直付けタイプの電動灯油給油ポンプ「工進 EP-303F」が超便利だ!

s-EOS 70D_0342

エアコンのパワーが足りず寒すぎるので石油ファンヒーターを買ったんですが、ファンヒーターで面倒なのが灯油の給油です。給油ポンプには手動と電動がありますが、今の主流は電動でしょう。

ということで、電動式灯油給油ポンプ工進 EP-303Fを購入しましたので紹介します。

少しお高めの1200円

s-EOS 70D_0338

私が購入したのが灯油缶に直付けできるタイプの給油ポンプです。普通の電動ポンプより少しお高めの1300円ほどしました。

単三電池で動きます

s-EOS 70D_0340

電源は単三乾電池4本。単1を使う電動ポンプが多い中で汎用性の高い単三なのはGOODです。

電池は2本でも動作する

s-EOS 70D_0341

電池は4個入れられますが、2個でも動くそうです。緊急時には助かりそうです。

最大の特徴:直付タイプ

s-EOS 70D_0343

この製品の最大の魅力である灯油缶直付。いちいち蓋をあけてポンプを差し込む必要がないので楽ですし、灯油が飛び散りません。素晴らしい。

直付タイプのデメリット

ポリタンク ノズルセット 50mm用 (灯油缶・ポリ缶用)

直付タイプにも欠点があります。灯油缶から灯油缶への付け替えが難しいという点です。取り外し自体は簡単ですが、中に入っているチューブ部分についた灯油が確実にこぼれます。

対策としては、写真のようなポリタンク用ノズルで灯油を移し替えるか、灯油がなくなったらポンプが付いた状態でガソリンスタンドで給油するかです。

私は一人暮らしなので灯油缶が1つ。なので、つけたままガソリンスタンドで給油するつもりです。

もちろん、オートストップ

s-EOS 70D_0345

スタートレバーをONにすれば給油が始まります。給油スピードはあまり早くないので1分くらいかかりますが、オートストップなので放置しておけばOKです。

このモデルはブザーなどは付いていないので給油が終わったかどうかは目視でチェックしないといけません。ブザーが欲しい方は上位モデルがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

直付タイプの給油ポンプは素晴らしく便利だと思いました。ポンプの出し入れが必要ないので灯油がこぼれにくいですし、匂いも気になりません。

価格も1300円程度と比較的安価ですので手動タイプや直付ではない自動タイプをお使いの方は買っちゃったほうが幸せですよ。。。

今回紹介した商品

私が買ったモデル

ブザーがついた上位モデル

移し替えるのに便利なノズル

持ち運びに便利な小さめのポリタンク(10L)

スポンサーリンク
直付けタイプの電動灯油給油ポンプ「工進 EP-303F」が超便利だ!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ