中国出張には目覚まし時計必須!トラベルクロック CASIO TQ-140-1 JF レビュー

海外出張で困ったことの一つとして目覚まし時計がないという問題。

日本のホテルならベッドに目覚まし時計が内蔵されていることが多いですが中国にはそんなものありません。

そもそも、無茶苦茶な国ですから時間など気にするわけもなく時計すらあまり見かけないです。

s-DSCN8650

携帯電話などを目覚まし時計代わりにすればいいけど、それだけでは心配なので・・・・小型目覚まし時計 トラベルクロックCASIO TQ-140-1 JFを買ってみました。

s-CB_0054

この機種を選定した理由はアマゾンの評価が良かったためです。800円という安さも魅力でした。

s-DSCN8651

この写真を見ていただければわかると思いますが、予想以上に小さいです。

トラベル用ということもありコンパクト性を重視した商品のようです。

s-DSCN8655

付属品は電池、説明書、保証書です。

s-DSCN8657

すごいちっさいよね。デザインは古臭いけど嫌いではないです。

貼ってあるシールを見る限り、定価は2000円みたい。

s-DSCN8658

裏側に電池を入れるところがあります。製造国はチャイナですね。

s-DSCN8660

目覚まし時計のON/OFFは上に付いているスイッチを上げるとONになります。

s-DSCN8661

正面から見るとこんな感じで上部が突き出ると目覚ましONです。

s-DSCN8659

ライト機能や電波時計機能は内蔵されていません。

一応、蛍光塗料が使われているので暗くても大体の時間はわかりますので問題はないかと思います。

電波時計については海外旅行では必要ないです。むしろ無いほうが時差の調整が楽で便利です。

もう一つ気になる点としてはカチカチ音。無音というわけではなく静かなところだとカチカチ音が結構気になります。

耳元ではなくちょっと離れたところに置いたほうが良さそうですね。

アラーム音ですがピピピという電子音で小さい割には大音量。十分大きな音なので起きれないということはなさそうです。

スポンサーリンク
中国出張には目覚まし時計必須!トラベルクロック CASIO TQ-140-1 JF レビュー
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク