普通のプッチンプリンを普通にプッチンして普通に食べてみた

image

プチンンプリン。それはプッチンできるプリンだ。誰もが一回はやったことがあるであろうプッチンを私はしたことがない。なぜなら、洗う皿が増えるからだ。しかし、今の私には食洗器がある。つまり、いくら皿を汚しても洗わなくてもいい。自動で洗浄してくれるからだ。

皿洗い問題が解決した現在、プッチンするのは自由なのだ。

今までプッチンするのに妨げとなっていた、皿洗い問題は解決済みだ。つまり、いつでもどこでもプッチンしてもいい。誰にも文句和言われない。言わせないのだ。

なら、すぐにプッチンしやる

コンビニに行ったら、プッチンプリンがあった。なら、すぐに買ってプッチンするしかない。そう、私はプッチンプリンを買ってしまったのだ。

それが、これだ!

s-IMG_0872

巨大なタイプではない。普通のプッチンだ。というか、これしか売っていなかったのだ。

だが、私は普通のプッチンすらプッチンしたことがない。

だから、今回はノーマルプッチンでよいのだ。

カロリーは高い

s-IMG_0884

プッチンプリンといえばクソ甘いイメージがある。

やはり、プッチンのサイドを覗き見てみれば232キロカロリーもあるみたいだ。

ノーマルプッチンでこのカロリーだ。

プッチンにはまって食いまくればすぐメタボになるに違いない

ただ、私はすでにメタボだ。

今更、プッチンを一つ食ったところで関係ない。

カロリーに恐れず、プッチンしてやるのだ。

プッチンするためには準備が必要なのだ

s-IMG_0883

まずはプッチンレバーの在りかの確認だ。

そう、プッチンレーバーはプッチンプリンのケツ部分にあるのだ。

このレバーを折れば、プッチンできる。簡単だ。

s-IMG_0885

ただ、プチtンする前にやらなければならないことがある。

ふたを開けることだ。

ふたを開けずにプッチンしても意味がない。

s-IMG_0889

そしてプッチンプリンを皿に向けてひっくり返す。

s-IMG_0891

これで、プッチンの準備は完了だ。

遂にプッチンしてやる

準備完了。遂にプッチンする。

s-IMG_0892

行ってやるぜ!

s-IMG_0893

プッチン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

s-IMG_0897

ヌルり

s-IMG_0900

着地した。

s-IMG_0906

あとは容器を取り除けばプッチンは完了だ。

s-IMG_0915

これが、プッチンされたプッチンプリンだ。

初めて見たフォルムだ。

いつもは容器に入ったまま食べていたが、遂にプッチンしてやった。

憧れていたプッチンされたプッチンプリンを食す

s-IMG_0918

甘い。甘すぎる。

というか不味い。

子供の時はすごく美味しく感じたが、おっさんの私には甘すぎた。

いくらプッチンされているとはいえ、甘すぎるのだ。

もう、2度と買うこともあるまい。

最初で最後のプッチンとなったのだ。

・・・終わり・・・

スポンサーリンク

プッチン関連動画

スポンサーリンク
普通のプッチンプリンを普通にプッチンして普通に食べてみた
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ