【群馬】世界一しょぼい世界遺産「田島弥平旧宅」はボロボロの古い家

世界遺産マニア、ヨシダです。

野鳥撮影のために伊勢崎市の渡し舟「島村渡船」の近くに行ってきました。

参考記事

主目的は鳥ですが、ついでに近くにあるユネスコ世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成の一つである「田島弥平旧宅」を見に行ってきました。

群馬の世界遺産は富岡製糸場だと思われていますが、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産なんです。なので、絹産業遺産関連も一緒に世界遺産登録されています。

具体的には

  • 富岡製糸場(富岡市)
    製糸工場
  • 田島弥平旧宅(伊勢崎市)
    絹産業に貢献した田島弥平の家(近代養蚕農家の原型となる家)
    今も子孫が済んでいる個人宅
  • 高山社跡(高崎市)
    絹産業に貢献した高山長五郎の家・会社
  • 荒船風穴(下仁田市)
    蚕の貯蔵庫

があります。

参考記事

詳しくはウィキペディア見るとよくわかります。

参考記事

ちなみに、富岡製市場は行ったことありあますが、入場料取られるし、老朽化により中に入れる建物も限られていて微妙でした。ただの古い工場って感じ。

田島弥平旧宅は無料です。というか、今も田島弥平の子孫が住んでいるただの個人宅です。

島村蚕のふるさと公園がスタート

(写真の色が変なのはカメラのホワイトバランス設定がヘンテコだったからです)

田島弥平旧宅の近くに「島村蚕のふるさと公園」という公園があります。

おそらく、田島弥平旧宅が世界遺産登録されたことで整備された公園です。駐車場もあります(土曜日でしたがガラガラ)。

無駄に綺麗なトイレもあります。

公園のトイレなのにウォシュレット付きw

さすが世界遺産です。

散策ルート地図もあります。

ちょっとした世界遺産の説明もあります。

すぐ近くの小学校の敷地内に田島弥平旧宅の案内所もあります。

人が常駐していて、説明などしてくれるそうです。僕は興味なかったのでパス。

案内所にも駐車場があります。

ただ、ここに停めていいのかは不明。小学校用の駐車場な気もします。(→停めていいらしいです)

小学校の中に案内所なんて作ってセキュリティー的に大丈夫なのかよとは思う。

ただの住宅地

周りはただの住宅地です。世界遺産感は皆無です。

一応、看板などが立っているので目的の「田島弥平旧宅」にたどり着くことは可能です。歩いて5~10分くらいかな。

途中に警備員も2人いました。

田島弥平旧宅は普通の家

こういうこと書くと怒られるかもしれないけど、田島弥平旧宅はただの古い家でした。明治時代に作られた家です。

写真で写っているのが母屋です。というか、これしか見ることができません。

今も普通に人が住んでいる家(個人宅)なので、中に入ることはできません。庭までは入ってもOKで外観を見るだけ。

えっ、これだけかよって正直思いました。

例えば、織田信長が住んでいた家とかなら見る価値ありますが、田島弥平って誰だよ!!!!!

一応、年中無休で午前9時~午後4時まで見学可能です。

第三日曜日のみ、家の中の一部を見学できるそうです。

説明員がいるのでパンフレットがもらえました。ビデオ上映とかもしていますが、興味なかったのでパス。

世界一しょぼい世界遺産

関係者にキレられそうですが、はっきり言って田島弥平旧宅は世界一しょぼい「世界遺産」です。

見学時間は5分。ただの古い家。田島弥平って誰だよ。

土曜日なのに、僕以外、誰も見に来ている人はいませんでした。

無駄に警備員(二人)や解説員、案内所の案内人などがいて完全に税金の無駄遣いって感じです。

富岡製糸場もしょぼかったけど、まだ1時間くらいは見て回るところがありました。ここはマジで行く価値なしですね。

近所なら見に行ってもいいかもレベルだと思います。

世界遺産って全世界に1052箇所もあるから、もはや全然ありがたみがないよな。こんな、ただの古い家も世界遺産なんて・・・・信じられんわ。