中国出張で下痢になった時の対処方法!基本は我慢するしかない!

中国国旗五星紅旗[70×100cm・ポリエステル100%]

どうしても仕事で中華人民共和国という無茶苦茶な国に出張しなければならない場合があります。

マクドナルドの腐ったナゲット事件のように、中国という国は食の安全性は期待できません。

なので、比較的衛生的そうな飲食店でご飯を食べても中国の食品に体制がない人はすぐに下痢になってしまいます。

私も毎回下痢との戦いで、正直中国には行きたくありません。

スポンサーリンク

中国の強烈な下痢に正露丸は無意味!

【第2類医薬品】キョクトウ正露丸 550粒

中国に行く場合、腹を下す可能性が高いので正露丸を持っていく人が多いと思います。というか、会社の先輩などに持っていけと言われると思います。

しかし、正露丸なんて中国の食中毒(細菌性・ウイルス性?)には気休めでしかなく何の効果もないと思ったほうがいいです。

私も下痢が止まらなくなって日本から持って行った正露丸をのみましたが何の効果もなく下痢+発熱+血便という最悪な状況に追い込まれました。

軽度の食中毒には正露丸は良いのかもしれませんが、本気の食中毒にはさすがに効果がないのかもしれません。

解熱鎮痛剤+下痢止め+我慢で対処

結局のところ海外ということもあり病院に気軽にはいけません。

本気で死にそうであれば病院に行くべきでしょうが、我慢できるレベルであれば我慢するしかないというのが現状です。

※私がやっている緊急時の対応です。症状が悪化するかもしれませんので真似はしないことをお勧めします。

基本我慢

下痢は止めないほうがいいとよく言われるように基本的に下痢は我慢です。

通常、3~4日もすれば症状は落ち着いてきますから水分補給を十分にして乗り切ます。

エルヴェール トイレットティシュー シングル 200m 6ロール (芯なし)

中国の場合、トイレットペーパーがない場合が多くあります。あったとしても、巻き数が少なくて直ぐに無くなってしまいます。

私はスーパーロングタイプという長持ちするトイレットペーパーを中国に持って行って万が一の下痢に備えています。

移動するときは下痢止めで対処

【指定第2類医薬品】ピタリット 12錠

基本的に下痢は止めると良くないらしいので我慢で乗り切りますが、車での移動や飛行機での移動時に下痢はヤバいですよね。

そういった時は塩酸ロペラミド配合の下痢止めを飲んでいます。

本当はこういうのは飲まない方が良いらしいんですが、移動時にはそんなことも言っていられません。

偽薬効果なのかもしれませんが、数時間の移動なら何とか耐えられる気がします。

発熱と寒気には解熱鎮痛剤

本気でヤバい食中毒になると熱が出ます。

ここまでくると病院に行ったほうがいいのかもしれませんが、やっぱり中国なので気軽には行けません。

とりあえず、バファリンとかイブとかそういった解熱鎮痛剤を飲んで対処。

ホテルで大人しく寝ているのが一番なんでしょうけど、仕事に行かないわけにはいきませんので・・・

本気でヤバければ病院へ

自分の状態は自分が一番わかると思います。

死ぬと感じた場合は迷惑がかかるかもしれませんが病院へ!

最後に・・・

中国で食中毒になるのはどうしようもありません。

病院に行ったりホテルで休んだりなんてことは中々難しいのが現状です。

健康な一般成人が食中毒になっても、水分補給を十分して我慢していれば2~3日で治るハズです

下痢ってかなりキツイけど、止める方法もないんで我慢するしかありません。

スポンサーリンク
中国出張で下痢になった時の対処方法!基本は我慢するしかない!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ

コメント

  1. 匿名 より:

    中国の薬だけは絶対に飲みたくないですね

  2. 匿名 より:

    中国でお腹を壊した時は黄連素という漢方がいいですよ。得に仕事等で休めない時はピタッと止めてくれます。街中の薬屋ならたいていはおいてあるので簡単に手に入ります。漢方なので安全性もそこまで心配ないと思います。ニセモノでないことが前提ですが…