ノートパソコン(R731)のハードディスクをSSDに換装・交換してみた

s-IMG_8437

私が愛用しているノートPC 東芝ダイナブックR731。OS付きで中古25000円という激安価格で入手しました。

中古PCがお得!東芝製中古モバイルノートパソコン(R731)を購入してみた

薄いし軽いし非常に気にっていて、最近ではメインのディスクトップパソコンを撤去して、このノートPCをメインで使っています。

しかし、ひとつだけ不満があります。明らかにハードディスクが遅い。ソフトの起動が遅いし、ファイルを開くの画面が表示されるまでにも時間がかかる。

新しいビットマップ イメージ (2)

で、どれくらいの速度があるのかCrystalDiskMarkで測定してみると・・・・2.5インチHDDとしては若干遅めな気がします。

実際にと同じようにR731を使っていて遅いと感じている人はいるみたいです。

我慢の限界なのでSSDに交換してみることにしました。

IMG_9071

私がR731を選定した理由のひとつにHDDにアクセスしやすいという点があります。

裏のねじを4本はずすだけでHDDにたどり着きます。

IMG_9072

HDDは特にねじ止めはされておらず、コネクタが接続されているだけ。引っこ抜いて・・・・

IMG_9074

SSDに差し替えます。使用したのは押入れで眠っていたIntel330という120GBのSSD。すでに販売中止の古い商品ですが、読み込み500 MB/s、書き込み450 MB/sと十分な速さがあります。

SATA Rev3.0(600MB/sec)に対応しているSSDですが、R731は非対応なので最大でも300MB/sしか出ません。SSDの性能をフルに生かせませんが我慢します。

IMG_9064

あとは、リカバリディスクを使ってOSをインストールするだけです。

すごく簡単でしょ?

新しいビットマップ イメージ (3)

OSのインストールが環境したらCrystalDiskMarkをしてみました。

うーん、R731がSATA Rev3.0に対応していないので速度が279MB/sしか出ていないけど、HDDの4倍くらい早い。

特に体感速度に影響するランダムRead性能(4K)ってやつは40倍も早い!!!!!!!やっぱり、SSDって凄いわ。

実際にネットサーフィンをしているだけで、HDDとSSDの違いがわかる。新しいタブを開くのも一瞬だし、ソフトも一瞬で開く。

大量にソフトを開きまくっても遅くならないし・・・・すばらしいわ!!!!!

本当に換してよかったです。

SSDって結構安い

120GBくらいで問題なければSSDって1万円くらいで購入できます。マジで凄く快適になるから、是非交換してみることをお勧めします。

もちろん、分解することになるから自己責任で行うことになりますがR731の様に分解しやすいモデルならチャレンジしてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク
ノートパソコン(R731)のハードディスクをSSDに換装・交換してみた
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク