【インスタント麺レビュー】超太麺の札幌名店「ブタキング」のインスタント麺を食べてみた

s-EOS 70D_0234

近くのコンビニに行ったら、インスタント麺ウェアみたいなのをやっていてご当地インスタント麺がイロイロ売ってました。その中でも一番うまそうな「ブタキング」のインスタント麺を買ってみました。

スポンサーリンク

ブタキングって?

s-EOS 70D_0237

ブタキングって聞いたことないんだけど調べてみると、札幌にある二郎のインスパイア系ラーメン店のようです。

野菜とにんにくたっぷりで、厚切りのチャーシューが特徴らしい。食べログのページがあるので詳細はそちらを見てください。

具なしで食べてみる

s-EOS 70D_0238

写真にあるように本来のブタキングは野菜とチャーシューを大量に入れて食べるものなんですが、そんな具材は我が家にはない。なので具材なしで本来の味を楽しんでみます。

s-EOS 70D_0241

開封してみると、麺とスープの素のみ。具材はないです。

s-EOS 70D_0242

鍋に水、麺、スープをぶち込み煮込みます。乾燥麺らしく7分も茹でる必要があります。s-EOS 70D_0243

具材がないとやっぱり寂しい。

s-EOS 70D_0245

食べてみると・・・・普通の味噌味のインスタント麺です。超太麺と書いてあったけど、全然太くないし・・・・。

不味くないけど、滅茶苦茶うまいってこともないなぁ。

やっぱり野菜がないと物足りないね

スポンサーリンク
【インスタント麺レビュー】超太麺の札幌名店「ブタキング」のインスタント麺を食べてみた
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
関連コンテンツ