市販の花粉症(鼻炎薬)を飲むと喉が渇くという人はスイッチOTC薬がオススメだ

花粉症の時期がやって来ました。毎年この時期になると鼻は詰まるし目や喉が痒い・・・。

病院で花粉症の症状を抑える薬を処方してもらえば良いだけなんですが仕事をしていると中々病院に行くことができません。

市販鼻炎薬は喉が渇く

【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルS 48カプセル

花粉症なので病院に行かなくても死ぬことはありませんが症状はかなりつらいものがあります。そういった場合に飲むのが薬局で売っている市販薬。

例えばパブロン鼻炎カプセルSなどが有名ですね。

ただ、市販薬は病院でもらえる薬と違い喉が渇くという副作用が現れやすいという問題があります。というか、私の場合は鼻の症状は収まっても喉の渇きという副作用がキツ過ぎて使えたものじゃありません。

なぜかというと、普通の市販薬は第一世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる薬で喉の渇きや眠気の症状が現れやすいためです。一方で病院で処方される薬は第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる新しい薬で副作用が殆どないそうです → 詳しくはこちら

スポンサーリンク

実は病院で処方される薬と同成分の薬が薬局で買える

s-IMG_8557

病院で処方される第二世代抗ヒスタミン薬は薬局で買えないのか?

実は数年前から販売が許可されており買うことができるようになっています。

例えば、私が買ったアレジオン10。

s-IMG_8561

一日一回飲むだけで一日効果があります。

s-IMG_8562

12錠入って約2000円です。

値段が高過ぎるというのが欠点ですが病院で詳報される様な薬が薬局で買えると言うのは便利です。

ただし、病院で処方されるものに比べ有効成分が半分しか入っていないのでご注意を。。。。

なので、コストや効能を考えた場合には病院に行ったほうが絶対にいいです。ですが私のように病院に行く時間がない人にとってはこのような薬はありがたいです。

第一類医薬品なので薬剤師から直接買う必要があります。なので、薬剤師がいない時間帯に薬局に行っても買えないというのがちょっと不便かな。

s-IMG_8563

ちなみに効能ですが、私の場合は効果抜群でこれを飲んでいる限りほとんど花粉症の症状は出ません。飲み忘れると目が痒かったりするので明らかに効果があります。

スイッチOTC医薬品(花粉症)一覧

病院で詳報される成分と同じものが含まれたスイッチOTC医薬品は以下のとおり。
(薬局では第一類医薬品を探せばいいと思います。)

  • アレグラ
  • アレジオン
  • アレギサール
  • ザジテン
  • アゼプチン
スポンサーリンク
市販の花粉症(鼻炎薬)を飲むと喉が渇くという人はスイッチOTC薬がオススメだ
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ