ブログやYouTube用のインパクトがあるサムネイル画像の作り方【Adobe Photoshop】

YouTubeやブログでアクセス数・再生数を稼ぐためにはサムネイル画像・アイキャッチ画像が重要です。

例えば、人気Youtberの瀬戸さんの動画には↑のようなサムネイルが使われていて一瞬でどんな動画なのかわかる様になっています。

インパクトなサムネイルにすることで注目を集めて再生数を稼ぐわけです。

スポンサーリンク

どうやって、インパクトあるサムネイル画像を作ればいいのか?

瀬戸さんのようなインパクトのあるサムネイル画像をどうやって作ればいいのか考えてみましょう。

1.画像編集ソフトAdobe Photoshopは必須だ!

s-CB_0070

画像を編集するには画像編集ソフトが必要です。ウィンドウズに付いているペイントなんかでは素晴らしいサムネイル画像は作れません。糞高いですが、やはり業界標準の「Adobe Photoshop CC」が必要です。

Winodws,Macのどちらにも対応しているソフトですが、もちろんプロ用のソフトなので有料。月額980円で利用することができます。

体験版のダウンロードはこちらから

一応、体験版が用意されているのでとりあえず使ってみたい方はそちらをダウンロードしてみましょう。

2.加工しやすい写真を撮ろう!

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK

商品紹介のサムネイルを作る場合ですが、商品の写真を撮影して背景を消す必要が出てきます。

アマゾンの画像などは背景が真っ白ですよね。

IMG_9141

そのためには、商品と背景ができるだけ違う色のほうが良いです。背景との境界がわかりやすいですから。

私の場合は上の写真のような、「肌色」「青色」「灰色」の布を用意しています。

IMG_9142

例えば、マウスを撮影してみるとこんな感じです。影などがあると背景を消すのが大変なので、強力な照明やフラッシュを使うなどの工夫が必要です、

3.Adobe Photoshopで背景を消す

s-CB_0071

まずはPhotoshopで背景を消してみましょう。

いろいろと方法はありますが、一番簡単な方法で消してみます。

s-CB_0074

まずは読み込んだ写真を背景からレイヤーに変更します。背景のままだと背景が透明にならないので・・・。

レイヤーを編集するところで「背景の上で右クリック→背景からレイヤーへ」の手順でクリックします。

s-CB_0075

ダイアログが表示されますが、特にこだわりがなければそのままOKをクリック。

s-CB_0076

背景がレイヤーになりました。

s-CB_0087

  1. ツールバーの中から自動選択ツールをクリック。
  2. 許容値の数値を「30」くらいに設定
  3. 画像の背景をクリックします。

そうすると、背景とマウスの境界がいい感じに選択されると思います。

対象や背景によっては許容値30だとうまく選択できない場合もあります。その場合は許容値を変更していい感じに選択される数値に変更します。

ちなみにですが、選択はCTRL+Dで解除できます。

s-CB_0099

選択がうまく行ったらDeleteキーを押すと選択した背景が消えます。

s-CB_0099

若干、背景が残る場合もありますが、そういったところは自動選択ツールで選択して消すか、消しゴムツールなどで手動で消し去ります。

4.背景をつける

s-0000

次に新たな背景を作っていきます。

  1. をクリックして新規レイヤーを作ります

s-0008

  1. 好きな背景色を選びます。ここでは黄色にしてみました
  2. 塗りつぶしツールを選択します

s-0009

背景部分をクリックして塗りつぶします。

背景のレイヤーの方が上に来ているため総て黄色になってしまいました。

s-0012

レイヤーの順番は変更する方法は簡単で、背景のレイヤー(レイヤー1)をドラッグして下側にします。

そうすると、背景が下になりマウスが上になります。

s-0014

背景と写真の境界を見てみると、ガタガタだったり若干背景が残っていたりします。

頑張って綺麗に消すのも良いですが、そんなことやっていたら日が暮れます。

s-0016

マウス画像のレイヤー(レイヤー0)をダブルクリックします。

s-0038

  1. 光彩(内側)をクリック
  2. 色を白に設定
  3. 不透明度を100%にする
  4. サイズはお好みで
  5. 最後にOKを押して終了

s-0040

この処理をするとこで境界部分が白くなり、ギザギザ感が軽減されます。

4のサイズを調整することで白くする部分を調整してください。

5.位置・サイズの調整

s-0047

商品写真の位置を変更します。

  1. 移動させたい写真のレイヤー(レイヤー0)をクリックして選択
  2. 移動ツールを選択
  3. 好きな位置に移動させます

s-0068

次にサイズを変更します。

  1. サイズを変更したい写真のレイヤー(レイヤー0)をクリックして選択
  2. Ctrlキー + Tを同時押するとサイズ変更モードに移行します
  3. 好きなサイズに変更します。

s-0071

サイズが決まったら「○」を押して確定します。

6.文字入れ

s-0083

とりあえず、文字を適当に入れましょう

  1. 文字ツールを選択
  2. 文字色を選択
  3. フォントを設定
  4. 好きな文字を入れる

s-0086

文字のレイヤーをダブルクリックして設定画面を表示します

s-0095

このレイヤースタイルの画面で文字に効果を付けられます。

適当にいじってみて、どんな風になるのか試してみるといいと思います。

例えば、私は上記画像のような設定をしてみました。

s-0096

こんな風に文字の周りが白くなり、インパクトがある文字になりました。

まとめ

どうでしたか?以外に簡単にサムネイル画像ってくれると感じたのではないでしょうか。

s-0101

もちろん、YouTuberであれば、今回紹介したような背景の切り抜きを駆使して自分の写真も合成すると、よりインパクトあるサムネイルになります。

今回紹介した機能はPhotoshopのほんの一部の機能。プロ用ソフトですから本気を出せばスゲー画像も作れ出せます。

高度なことは紹介しきれないので以下の様なマニュアル本を買って勉強しましょう。逆引きタイプなのでやりたいことがスマートにまとめられていて使いやすいです。もしよければ購入してみてください。

追記:

Photoshop 10年使える逆引き手帖は操作法がわかっていること前提です。超初心者であれば、以下の様な入門書なども合わせて買ったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク
ブログやYouTube用のインパクトがあるサムネイル画像の作り方【Adobe Photoshop】
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ