ゲーム実況/生放送/ナレーションに最適な「マイク」と「オーディオインターフェース」まとめ

動画編集のお勉強で忙しい、ヨシダです。

4月中旬からのYoutube動画投稿(→僕のYoutubeチャンネル)に向けて、画像編集ソフトの基本的な操作法を勉強しています。

動画編集の練習をしてみて問題が一つ分かりました。

マイク問題です。音質が悪すぎる。

Youtuber(ゲーム実況/生放送/ナレーション用)に最適なマイクを探す旅に出かけることになりましたw

動画にナレーションを入れたいが・・・

僕のYoutubeチャンネルはDIY・ものづくり系です。

長時間録画が前提なので作業しながらしゃべり続けるのは現実的ではないです。

動画編集時にナレーションで対応することになります。

パソコンに接続するマイクが必要です。

Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンのマイクではダメ

ナレーションを入れるためのマイクには、SONY製Bluetoothイヤホンの内蔵マイクを使おうと思っていました。

口元にマイクがあるので動き回っても一定の音質を保てるし、なによりもワイヤレスなのが魅力でした。

でも、僕が使う予定の動画編集ソフト(Adobe Premiere Pro)の録音機能(ボイスオーバー録音)を使うと、動画編集ソフトがクラッシュします。

Bluetooth接続のマイクではダメらしいです。

激安のUSB接続マイクを試すが音質が悪すぎ

しょうがないので、USB接続のマイクを買いました。声を入れるだけなので扱いやすいピンマイクタイプをチョイス。

これを選んだのは値段と評判。★4.5で2000円以下なら買いかなぁと思ったんですが・・・

イマイチ。

  • 単純に音質が悪く声が聞き取りづらい
  • 鼻息が入る
  • 「サー」というホワイトノイズが入る(かなり大きめ)

声が聞きづらいというのはYoutubeで致命的なので使えません。

イコライザで音をいじれば、ある程度マシになりましたが「サー」というホワイトノイズが盛大でした。

あと、入力の音量を簡単にいじれないのも問題。

入力音が大きすぎて音が振り切ってしまうこともありました。

ちなみに、定番のSONYのマイクも持ってますが、これは指向性が高すぎます。

真正面からしゃべりかけないと十分な音量で録音できず使いにくかったです。口の位置が少しでもマイクからズレると何言っているか分かりません。

音質も・・・まぁ、値段なり。

トップYoutuberの音質には遠く及ばない感じです。

ゲーム実況/生放送/ナレーションに最適なマイクとは?

いろいろと試した感じでは

  • 5000円以下の安いマイクではダメ

という結論に達しました。もう少し高いのを買わないとダメです。

多くのYoutuberが物々しい録音機材を使っているのには理由があるんですね。手軽な機材では音質が悪すぎます。

音なんてどうでも良いという意見もあるかもしれませんが、他のライバルと戦っていかなければならないので、ある程度の水準の音質が必要です。

キャノン端子(XLR端子)接続のマイクが必要

Syncwire オーディオケーブル 高音質 auxケーブル 標準3.5mm ステレオミニプラグ ヘッドホンケーブル スピーカー/ 車/ iPhone/Android - 1m ナイロン

安いマイクはステレオミニプラグ(普通のイヤホン端子)やUSB接続のものが多いです。

パソコンに直接つなげるので気軽に使えますが、これらの接続方法のマイクは音質が悪いです。

Hosa XLR-102 60cm XLRオス-XLRメス オーディオケーブル

音質をよくするためにはキャノン端子(XLR端子)接続のマイクが必要です。

1万円以上の良いマイクの多くがXLR接続です。

オーディオインターフェースが必要

 

Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12

XLR接続のマイクは直接PCに繋がりません。

オーディオインターフェースと呼ばれる機器が必要です。

USB接続でパソコンに繋げます。

マイクの音量調整も付いているので、入力音量が大きすぎる場合はつまみを回すことで調整できるのも魅力的。

どのマイクとオーディオインターフェースが良いのか?

じゃあ、マイクとオーディオインターフェースはどれを買えばいいのか?

これが難しい問題です。

当然、高い物を買えば間違いないですが、今からYoutube始めようとしている様な僕には何十万円も出せません。

コスパが良い機器が欲しいです。

Youtuberにオススメのマイク

何万円もする高級なマイクは買えないですし、数千円のマイクは音質が悪すぎます。

1万~2万円程度の価格帯で良いマイクはないか?と探した結果、オーディオテクニカのコンデンサーマイクが良いと思います。

Youtuberで使っている人も多いので安心です。

audio-technica サイドアドレスマイクロフォン AT2035

こんな形のマイクです。

カラオケで使うような丸いマイクだと指向性が高すぎて使いにくいので、ある程度広い範囲の音が拾えるこのタイプが生放送やゲーム実況・ナレーションに向いてます。

オーディオテクニカのマイクで悩むのが以下の2機種です。

音質はほぼ一緒。

Youtuberで使っている人が多いのは安いAT2020ですが、僕は高いAT2035のが良いと思います。

AT2035にはショックマウントが標準付属

AT2020にはショックマウントが付属していませんが、AT2035には標準付属だからです。

ショックマウントとはマイクが揺れても、音が乱れない様にするためのクッションです。

ショックマウントがなくてもマイクを固定することができますし、ぶっちゃけYoutuberレベルであればあってもなくても差はないと思います。

でも、絶対に欲しくなってきますよね。見た目的にw

純正を買うと凄く高いので、最初からついているAT2035の方が良いと思います。

AT2035にはローパスカット機能がある

AT2035にはローパスカット機能があります。AT2020にはありません。

これは低音をカットしてくれる機能で、カットしないとゴワゴワした音質になります。カットすると声が聞き取りやすくなるので、しゃべり声やナレーションではローパスカットするのが一般的です。

もちろん、パソコン側の機能や編集ソフトの機能でソフトウェア的にローパスカットできますが、いちいち設定が面倒くさいので入力時点でローパスカットしてくれるのはありがたいと思います。

僕はAT2035を買う予定ですが、予算的に厳しいようであれば安いAT2020でもいいと思います。

マイクスタンド

PUDOON マイクスタンド ポップガード セット マイクアーム ポップブロッカー 卓上アーム付き テーブルマウント クランプ 音楽 録音 宅録 カラOK 実況録音 用(ブラック)

オーディオテクニカのマイクにはスタンドが付いてません。

一般的にはデスクに固定するマイクスタンド(アーム)が使われます。

あまり品質が良くないらしいですがAmazonなら数千円程度で買えます。

ポップブロッカー(息や破裂音を防ぐ布)なしなら1000円台~もありますw

XLRケーブル(キャノンケーブル)

オーディオテクニカのマイクには接続用のXLRケーブルが付属していません。

3mが一般的ですが、いろいろな長さが売っているので好きな長さを買いましょう。

その他の長さはこちらからどうぞ。

オーディオインターフェース

オーディオテクニカのはAT2035やAT2020はXLR接続のマイクなので直接PCに繋がりません。

XLRに対応したオーディオインターフェース(USB接続)が必要です。

Youtuberやゲーム実況者に定番なのが以下の2機種です。

SteinbergはYAMAHAの完全子会社なので、両方ともYAMAHA製です。

音質的には大して差はないです。

Steinberg UR12

Steinberg UR12の魅力は値段。1万円以下で買える安いオーディオインターフェースではこれが最適です。

安い理由は

  • マイク1本しか使えない
  • イコライザー機能がない

ため。

普通はマイク1本で十分ですし、イコライザー(音質を変化させる、エコーをかける)はフリーソフトや動画編集ソフトでも対応できます。

もちろん、マイクの入力音量はつまみで調整できます。

マイク2本使いたいならSteinberg UR22という上位機種もありますよ。

基本的な機能だけで十分ならSteinberg URシリーズがオススメです。

YAMAHA AG03

僕はYAMAHA AG03を買う予定です。

YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03

Steinberg UR12とYAMAHA AG03の最大の違いは形です。

YAMAHA AG03は上面に操作パネルがあるので調整がしやすいですが場所を取ります。一方で、Steinberg UR12は側面に操作パネルがあるので調整しにくいですが、狭い隙間に設置しやすく機器の上に物も載せられます。

好みで選びましょう。

YAMAHA AG03はSteinberg UR12より少し高機能です。

イコライザ(エフェクト)機能が付いていて、ボタン一つで音質を変化させられます。例えば、ゲーム実況中にエコーかけたり・切ったりできます。

付属のソフトも高機能で、Steinberg UR12のソフトは音質の調整ができませんが、YAMAHA AG03のソフトはイコライザ機能が付いているので好みの音質に変えられます。

(Steinberg UR12もフリーソフトを使えば音質調整は可能)

初音ミクデザインの特別仕様もありますw

マイク2本使えるAG06というモデルもありますよ。

USB接続のオーディオテクニカ製マイクもオススメ

僕は

の組み合わせでYoutubeを始める予定ですが、もっと気軽に使える高音質マイクもあります。

audio-technica オーディオテクニカ USB マイクロホン AT2020USB+

実はオーディオテクニカのAT2020(安い方)にはUSB接続タイプもあるんです。

オーディオインターフェースが必要ありません。USBで直接パソコンに繋げます。

マイクとオーディオインターフェースを別々に買うより安価なので気軽に使いたい方はこちらのがオススメです。

スポンサーリンク