにアクセスしても中国の検閲システムからは日本にネット接続している様にしか見えないため検閲を回避することができます。

(本当はVPNというのは中国の検閲システムを突破するためのものではないけど、ここでは説明を省略します)

VPNサービスを利用するには?

VPNを使うには、

  • 有料・無料で提供されているVPN接続サービスを利用する
  • 自宅にVPNサーバーを設置する

の二つがあります。前者はサービスに登録するだけでVPNが使えるので手軽ですが、中国政府もVPN接続を監視していて大量の人が使うVPN接続サービスはすぐにブラックリスト入りして使えなくなったりします。

そこで、私は自宅にVPNサーバーを設置して専用のVPN接続サービスとして使っています。自分専用なので中国政府のブラックリスト入りすることもないし、速度もすごく早いというメリットがありますのでおすすめです。

BUFFALOの無線LANルーターのVPN機能を使おう!

BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866+300Mbps WHR-1166DHP2/N (利用推奨環境3人・3LDK・2階建)

BUFFALOの無線LANルーターの一部製品にはVPNサーバー機能が搭載されています。

この機能を使えば、簡単に自宅にVPNサーバーを設置することが可能です。

s-CB_0041

現在販売されているBUFFALOの無線LAN親機の中でVPN(リモートアクセス)に対応しているのは以下の4機種です。

11n/a/g/b対応

最新のac規格には対応していないモデルですが、その分安価で気軽に導入できる機種です。

11ac/n/a/b/g 対応

最新の11acに対応したモデルで無線LANで1300Mbpsもの高速スピードが出ます。私はWZR-1750DHP2を使用していますが、非常に早くて快適ですのでおすすめです。

VPNサーバーの設定方法(WZR-1750DHP2)

実際にBUFFALOの無線LANルーターでVPNサーバーを設定してみましょう。

今回は私が使っているWZR-1750DHP2を使用して解説しますが、やり方はどれも同じです。

s-CB_0045

まず、無線LANルーターの設定画面を開きます。

ブラウザにhttp://192.168.11.1/を入れるとアクセスできます。

初期設定のユーザー名とパスワードは以下の通りです。変更している場合は変更したパスワードを入力します。

ユーザー名:admin

パスワード:password

s-CB_0051

詳細設定をクリック

s-CB_0069

1.Internet→PPTPをクリックします。

2.PPTPサーバー機能にチェック

3.認証方式 MS-CHAPv2認証

4.設定

s-CB_0075

PPTP接続ユーザーの編集をクリック

s-CB_0079

接続ユーザー名とパスワードにお好みのものを入力して新規追加をクリックします。

s-CB_0099

左側メニューの「ステータス」→「システム」をクリックして

自分のIPアドレスを確認してメモしておきます。

つまり、必要な情報は

  • ユーザー名
  • パスワード
  • IPアドレス

の3つです。この3つがあればVPN接続が可能です。

以上で、VPNサーバーの設定は終わりです。

パソコンやiPhone・Androidの設定

パソコン側の設定方法は以下のサイトが参考になります。これらサイトを見て設定すればVPN接続が可能になります。

※自宅のネット環境からはVPN接続できません。接続確認する場合は携帯電話のテザリング機能を使うなど外部のネットワークから試す必要があります。

まとめ

中国で検閲しているサイトを見るためにはVPNを使う必要がありますが、BUFFALOの無線LANルーターの一部にはVPNルーター機能が搭載されています。

この機能を使うことで無料でVPN接続ができるようになります。

中国でyoutubeを見たいとかFacebookが使いたいとか、そういった方は一度試してみては?

スポンサーリンク
BUFFALO製ルーターのVPN機能で中国のネット検閲を突破してGoogleやYoutube・Facebookを見る方法!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
関連コンテンツ