QNAP製NASのハードディスクがぶっ壊れた!交換用HDDが高すぎて買えず・・・

s-EOS 70D_0379

ふと、NASのHDDのランプを見ると一番左のLEDが赤く点灯!またまたNASのハードディスクがぶっ壊れたようです。

数ヶ月前にも1回壊れているので今年2回目です。信頼性が高いNAS用HDDではなく普通のHDDを使っているのも原因だとは思いますが、そろそろ寿命なのかもしれません。

s-EOS 70D_0381

状態を確認してみるとドライブ1が読み書きエラーとなっていました。

s-EOS 70D_0383

詳細はこんな感じ。ぶっ壊れたハードディスクはSeageteのST3500418ASと言う型番。一般のPC向けのモデルで高信頼ではない安いやつ。

s-EOS 70D_0386

一応、ドライブ1と2はミラーリング(RAID1)構成となっているので、データは失われることはありませんが早いところ対策しないと危険です。

(外付けHDDにもバックアップを取っているので、このまま当分使っても大丈夫といえば大丈夫だけどね)

s-EOS 70D_0395

修理方法は簡単で、HDDのトレーを引き抜いて新しいHDDを取り付ければOK。全自動で復旧します。

スポンサーリンク

HDDが高すぎて買えず・・・・

替えのHDDを近くにあるPCデポに買いに行ったら、500GBで8000円!高けーよ。

アマゾンでも7000円後半だったので円安の影響でしょうか?

ちなみに、バルク品ではなく外付けHDDの方が安いと言う意味わからない状況にもなっていました。外付けHDDを分解して中身だけを取り出すのもありだけど・・・

HDDを4つから2つへ

s-EOS 70D_0390

正直なところ、4つもHDDを搭載しているNASのクセに50GBくらいしか容量を使ってません。

NASを使っている理由はRAIDでデータ保護したいだけなので、HDDを4つから2つへ減らすことにしました。

RAID1で運用しているので2つで十分です。

(よくブレーカーが落ちるのでRAID5や6にはしてません)

HDDの保護は十分に!

s-EOS 70D_0397

皆さんはちゃんとパソコンのバックアップをしていますか?ハードディスクは消耗品。いつ壊れてもおかしくありません。データは2つ以上のHDDに並行して保管することをおすすめします。

簡単に対応する方法として、バッファローの2ドライブ搭載したモデルが手軽です。RAID1に対応していますので、データを2つのHDDに同時に保存。HDDが1つが壊れても問題なしです。

動画などの大容量ファイルを保存しないならクラウドストレージなどもいいかもしれません。最近では数GBまでなら無料で使えるものをたくさんありますから。

スポンサーリンク
QNAP製NASのハードディスクがぶっ壊れた!交換用HDDが高すぎて買えず・・・
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ