中国スマホメーカー「小米科技(シャオミー)」が創業5年で約1・4兆円の売上に!

s-CB_0021

中国のスマートフォンメーカーの小米科技(シャオミー)が創業5年で売上1兆円超えを達成したそうです。

ソース:中国スマホメーカー、創業5年目で売上高1兆円の急成長

シャオミーはキングソフトオフィスで有名なキングソフトのCEOであった雷軍さんが2010年に創業した企業で、デザイン性を重視したハイエンドな端末を年間1機種だけ発売し、ほぼ原価で販売するという手法で急成長してきました。

アマゾンのキンドルと同様な手法で、端末は赤字スレスレという超激安価格で販売しコンテンツ収入で利益を上げるという方法です。そのため、シャオミーのスマホに搭載されているOSはAndroidベースの独自OSとなっておりグーグルプレイには対応していません。

主な販売地域は香港、台湾、シンガポール、中国でインド・ブラジル・ロシア・トルコ・マレーシア・インドネシアなどへの展開も検討されているそうです。日本での展開は予定されていません。

テレビなども販売

s-CB_0023

スマホのみならず、テレビなどの家電の販売も始めているようです。このテレビもスマホ同様にデザイン性を重視し激安販売。

s-CB_0025

ゲームや動画配信の収益などを通して利益をあげる手法です。アップルやアマゾンも同様の思考であるように、今の時代は端末だけ売っていても設けることが厳しい時代です。日本企業は残念ながら頭がお堅いのか、そういったビジネスが苦手な傾向にありますよね?

既に日本メーカー全ての販売台数を合わせても勝てない

シャオミーの2014年の販売台数は6112万台。この数値は日本国内で売れるスマホ全量の2倍もの量です。既に世界シェア3位という立ち位置でサムスンを追い抜く勢いです。もしかしたら今年は世界シェア1位になるかも。

今後の動きに注目していきたいものです。

スポンサーリンク
中国スマホメーカー「小米科技(シャオミー)」が創業5年で約1・4兆円の売上に!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク