WordPress専用クラウド型サーバー「COREPRESS(コアプレスクラウド)」のサービスをチェックしてみた

バリュードメインやコアサーバーなどを運営するGMOインターネットグループのGMO DigiRockが新しいホスティングサービスを始めたようなので内容をチェックしたいなぁと思います。

WordPress専用クラウド型ホスティングサービス「COREPRESS(コアプレスクラウド)」

s-CB_0078

どんなサーバーかというと、最近流行りのクラウド型ホスティングサービスです。名前は「コアプレスクラウド」

普通のレンタルサーバーとクラウドサーバーの違いは?

私が以前使用していたコアサーバーや今使用していくエックスサーバーのような普通のレンタルサーバーとコアプレスクラウドの違いはサーバーと言う実態があるかどうかです。

一般的なレンタルサーバーは実際に存在するコンピューター(サーバー)を複数人で共有するサービス。つまりCPUやメモリ、ストレージなどはそのコンピューターの性能に依存します。なので爆発的にアクセスが増えた時にサーバーが処理できなくなってサイトの表示が遅くなるなんてことが発生します。

一方でクラウド型はたくさんのサーバーを集めて構成された超ハイスペックコンピューターをみんなで使うという方法です。

なので、普通のレンタルサーバーではCPUやメモリーを物理的に増強しないと処理速度がUPしませんが、たくさんのサーバーで構築されたクラウド型サーバーなら必要なスペックを切り売りでレンタルできます。

つまり、ブログの人気が出てきてサーバーが重いなんてことが発生したら簡単にスペックアップできるのです。

クラウドのデメリットは?

クラウド型は最強っていいじゃんと思った方もいるかもしれませんが、デメリットというものも存在します。

最大のデメリットは利用料金の課金方法。一般的なレンタルサーバーはアクセス数がどんなに多くても少なくても定額料金です。アクセス数が多すぎると運営者から警告を受けることはありますが追加料金が発生することはありません。

しかし、クラウド型はアクセスや転送量に合わせて料金が変動します。アクセスが少なければ安くすみますが突然アクセスが増えたりしたら高額な利用料金を請求される可能性があります。

なので、個人では怖くて手が出せないというのも現状です。

コアプレスのサービスをチェック

s-CB_0080

コアプレスクラウドはブログ運営ソフトのWordPress専用のクラウドサーバーです。WordPress専用にチューニングされておりアクセス数が多いサイトでも快適に利用できるようです。

また、バックアップ機能も搭載しており万が一WordPressがバグっても14日前までの状態に簡単に戻すことが可能です。

コアプレスの利用料金

s-CB_0082

コアプレスの料金体系は月額固定料金+アクセス数に応じた課金制となっています。

一番安いCP-1なら月540円という低価格でWordPressを始められます。

s-CB_0084

CP-1だと月訪問者数の制限は15000人です。これはページビューではなくユニークアクセス数なので同じ人が何回もアクセスしてもカウントされません。

15000人というのは、500人/日までOKという意味。これを超えると、1000人あたり100円が課金されます。

よしだちゃんねるのアクセス数から考えると、若干の余裕を見て4000人/日とすると12万人/月となります。実際には同じ人はカウントされませんが私のブログの場合には検索エンジンからくる人がほとんどなので12万人と見といた方がいい。

このアクセス数だと、最低でも月4000円のCP-4の契約が必要になります。

うーん。ちょっと高すぎませんかね?

私が今使っている普通のレンタルサーバーの「エックスサーバー」なら今のアクセス数でも余裕だし、月1000円です。

コアプレスはページビューが少ないサイトだと不利

私のブログの場合、ユニークアクセスに対するページビューが少ないです。なのでコアプレスのようなユニークアクセス数で課金されるクラウドサービスだとかなりコスパが悪くなります。

逆に、ユニークアクセスは少ないけどページビューが多いサイトなら結構お得かも。CP-4だと目安のページビューが340万PV/月です。個人ブログでここまでアクセス数があるサイトはほぼないはず。転送量も月1.2TBまでOKなので超巨大サイトでも余裕です。(ちなみに私のブログは15万PV/月程度なので約20倍の巨大サイトまでOK)

プランの変更は自由

s-CB_0086

クラウドサービスなのでアクセス数に応じて自由にプランを変更できます。

こういったワンタッチでプランを変更できる点はクラウドサービスの最大の魅力ですよね。普通のレンタルサーバーだと、各プランでサーバーが独立しているので簡単には移動できません。移動するにはバックアップをとって手動で移転する必要がありますから・・・。

スポンサーリンク

まとめ

コアプレスクラウドはクラウドサービスなので突然のアクセスアップでも簡単に対応出来る一方で、アクセス数に対する課金制というのが気になります。

よしだちゃんねるのようなPVがユニークアクセスに対して少ないサイトにはメリットはほとんどありませんが、固定客がたくさんいてPVがトンデモナイことになっている巨大サイトの運営には最適かもしれません。

また、私のようにWordPressの引越し方法を熟知している人なら普通のレンタルサーバーでも引っ越しは可能ですが、引越し方法がわからないという人はこういったクラウドサービスを利用することで将来のアクセスアップした場合でもボタンひとつで簡単にアップグレードできます。

おそらく、ブログを始めたばかりなら一番安いCP-1の540円で十分でしょうから、とりあえずブログを始めたいという人にもいいのかもしれません。

コアプレスクラウド公式サイト

スポンサーリンク
WordPress専用クラウド型サーバー「COREPRESS(コアプレスクラウド)」のサービスをチェックしてみた
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ