【木工】ドア裏の「郵便受け」を自作してみた【ボロ借家修理#3】

未来の人気Youtuber、ヨシダです。

ついにYoutubeに動画投稿始めたわけですが・・・全く再生されていません。悲しいので、チャンネル登録して見てください。見てくれないとやる気が続きませんw

さて、今日もボロ借家の修理シーズです。第三回目。

だれも興味ない疑惑ありますが、気にせずブログ書いていきます。

問題はポストです。

古いアパートやマンションにありがちなドア(壁)にポストが内蔵されているタイプです。

それ自体は別に良いんですが、このボロ借家の場合、郵便物を受ける部分(郵便受け・ドア裏受け)がないんですよね。

郵便物が床に散乱します。

メール便など重たいものだと、結構な音がします。

お昼寝中に何回も起こされました。

一応、気休め程度の網のBOXを設置しましたが、正直いまいちです。

そもそも半分くらいの確立でうまく入ってくれないし、これでは「ゴトン」という音問題も解決できません。

こんな感じで、BOXをもっと上の方に設置したいです。

今回は木材を使ってBOXを置く台を作っていきたいと思います。

ちなみに、僕みたいに無理に自作しなくても「ドア裏専用受け」なるものも売ってますよw

この動画にはYoutube版があります!

ブログと合わせてごらんください。

そして、チャンネル登録してくれ!

適当な設計

簡単な設計です。

といっても適当ですよ。そこまで精度よく作る必要もないので。

表計算ソフトを使って簡易図面を作りました。

Excelの年契約が切れてしまったので、Googleのスプレッドシートを使ったんですが、これが信じられないくらい使いにくいです。

機能的には問題なくても操作性が終わってるくらいダメすぎて、全く使い物になりませんでしたw

必要な木材を割り出します。

木材は1×4(SPF)材です。

柔らかくて加工しやすく、めっちゃ安いです。1.8m(1本)で288円です。

市販の家具でいうところのパイン材です。

寸法も規格化されているので扱いやすいです。

木材を切る

ホームセンターでカットしてもらってもよかったんですが、1か所50円なのでケチった自分で切ることにしました。

十分な工具がないと寸法精度を出すのが難しいので、複雑なもの作るならホームセンターで切ってもらった方がいいです。

ホームセンター:カインズのプライベートブランドの充電丸ノコでカットします。

充電式は便利ですが、この丸ノコは切れ味が悪すぎます。回転スピードが遅いし、パワーがないので回転が止まったりします。

もっといいの買うべきでした。

高い充電式丸ノコが欲しいです。

スライド丸ノコも憧れますがデカくて邪魔ですよねw

後片付けも超大変です。

家の中でやるもんじゃないですね。

というか、素直にホームセンターで切ってもらえばよかったです。

バリ取りも必要です。

取っ手の付いたやすりで、さっとこするだけ。

昔は紙やすりを使っていたんですが、最近この金だわしみたいな便利なやすり(#60)を見つけました。

取っ手があって使いやすし、耐久性も抜群です。

そしてすごく安い。1000円以下でした。

ホームセンターの紙やすりコーナーで売ってます。

綺麗にバリが取れました。

優秀なやすりですw

組み立て

組み立ては難しくないです。

設計図通り、木ネジで固定するだけ。

安物でもいいので電動ドライバーがないと無理です。

手締めなんて絶対無理ですよ。

作業台がないので大変でした。

床だと力が入らなくて木と木の間に隙間がw

こういうの欲しいです。

完成です。

実はこれには致命的なミスがあります。

設置してみると・・・

はみ出すんですよw

設計にミスはない。

原因は組み立てミスでした。足と天板の木材を逆に組み付けてしまいました。

足が短い方が自然なので、思い込みの間違いです。。。。

ばらばらにして組付けなおしました。

こんな感じで足が極端に長いのが正解です。

バランスが悪いのでガタガタしてますが、隙間に設置するものなのでこれでも問題ないです。

強度が足りなかったのでL字金具で補強してあります。

家に転がっていたヤツ。2個で100円。

微妙でした

サイズ感は完璧でした。

でも・・・

実際に使ってみると郵便物が網に入りません・・・

ほぼ100パーセント入らないので網がある必要性がない。

別にBOXいらねーじゃんって思って、結局BOXなしで運用してますw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク