SIMフリー端末ZenFone 5を一番お得に買えるのは?格安SIM業者で買うよりAmazonやビックカメラが無難!

【国内正規品】ASUSTek ZenFone5 ( SIMフリー / Android4.4.2 / 5型ワイド / microSIM / 16GB / LTE / ゴールド ) A500KL-GD16

格安SIMで使われる定番端末といえばノートパソコン世界シェア第3位のエイスースのASUS ZenFone 5だと思います。

スペック的にはミドルレンジに属しており

  • Android™ 4.4.2
  • 5型, 1,280×720ドット(HD), IPS, 静電容量方式マルチタッチスクリーン
  • Qualcomm® Snapdragon™ 400
  • 前面 200 万画素、背面 800 万画素 カメラ
  • メモリー2GB、ストレージ8/16/32GB、マイクロSD対応
  • LTE/3G対応

となっています(詳細はこちら

国内メーカーがドコモやソフトバンク向けに納めているハイエンド端末は価格が8万円近くになってしまいますが、この端末はスペックを必要十分なものまで下げることで3万円以下という低価格を実現。

安い割にはメモリ2GB、5インチIPS液晶など快適性で影響が出る部分は妥協していないため非常に評価が高い端末となっています。

スポンサーリンク

どこで買うのが一番安いのか?

ASUS ZenFone 5は人気端末のため、格安SIM(MVNO)各社やアマゾンなどのネット通販、ビックカメラやヤマダ電機と言った家電量販店などで積極的に販売されています。

どこで一番買うのがお得なのでしょうか?

ネットショップ Amazon

s-CB_0043

ネットショップ代表としてAmazonを調べてみると、16GBモデルが税込28944円となっていました。32GBモデルは税込32184円。送料無料。

家電量販店 ビックカメラ

s-CB_0045

ビックカメラは税込28944円(289ポイント付き)。Amazonと同価格ですがポイントがつくので少しお得。送料無料。

ただ、ビックカメラだと会員登録するのがめんどいので私ならアマゾンで買います。

格安SIM 楽天モバイル

s-CB_0047

楽天モバイルはオリジナルモデルの8Gストレージタイプで税抜26400円(楽天ポイント1500円分)。税込28512円となり、ストレージが8GBしかないことを考えるとお得感はあまりないです。

ただし、回線も同時に契約すれば今なら期間限定で16GBのSDカードが無料で付いてきます(黒色限定ですが・・・)。

格安SIM DMMモバイル

s-CB_0049

DMMモバイルは16GBが税込み31000円とあまりお得ではないですね。

格安SIM NifMo(ニフティ)

s-CB_0051

ニフティーは税抜31112円、税込33600円。回線同時契約で3000円引きになりますがそれでも高い。

格安SIM OCNモバイルONE

s-CB_0053

8GBモデルで税込27984円。

結論

結論として、格安SIM業者で買うメリットはあまりなく、Amazonなどのネットショップやビックカメラで端末を買って別途格安SIMを書くのが無難そうです。

SIM業者の場合、分割支払いが選択できるメリットが有ります。個人的には安いので一括支払いすべきだと思いますが、分割したいのであればOCNか楽天モバイルが安そうですね。

ちなみに私なら・・・

格安SIMは回線品質で定評のあるIIJmio、端末はAmazonですかね。Amazonより数百円安い通販サイトはありますが、会員登録をするのがめんどいし、格安SIM業者だと小さな文字で条件とか書いて有りそうだから嫌なんですよね。

スポンサーリンク
SIMフリー端末ZenFone 5を一番お得に買えるのは?格安SIM業者で買うよりAmazonやビックカメラが無難!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ