外付けHDDの作り方!捨てるPCからHDDを取り出して外付けハードディスクを自作してみよう!

パソコンを捨てる場合、回収サービスにそのまま出す人がほとんどだと思いますが、そんなのは勿体無いです。

中に入っているハードディスクを取り出して外付けHDDを作っちゃいましょう。

とりあえず、捨てるパソコンを分解します。ばらし方は機種によって様々ですが、捨てるものなので片っ端からネジを外しちゃいましょう。

接着剤でくっついている場合もあるので、強引に剥ぎ取るというのも必要かもしれません。

重要なのはハードディスクだけ。それ以外はどうなろうと構いません。

あとは、HDDケースと呼ばれる外付けハードディスク自作キットをアマゾンなどで買っておきます。

↓ ノートパソコン用HDD(2.5インチSATA)

↓ デスクトップ用HDD(3.5インチSATA)

注意:ものすごく古いPCだと、コネクタが合わない場合があります。HDDの端子を見てSATAと呼ばれる端子かどうかチェックしてください。

私が買ったのはこちら。バッファロー系のマニアック部品ブランド「玄人志向」のHDDケースです。

玄人志向はメーカーのサポートは一切ないという玄人向けブランドなのでトラブルが発生しても事故解決しないとダメです。と言うか、サポートの連絡先はおろか会社名すら書いてありませんのでご注意を。

説明書は英語なので読めませんが、感覚で組み立て可能です。このモデルはドライバーすら必要なく、強い力でスライドさせるとケースが開くという仕組みになっています。

あとは簡単で、ハードディスクをぶっさして・・・

蓋を戻せば完成。

このモデルはスライドさせてケースを開け閉めしますが、他のメーカーのものだとネジで止まっている場合もあります。

あとは付属のUSBケーブルをつなげれば、もう使えます。

取り出したPCのデータが残っているので、全部消すとかフォーマットするとかしてデータを消し去ります。

私はテレビにつなげて録画用のHDDにしました。邪魔にならない様に結束バンドで縛りつけました。

自作品でも問題なく使えました。

 

簡単でしょ?

ちなみに、HDDとケースを別々に買うより普通に売っている外付けハードディスクの方が安い場合もあります。と言うか、HDD単品より外付けHDDのが何故か安いという場合も多いです。その場合は外付けHDDを分解して自作パソコンに使ったりします。