【キューブ型PCを自作3】Windows8ではなくWindows7をインストールしてみた!

先に↓をお読みください
【キューブ型PCを自作2】組み立てていたらトラブル多発!なんとか完成したよ

s-0103

ちょっとしたトラブルはあったものの何とか組み立てたキューブ型自作PC。完璧に組み立てたつもりですが動く少し心配です。

スポンサーリンク

動作チェック

s-0104

ディスプレイやキーボードをつなげて・・・・・スイッチON!!!

s-0105

ファンが回転し・・・・・・・・・・

ASRock!!!!!!起動しました!やったね。

s-0108

ちゃんと認識していて問題なさそうです。一発でうまく言ったの初めてかも・・・

Windows7をインストールするよ

s-0170

OSは新品を用意。Windows8か7で悩んだんだけどあえて7を選択しました!

7にした理由はいろいろあるんだけど、最大の理由はお値段です。若干の差ではあるけど、少しだけ7の方が安いんですよ。

そもそも、Windows8はタッチ操作の画面との融合がうまく言っておらず嫌いという理由もありますが・・・。

さらに言えば、8も7もどちらもWindows10への無償アップグレードができるので、あえて使いにくくて高い8を買う理由はないわけです。

s-0172

インストール方法は詳しく説明しないけど、CDをぶち込んで電源ON。

s-0112

なんか画面に表示されるのでエンターキーを押す。

s-0174

あとは画面にそって次へを押せばインストールできます。

s-0176

20分くらいでインストールが完了です。

ドライバなどをインストール

s-0177

自作PCの欠点であるドライバのインストール。メーカー製ならはじめから必要なソフトが入っているけど、自分で作るとまっさらウィンドウズなのでドライバを入れないと行けないんですよね。

これがめんどいんだよ。毎回さ!

s-0178

とりあえず、マザーボードのドライバーをインストールします。このマザボの場合、ドライバーを入れないとネットすらつながらないです。

何回再起動したかわからないけど、15分位でインストール完了です。

本来ならビデオカードのドライバもインストールしないとダメですが、GeForceの場合Windowsアップデートでネットから自動的に拾ってきてくれるので大丈夫!何故かRADEONの場合だと自分でインストールしないとダメ。

Windowsアップデート

s-0179

とりあえずWindowsアップデートもしておきましょう。これが時間がかかる。半日がかりです。

ウイルス対策ソフトは無料のものを

本当は有料のウイルス対策ソフトをインストールしようと思っていたんだけど、アマゾンで発注しても直ぐには届かない様なのでとりあえず無料のものをインストール。

無料のものはいろいろあるけど、広告が出なくて一番動作が軽いと思われるMicrosoft Security Essentialsにしました。検出能力が低いとか言われていますが、入れないよりはマシですしマイクロソフト純正なのでそれなりの性能はあるはずです。

ただし、マカフィーがAmazonで異常なくらい安く(1500円くらい)売っているので、そのうち変更するかもです。

ちなみに、Microsoft Security EssentialsはWin8にはインストール出来ません。Win8にはMicrosoft Security Essentials相当の機能が最小から内蔵されていて最初から有効になっています。

まとめ

予想に反して、なんのトラブルもなくWindowsがインストールできてしまいました。最低限のセキュリティー対策は施したので、後は好きなソフトをインストールするだけです。

時間に余裕がなくて、まだノートパソコンから今回自作したPCへの乗り換えは済んでいないんですが、今週中にはソフトをインストールしてデスクに設置したいなぁと思っています。

スポンサーリンク
【キューブ型PCを自作3】Windows8ではなくWindows7をインストールしてみた!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
関連コンテンツ