WinodwsからMacへ乗り換えるのはやめた方がいい4つの理由

s2-dsIMG_5885

Macに憧れている人は結構多いのかなぁと思いますが、安易にMacを買うのはオススメできません。

私も憧れていた一人で、ノートPCを買い換えるときに思いきってMacBook Pro Retina 13インチを買ったのですが予想以上にMacOSが使いにくく、結局、Winodwsをインストールして使っています。

Windows愛用者がMac OSに乗り換えるのは困難だと思った方がいい

Macを買う人ってのはアップル製品が好きな人が多い。デザインが好きとか、ブランドが好きとか・・・そういった人たちはMac製品を悪くいうことはありませんので、MacOSを絶賛している人も多いと思います。

そのような動画やWEBサイトなどを見ていると、MACに乗り換えたいなぁと思ってくるのもわかります。実際に私も乗り換えました。

しかし、実際にMACに乗り換えてみると、Winodwsとの操作感の違いなど戸惑うことも多いです。

Winodwsを長年使い続けていた人が、Macに乗り換えるのはかなりのストレスがあると思ったほうがイイ。かなりの覚悟を持って乗り換える必要があります。

(私には乗り換えは無理でしたが・・・)

注意

私はWindows信者です。アップル大好きな人はここから先は読まないほうがいいと思います。私はアップル嫌いなので。。。

スポンサーリンク

【1】Winodws向けソフトが全部使えなくなる

s2-dsCB_0079

MacOSとWinodwsは全くの別物です。もちろん、Windows向けに開発されたソフトは全部使えません。

これはかなり致命的な問題で、今まで愛用していたWinodws向けフリーソフトが全部使えなくなることを意味しています。

同様の機能を持ったMac用のフリーソフトを探せばいいと思うかもしれませんが、操作感が全く違うし必要な機能を全て備えているとは限りません。そもそもMac向けのフリーソフトはあまりありません。

いつも使っていたソフトが使えなくなるストレスはかなりのもで、これだけでもMacに乗り換えるのはやめた方がいいと言っても過言ではありません。

また、ゲーム系に関してはほぼ全てがWinodws向けです。PCゲームをやるという人はMacに乗り換えるのは絶対NGです。

【2】キーボード配列が違う

s2-dsIMG_5894

MacとWinodwsの違いはソフト面だけではなくハード面でも違いがあります。特に気になるのがキーボード配列の違いです。

基本的なキーの配置は一緒ですが、「半角/全角」切り替えボタンが無かったり、「コントロールキー」の位置が違ったり・・・Winodwsで言うデリートキー(MACのデリートはバックスペースです)がなかったり・・・・

慣れれば問題ないんですが、Macキーボードに慣れすぎるとWinodwsキーボードが逆に使いにくく感じます。自営業ならいいかもしれないけど、会社員だと会社では大抵Winodwsですから戸惑いが半端ない。

長期休みにMacキーボードを使いまくって、休み明けに会社でWinodwsキーボードを触るとかなり違和感があって、仕事に支障をきたしました(笑)

会社がWinodwsなら家もWinodwsである方が幸せです。

【3】MacOSのほうが安定性が低い と思う

s2-dsIMG_5889

Macって完璧でフリーズしないようなイメージがあったんだけど、そんなことなかった。むしろWinodwsより圧倒的にフリーズします。

Winodws95、98、Me時代はかなりフリーズしたけど、7以降のWindowsはOS自体がクラッシュすることはほぼ無いですよね。最近ブルースクリーンも見ないし。。。

使っているソフトがフリーズすることはWinodwsでもよくあることなのでいいんですが、MacはOS自体がフリーズするんだよね。そんなに頻繁じゃないけど、OS自体ががフリーズすると、強制終了しなければならないしデータが全て吹き飛ぶので致命的。

結構、イライラしました。

【4】操作性が違いすぎる

s2-dsIMG_5893

WinodwsとMacでは操作性が全く違います。何が違うかは詳しく書きませんけど、例えば設定をしようとしても、どこに設定画面があるのか分かりません。

おそらく、Macに乗り換えて止めておけばよかったと思うのがこの操作性の違い。

Macの操作性をなれるのはまさに勉強です。何をやるにしても調べないと分かりません。この試練を乗り越えられますか?

私には無理でした。なぜかと考える、仕事などで必要に迫られたら頑張って勉強するんだけど、家でブログを書いているだけのヨシダにとってはMacを大変な思いをして勉強する気になれなかったというのが実情だと思います。

WinodwsでもXPからVistaで大幅な操作性の変更が行われた際には、操作性が変わりすぎだと批判されていました。同様に7から8への進化も同様です。

さらに言えば、オフィスの進化。Office2003から2007への変更でも戸惑ったからは多いはずです。

Windows内での操作性変更ですら戸惑うのですから、全ての操作性において全く違うMacOSなんかに乗り換えるのはかなり大変だということがわかりますよね?

まとめ

私は、操作性能違いや使い慣れたソフトが使えなくなるなどの問題でWinodwsからMacへの移行ができませんでした。

Macに乗り換えるには相当な覚悟が必要ですので私のように何となくMacを買うとお金の無駄になるので絶対に止めましょう。十分に考えてから乗り換えをしてください。

今感じていることは、Winodwsに不満がないなら別にMacに乗り換える必要はないということです。MacにできてWinodwsにできないことなんて無いですからね。

私は今回の失敗で14万円くらいの無駄金を使いました。今後は二度とMacを買うことはありませんし、Windowsがなくなるまで使い慣れたWindowsを使い続ける予定です。

ちなみに、買ったMacBookは1万5千円くらいかけてWinodws8をインストールして使ってますが、Mac用の筐体にWindowsが合うわけもなく結構使いづらいのでMacBookをWindows機として使うのもやめたほうがいいですよ。

マックブックプロの値段

関連動画

スポンサーリンク
WinodwsからMacへ乗り換えるのはやめた方がいい4つの理由
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ