2015年夏:価格.com最安パーツで激安自作パソコンを作ると「約2万円」!(インテルCPU編)

昨日の記事で、初めて自作PCを作るのにオススメなパソコン構成・パーツを紹介しました。ただ、若干欲張ってしまったため価格が10万円程度と高額になってしまいました。

そこで、今日は価格コム最安パーツで自作PCを作るといくらで出来るのかシミュレーションしてみました。

条件

  • 実用レベルのPCになる構成で最安であること
  • インテル製CPUを使用すること
  • 安くてもあまりにも古いパーツは選定しない

(価格は税込です)

スポンサーリンク

電源付属のPCケース:T-M19U2-PS4 4888円

s-0023

まずはケースですが、電源付きで4888円という超激安のケースを選定。電源を別に購入すると数千円はしますから、これは非常に安価。

電源の出力も450Wと必要十分。

マザーボード: MSI H81M-P33:4298円

s-0025

マザーボードは第四世代Core iシリーズに対応したH810-P33を選定。LGA-1150で最も安かったマザーボードです。

CPU: Celeron Dual-Core G1840 BOX 5182円

s-0027

Haswell世代のCeleron G1840。5182円という超激安価格ですが、2.8GHz駆動で必要十分すぎるスペックを備えています。

メモリー:ノーブランドDDR3 2GB 1955円

s-0031

メモリーはノーブランド品2GB。容量が少なすぎる気もするけど。

HDD:型落ち品 250GB 1980円

s-0033

HDDは250GBで1980円という超激安HDDを発見。

サムスン製なのでもうすでに製造していないはずなので、型落ち品ですね。

2009年発売なので5年前の商品。

DVDドライブ 1799円

s-0035

OSをインストールしたりする場合にDVDドライブが一応必要。一番安いLG製を選定。

まとめ

合計金額は20102円(税込み、送料別)となりました。

予想以上に安く仕上がらなかったなぁと思いますが、2万円程度で自作が楽しめると思えば安いですよね。

更に安くするなら、CPUをインテルからAMD製へ変更してDVDドライブレスにすれば、1.5万円前後で組めるはずです。

実際にはOSが必要なのでもう少し高くなりますがね・・・

スポンサーリンク
2015年夏:価格.com最安パーツで激安自作パソコンを作ると「約2万円」!(インテルCPU編)
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ