最強すぎる!郵便局が2015年に格安SIMに参入するらしい!

s2-ds0748

日本郵政が2015年度中に格安SIM事業に参入するというニュースが流れました。

日本郵便、格安スマホ参入検討か 地方の高齢者狙い新たな収益源に

日本郵政側は否定しているようですが、郵便事業の衰退による慢性的な赤字が問題となっている郵便局としては新たな収入源を得たい考えのようです。

スポンサーリンク

大成功を収める可能性も・・・・

実際にこれが実現したら、最強の格安SIMになるかも。想像でしか無いけど、全国2万4000局の郵便局を利用してSIMを売っていくとなると、他の格安SIM業者の弱点であったサポートの貧弱さが一気に解決。しかも、既存店舗を使えるから投資もほぼかからない。

私の知り合いも格安SIMに興味を持ってるけど、格安SIMには店舗がないから「初め方がわかない」「どこで売ってるの?」「本体をどうやって調達するの?」などの理由から既存キャリアから乗り換えられずにいます。

大きな都市ならビックシムカウンターなどの実店舗で契約できる格安SIMもありますが、地方だとそんなのないから基本的にネット契約。このネット契約ってパソコンに詳しければ良いけど、普通の人は手を出しにくいよね。

郵便局ブランドは強い

格安SIM業者は会社としては大きいんだけど、ブランド局が弱いところが多い。

  • 日本通信
  • IIJmio
  • ビッグローブ

など、パソコンに詳しくなければ知らないような会社ばかり。CMもほとんどやっていないから、知名度はない。そんな会社の携帯電話を契約するってのは結構勇気がいるのかもしれません。

スマホや携帯電話って無くてはならないものとなっているので、下手な業者と契約してトラブルになるくらいならdocomoやソフトバンクなどの既存キャリアと契約した方がいいと思っている人も多いはずです。

しかし、あの郵便局が格安SIMを売り出したら、郵便局で売ってるから大丈夫だろと普通なる。

しかも実店舗がそこら中にあるから直ぐに聞くこともできるし、大きな郵便局は別として地方の小さな郵便局ならガラガラなので結構親切だったりする。

最強過ぎないか?

超低価格ではなく、そこそこ安くて実店舗ありを求めている人は多いはず

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJmioなどの既存格安SIM業者は実店舗を持たないことで低価格を実現しています。2GB音声付きプランで月々1700円程度です。郵便局で格安SIMを売り始めるとなると、同じ価格で提供できるかは疑問。人件費がかかるから若干価格は上がるかもしれません。

でも、実際には2500円くらで郵便局でサポートを受けられるなら、そっちのほうが良いと思う人も多いはずです。端末とのセット販売でも、実店舗があれば実際に触って選ぶことができ、他の格安SIM業者にはないメリットとなります。

今後の展開に期待

ニュース記事によれば、既存の格安SIM業者と提携と書いてあったので、自社で通信設備を揃えるわけではなさそうですですが、もし郵便局で格安SIMが買えるようになれば既存キャリアからの流出が進みそうです。

現状は噂でしかありませんので、今後の展開に注目していきたいと思います。

その他の参考になるニュース

スポンサーリンク
最強すぎる!郵便局が2015年に格安SIMに参入するらしい!
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ