激安3千円の中華製「完全ワイヤレスイヤホン」は音質悪すぎ!絶対に買わない方が良いよ

Bluetoothイヤホン大好き、ヨシダです。

物凄く気になっている商品があります。完全ワイヤレスイヤホンです。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

AppleのAirPodsが有名ですが、線が一切ない完全ワイヤレスイヤホンはAppleだけが商品化しているわけではありません。様々なオーディオメーカーから発売されています。

個人的にはSonyの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」が気になっていますが2万円以上するのでなかなか踏ん切りがつかない。そもそも、完全ワイヤレスイヤホンって使いやすいのか疑問なんですよね。

いきなり高額な上位機種を買うのはリスク高いなぁと思って、お試し感覚で中国メーカー製(いわゆる中華製)の激安完全ワイヤレスイヤホンを買ってみました。

めっちゃ安いかったので、衝動買いした感はありますw

完全ワイヤレスイヤホンの使い勝手と、中華製の激安品がどの程度使えるかも合せてチェックしていきます。

TAROME Bluetooth イヤホン TWS-K2

TAROME Bluetooth イヤホン TWS-K2という製品です。

箱見てもらえばわかりますが、特にメーカー名や製品名も書いていないノーブランド品。

Amazonでよく売ってる怪しい中華製イヤホンは大抵こんな感じです。

開封してみた第一印象は悪くないかなぁって思いました。

充電台とイヤホン2個、サイズ違いのイヤーピース、USBケーブルです。

怪しい中華製ですがちゃんと日本語のマニュアル付きです。

ところどころ日本語が怪しいですが、中華製怪しい製品としては、比較的クオリティー高めのマニュアルかな。

充電台は結構大きめです。

持ち運んで使うというよりは、デスクに据え置いて使うというコンセプトだと思います。

充電台にもバッテリーが内蔵されていて、イヤホンを5回充電できるそうです。

 

イヤホンを充電台に載せるだけで充電できるので超便利です。

ちなみに、充電時間は2時間、再生時間も2時間です。

イヤホンと充電台は磁石でくっついているので、少し振ったくらいでは落ちませんよ。

着け心地は悪くない

イヤホン本体。

1個5gしかないので凄く軽いです。

本体には電源ボタンとLEDだけです。

右先の穴はマイク。ハンドフリー通話にも対応してます。

装着した感じ。いい感じにフィットして悪くないです。

ただし、イヤーピースのサイズ選びが重要だと感じました。

電池を内蔵しているので一般的なイヤホンより重量があります。

最初から取り付けられていた小型のイヤーピースだと落下してしまいました。大きめのイヤーピースに取り換えたら落ちなくなったので、着け心地が悪いと思ったらイヤーピースのサイズを見直した方が良いと思います。

接続も簡単

接続も簡単です。

両方のイヤホンの電源ボタンを7秒以上長押しするとペアリングモードに移行します。

ちなみに、片方だけペアリングモードにすれば1個だけで使うこともできます。

僕はWindowsパソコンに接続しました。

両耳分あるので2個検出されますが、どちらかに接続すると自動的に両側につながります。

もちろん、1回設定すれば次回からは電源を入れるだけで繋がりますよ。

パソコン用のBluetoothアダプタはサンワサプライの安いやつを使ってます。Windows10ならドライバインストールなしで使えるのでオススメです。

音質は残念感じ、使い勝手もイマイチ

音質は・・・

非常に残念な感じでした。

安いイヤホンにありがちな「濁った・曇った」音質です。耳に水が入ったかのようなボワンボワンしている感じ。

正直言ってこのイヤホンで音楽を聴く気にはなれません。低音もほぼ出てないです。

はっきり言ってゴミ。二度と使うことないって一瞬で思いました。

参考記事

目安としては・・・

ダイソーのイヤホンよりは音質が良く、国内メーカーの1000円イヤホンよりは確実に音が悪いです。

参考記事

もしかしたらダイソーイヤホンみたいにイコライザで調整すれば高音質になる可能性もありますが面倒くさいですよね。やっぱり、調整なしでそこそこの音が出てくれないと使い勝手が悪すぎます。

最悪な買い物してしまいました。

使い勝手もイマイチ

使い勝手も正直よくないです。

この機種に限ったことではないですが

  • 線がないので無くしやすい
  • 電池の持ちが悪い
  • 電源を入れるのが面倒くさい
    →両方の電源ボタンを押さないといけない

特に電源の持ちの悪さは個人的に受け入れがたかったです。

どこのメーカーの完全ワイヤレスイヤホンもそうですが、たいてい2時間くらいしか電池が持ちません。付属の充電器で充電しながら使ってねってスタイルです。

電池容量が小さいから仕方がないといえば仕方がないですが・・・僕みたいに連続して長時間使う人には完全ワイヤレスイヤホンは向きません。

やっぱり、右と左が線で繋がっているBluetoothイヤホンのが良いです。

僕が使っているSony MDR-EX31BNはサイコーに良いですよ。ゴツイ分、電池容量が大きいんですよね。

ノイズキャンセリングをOFFにすれば1日使っても電池がなくならないほどです(ノイズキャンセリングをONにすると4~5時間くらいしか持たないけど)。

ソニー製なので音質もそこそこ良いです。

ワイヤレスイヤホンとしては、値段も手ごろなので凄くお勧めです。

完全ワイヤレスである必要性を感じない

今回購入してみた中華製「完全ワイヤレスイヤホン」は音質が最悪すぎて全く使えないゴミですが、かといって大手音響メーカーの高級品を買うのも微妙かなぁと感じてます。

結局のところ、完全ワイヤレスである必要性を感じないんですよね。

別に右と左が繋がっていても不便に感じたことないし、繋がっていれば無くす心配もないです。

左右が繋がったワイヤレスイヤホンの方が電池の持ちも良いです。

通勤・通学の2~3時間使うなら完全ワイヤレスもありかなぁと感じますが、僕みたいに自宅で作業しながら長時間使う用途には、左右繋がった普通のBluetoothイヤホンの方が向いていると思いました。

買い換えを検討中

僕が愛用しているSony MDR-EX31BNにも不満があります。

やっぱり、廉価なBluetoothイヤホンなのでちょっと音質がイマイチなんですよね。毎日ハードに使っている所為で電池の持ちも悪くなっています。

買い換えたいです。

Bluetoothイヤホンを一日中使っているほど使用頻度が高いので、ケチらずにSonyの最上位(だと思う)のWI-1000Xを検討中です。MDR-EX31BNより音が悪くなることはないと思うので、間違いないかなぁと思うですがどうでしょうか?

僕は別にSony信者でもないので、もっと良いワイヤレスイヤホンがあればコメント欄にお願いします。

スポンサーリンク