【格安SIM・MVMOに最適】SIMフリーモバイルルーター:AtermMR03LN

NECアクセステクニカ Aterm MR03LN 6B ( LTE モバイルルータ / microSIM ) PA-MR03LN6B

最近、出張が多くてスマホのテザリング機能でパソコンをネットに繋いでいるのですが、電池の消費が激しいです。

電池がなくなると電話も使えなくなるので困りますし、データ通信量が増えてしまい利用制限にかかるなんてことも発生。

使用頻度にもよりますが、パソコンでモバイル通信を良くする場合は専用のモバイルルーター(モバイルWIFI)を買ったほうがいいのかなぁと感じてます。

スポンサーリンク

最強のモバイルルーター AtermMR03LN

モバイルルーターで何を買えばいいか。答えはひとつ。NECのAtermMR03LNを買えば間違いないです。

若干高いですが、AtermMR03LNを買って後悔するとということはないと言い切れるほどスペックが最強です。

【最強の理由1】Bluetoothテザリングで24時間も駆動

s-CB_0075

モバイルWIFIルーターでもっとも重要なポイントは電池の持ち。AtermMR03LNのすごいところはBluetoothテザリングで24時間も稼働できることです。

一日8時間使ったとしても、3日も持つ計算です。

WIFIテザリングでも12時間も使えますのでBluetoothを搭載していないPCでも安心。一日中使っても余裕の電池の持ち具合です。

【最強の理由2】電波状態が良い

AtermMR03LNは日本で初めてクアッドバンドLTEに対応。日本で使われるほぼすべてのLTEの周波数に対応していますので電波の入りは最強クラス。

WIFIも、最新の11acに対応しているから、最大433Mbps(規格値)で通信可能です。

【最強の理由3】タッチ液晶搭載で設定が簡単

s-CB_0076

安いモバイルルーターは小さいモノクロ液晶しか搭載していないことが多いですが、AtermMR03LNは大きめのタッチ液晶を搭載しているので設定が簡単。

もちろん、WPSに対応しているのでワンタッチでWIFIに接続できます。

【最強の理由4】専用グレードルがある

s-CB_0077

別売りの専用グレードってのがあって、これを使うと有線LANでパソコンに接続できます。自宅にネット回線がなくてもデスクトップPCをネットに繋ぐことが可能です。

s-CB_0079

逆に、光回線などのネットをグレードルに接続すると、無線LANルーターとして使うこともできます。

外出先ではモバイルネットワークを使い、家では高速な光回線のWIFIで接続するなんて使い方も可能。

欠点はお値段

最強のスペックなんですが欠点はやっぱり価格です。高性能なためアマゾンで2万円以上もします。

下手に安いものを買って公開するよりは良い物買ったほうがいいと個人的には思います。

組み合わせる格安SIMは何がいいのか?

実績・安定性重視

s-CB_0081

組み合わせる格安SIMはやっぱりIIJmioがオススメです。2GBプランで900円(税抜)となります。

価格としては最安ではないですが、ネットワークの品質面で評判がすこぶる良い。

格安SIM業者の中には値段は安いけど、スピードが全く出ないという業者も多いですから安心の東証一部上場企業のIIJが安心。

最も安いのはDMM

s-CB_0082

新規参入したばかりで品質面がよくわからないのですが、価格面ではDMMモバイルが最強。

1GBプランで660円と多分業界最安だと思われます。10GBプランでも3680円ですから、大量にデータ通信する方はDMMが良いかもです。

スポンサーリンク
【格安SIM・MVMOに最適】SIMフリーモバイルルーター:AtermMR03LN
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ