パイオニアからBluetoothヘッドホンSE-MJ561BTが登場!NFC・AACなどに対応して約8000円だ

s2-ds1101

パイオニアからBluetoothヘッドホンSE-MJ561BTが登場します。最近、Bluetoothヘッドホンってのに興味があって1台ほしいなぁと思っていたので少し注目してます。

NFC※1機能搭載のBluetooth®対応ワイヤレスヘッドホンを新発売

特徴

Bluetooth®対応機器と簡単に接続できるNFC機能

s2-ds1103

NFC対応スマホならヘッドホンにタッチするだけで接続が完了します。もちろん、Bluetoothに対応しているスマホならNFCに対応していなくても接続は可能です。

簡単な操作が可能

s2-ds1104

音楽の再生や停止、ボリューム調整がヘッドホンでできます。マイクを搭載しているのでハンドフリー通話も可能とのこと。

大口径40 mmの高音質ドライバーユニットを採用

と、書いてありましたがこればかりは視聴してみたいとなんとも言えない。

アルミ素材を使用した質感の高いスタイリッシュなデザイン

s2-ds1106

デザインがかっちょいい。約8000円という低価格帯のヘッドホンの割には高級感があると思います。

連続通信 最大15時間

一日中つかってもバッテリー切れになることはなさそうです。USB接続で充電できるのでモバイルバッテリーなどでの充電もできると思います。

充電時間は3時間です。

AACに対応している

この点が結構重要です。Bluetoothヘッドホンの音質を決めるのはヘッドホンの出来だけではなく、通信品質にも依存します。通常Bluetoothでは、音声をそのままデジタル転送しているわけではなく圧縮して送っています。

少し前まではSBCという規格が主流でしたが非常に音質が悪いというのが定説でした。そのためBluetoothヘッドホンは音質が悪いという印象につながっています。

しかし、最近ではiPhoneが採用しているAAC方式やAndroid端末で採用されている「aptX」などの高音質な音声圧縮技術に対応したBluetoothヘッドホンが登場しています。

この機種はAAC方式に対応しています。なのでiPhoneなどで音楽を楽しみたい方は結構高音質で音楽が再生できるんじゃないかなぁと思います。

「Bluetoothオーディオ」の仕組みと用語 〜Bluetoothスピーカーやヘッドホンを選ぶ際におさえておきたいポイント

スポンサーリンク

実売価格は8000円と安い

高音質なAACに対応してカッコイイデザインが魅力の本製品ですが、実売価格は税込8000円前後とのこと。発売が2015年2月上旬と少し後ってのが残念ですが、非常に気になる一台です。

ソニーのヘッドホンも良いけど、パイオニアもカッコいいなぁ・・・・

スポンサーリンク
パイオニアからBluetoothヘッドホンSE-MJ561BTが登場!NFC・AACなどに対応して約8000円だ
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ