残念製品1:コンパクトデジカメ CANON IXY 130 ~高感度が弱すぎて画質が悪い~

s-EOS 70D_0342

今年買った商品の中から買わなければ良かった残念商品を紹介してみたいと思います。第一弾はコンパクトデジカメです。この商品は最初は安くて良いと思っていたんだけど、使っていくうちに性能の低さのため使わなくなった商品です。

スポンサーリンク

残念商品第1弾:CANON IXY 130

s-EOS 70D_0499

買ったけどほぼ使っていないのがキヤノンの激安コンパクトデジカメIXY130です。

なんといっても、このコンデジの魅力は価格です。税込8000円位なんですよ。でも値段が安い分、残念なポイントも結構多いです。

残念ポイント1:高感度が弱すぎる

s-IMG_6126

これがIXY130で撮影した写真です。基本オートしかできないカメラですがISOは500でした。

s-EOS 70D_0504

一方で一眼レフでフルオートで撮影した写真。

一眼レフと激安コンデジでここまでの差があるんですよね・・・。

s-CB_0008

ちなみに、アップしてみるとこんな感じ。ノイズ多すぎ。これでISO500ですから、ISO800なんて見れたもんじゃないです。こんな画質だとブログ用写真としてもちょっと使いたくないレベルです。

原因は1/2.3型という小さいCCDセンサーなのに、約1,660万画素と画素数が多いことだと思います。800万画素くらいでいいからもう少し画質良くならないのかね?

基本的に室内で写真を撮影するのは厳しい。明るい屋外専用カメラと思ったほうがいい。もしかしたらスマホのカメラより画質悪いんじゃないかって気もします。

残念ポイント2:オートフォーカスが遅い

s-EOS 70D_0503

オートフォーカスが遅いです。ピントが合うのに約1秒。パチパチ取りたい人に取っては結構イライラです。

保存も結構遅くて1秒ほど。シャッターを切ったら2秒くらいは次の写真を撮れません。

連射する気はないけど、ここまで撮影間隔が長いってのは想定がでした。

電池のもちが悪い

s-EOS 70D_0505

電池のもちが良くない気がします。正確に数えたわけではないので感覚的な問題ですが、1週間に何回も充電していたので相当電池のもちは良くないですね。

ピンぼけする

s-EOS 70D_0506

この商品の売りは光学式手ブレ補正ですが、超手ブレします。

理由は簡単でISO感度を上げられないから、必然的にシャッタースピードが遅くなって手ブレ補正があっても補正しきれないわけです。ほんとにカッシャンくらいの速度のシャッタースピード。

さらに、マニュアル設定はできないので、シャッタスードを早くすることもできない・・・。まともな写真を撮るのすら難しいカメラです。

撮った写真がピンぼけしていないか確認s似たくても、2.7型TFTカラー液晶(約23.0万ドット)という荒い液晶ではよくわかりません。残念すぎます。

まとめ

以上のとおり、好感度が弱くて手ブレもしやすいためまともな写真を撮るのが難しいカメラです(あくまで物取り用途)。8000円の激安カメラなんで文句はあまり言えないけどね。

もし買うなら、ズームができるスマホカメラくらいと思ったほうがいいです。よほどカネに困っていない限り私はお勧めしません。もう少しいいカメラ買ったほうが絶対幸せです。

もし買うならカシオのハイスピードEXILIM

もし、もう一台買うお金があるのなら、カシオのハイスピードEXILIMシリーズを買います。家電量販店で触ってもらえばわかりますが、すごい速い間隔でパチパチ取れて気持ちがいい。液晶もすごく綺麗。電池の持ちも良いので素晴らしい。

欲しいけど、お金がないから買わないけどね。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ