【Amazon fire】4980円の激安タブレットは買いなのか?安すぎて怪しいので評判やスペックを確認してみた。

fireタブレットのレビュー記事を書きました。あわせてご覧ください。

s-CB_0026s-CB_0027

すでに話題なのでご存知の方も多いと思いますが、アマゾンが9/30~ 8980円の fireというタブレットの販売を開始しました。

8980円でもタブレット端末としては驚異的な安さですが、アマゾンプライム会員だと衝撃の「4980円」という価格。

この4980円って価格.comの最安モデルより安い価格なので飛びつきたくなりますが、買った後に後悔することを避けるためにも、どうな商品なのか簡単にまとめてみましたので参考にしてください。

スポンサーリンク

Fireタブレットとは何か?

Fireタブレットとはアマゾンが販売する6インチ~10インチのタブレット端末です。アマゾンの電子書籍や音楽配信・動画配信などを手軽に楽しむために用意されているものです。

アマゾンのサービスをいっぱい利用してもらうための端末のため、本体代は極めて安価に設定されています。

Fireは5機種ある

今回紹介する4980円のモデルを合わせてFireタブレットは5モデル用意されています。

無印はとにかく安さ重視の廉価モデル、HDはハイビジョン画質の液晶を搭載したミドルレンジの端末、HDXは高性能CPUと高画質な液晶を搭載したプレミアムモデル(約4万円)という位置づけです。

気になるスペックは?

以下が各モデルのスペックです。無印Fireは上位モデルに比べて各スペックが必要最低限のものとなっていますので注意が必要です。

s-CB_0029

無印Fireを購入する場合の注意点

Fireタブレットの購入を検討している方のためにちょっとした注意点をまとめてみました。各項目を確認して問題なさそうであれば、購入を検討してもよいと思います。

性能(CPU・メモリー)

Fireタブレットに使われているCPU(頭脳)はクアッドコア1.3GHzです。台湾のMediaTek社製 MT8127(Cortex-A7)というCPUで、決して高性能なものではありません。

すでにレビュー記事などもたくさん出ていますが、若干もたつきを感じつ場合はあるもののアマゾンのサービス(電子書籍・動画など)を利用する分には何ら不満はないようです。

実際に使っていても、大量のサムネイルを読み込む際は多少の引っ掛かりを感じるが、全体的にはきびきびとしており、普通に使える印象だ。

Amazon「Fire」~実売8,980円、プライム会員なら4,980円で入手可能な7型タブレット

仕事でバリバリ使いたい!なんていう人には向かないと思いますが、本を読んだりビデオを楽しんだりする分には問題ないようです。

画面の解像度

画面の解像度が7インチで1024×600と一般的な5インチクラスのスマートフォン(1280×800)よりも解像度が低くなっています。

といっても、ひと昔前のノートPCですら15.6インチで1280×800くらいの解像度だったことを考えれば、実用上の問題はないはずです。

ただし、iPhoneやiPadなどの極めて高解像度の液晶を見慣れている人だと、フォントのガタガタが気になったりするかもしれません。

以下のレビュー記事でも述べられていますが、電子書籍のコミックは細かい描写などを再現するために高解像度の液晶のほうが見やすい事情があります。漫画用タブレットとして検討している場合は注意が必要です。

ディスプレイの見た目は初代「iPad mini」のような感じで、見るものによっては少しボヤけた感じで見えてしまいます。また、Kindle本を読んでみたところ、小説や文庫本は問題なく、コミックでギリギリといった感じで、雑誌を読むには画面が小さく、解像度も低いので向いていないかなと思いました。

【レビュー】Amazonの格安タブレット「Fire」を購入してみた

ストレージ

本モデルはストレージが8GBしかありません。純粋に電子書籍の文庫本を楽しんだりネットサーフィンをするくらいであれば十分な容量ですが、容量の大きい漫画をたくさん入れたいとか沢山のゲームを入れて楽しみたい場合などに容量不足に陥る可能性は十分あります。

東芝 microSDXC 64GB Class10 UHS-I 防水 耐X線 TOSHIBA 海外パッケージ

外部メモリーとしてマイクロSDカード128GBまで対応してはいますが、電子書籍はSDカードに保存できないので注意が必要です。写真・音楽とか動画とか一部対応したアプリなどの保存にしか使えない仕様とのことです。

もちろん、アマゾンの電子書籍は消しても何回でもダウンロードできますので、読み終わったら消すという使い方であれば8GBでも十分でしょう。

OSが独自のFire OS

この部分が一番注意が必要です。Fireタブレットは純粋なAndroidタブレットではなくAndroid 5ベースのFire OSというアマゾン独自のOSが使われています。

基本的な操作はほとんどAndroidと同じなんですが、Googleのアプリストア「Google Play」に対応しておらず、アマゾン独自の「Kindleストア」からアプリをダウンロードすることになります。

有名なアプリやゲームはありますが、Google Playよりも種類が少ないため注意が必要です。特にゲームをバリバリやりたいなんて人は普通のAndroidタブレットを買ったほうが無難です。

あとは、グーグル製アプリが使えません。Androidではお馴染みの「Youtubeアプリ」「Gmailアプリ」「chrome」などもありません。

※裏技を使えばAndroid化もできる様ですので、気になる方は検索してみてください。

その他注意点

以下も人によっては致命的な欠点かもしれません

  • GPS非搭載
  • カメラが2Mと性能が低い
  • スピーカーの音質が良くない(レビュー記事の情報から)
  • 黒一色でデザイン性は??

こんな人にFireタブレットがオススメで

注意点などを説明してきましたが、結局の所どんな人におすすめなのか?

私の意見ではありますが、次のような使い方を想定している方にお勧めです。

  • ネットサーフィン
  • アマゾン動画を見る
  • 電子書籍(特に小説)
  • ちょっとしたゲームをする

ベッド横に置くサブ端末としては安くて魅力的!!

どうせハイエンドな端末は使いこなせない両親なんかへのプレゼントにもオススメです。

お勧めしない用途

一方で次のような使い方を予定しているのであれば普通のAndroidタブレットやiPadなどがオススメです。

  • 話題のゲームを大画面で楽しみたい!
    →Google Playが使えない
  • 電子書籍の漫画をたっぷりと読みたい
    →解像度不足(上位モデルのFire HDがオススメ)
  • アマゾンプライム会員になるつもりがない人
    →非会員だと8980円 会員だと4980円

購入するならプライム会員になりましょう!

s-CB_0031

Fireタブレットはアマゾンプライム会員だと4980円で購入できますが、非会員だと8980円となってしまいます。正直なところ、11800円で上位モデルのFireHDが購入できますから、非会員だと価格面での魅力が半減です。

プライム会員は年間3900円と有料ですが

  • 月1冊の電子書籍が無料(対象商品のみ)
  • アマゾンプライムビデオという動画配信サービスが無料
  • お急ぎ便が何回でも無料で使える

などのメリットも多いです。アマゾンの戦略にはまっている感はありますが、Fireタブレットを買うならプライム会員に是非なりましょう!

特にお急ぎ便は場所によっては注文日の当日に到着する場合もあるなど、非常に便利なサービスです。プライムビデオもそんなに種類は多くないですがドラマや映画、アニメが見放題で年額3900円を払う価値は十分あります。

まとめ

Fire タブレット 8GB、ブラック

スペック的にはあまり良いものではありませんが、アマゾンプライム会員なら4980円という驚異的な安さで購入できるFireタブレット。

ゲームをバリバリしたいとか仕事で使いたいとか、思いっきり使いたい人には向いていないと思いますが電子書籍を読んだりアマゾンビデオを楽しんだりネットサーフィンをしたり・・・そんな用途にはコスパ最高だと思います。

私はベッド脇に置くサブ端末として、ちょうどいいサイズ感とスペックなので購入をほぼ決めています。

s-CB_0033

ただね、一点だけ難点があるんです。それは人気すぎるためか在庫がない・・・入荷までに6~8週もかかるんですよね。。。

即日配送なら速攻で注文していたんだけど、さすがに2か月も待てないわ!!!!!!!!!!

※現在は、品切れが解消されていますのでご安心ください。

Fireの関連記事をイロイロ書いてます

スポンサーリンク
【Amazon fire】4980円の激安タブレットは買いなのか?安すぎて怪しいので評判やスペックを確認してみた。
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ