【Windowsアップデート不可】容量32GBのノートPCは絶対買ってはダメ!

以前紹介した2万円台で買える超激安モバイルノートPC「ASUS VivoBook E200HA-8350W/A」。

11インチモニターにAtomプロセッサー・Windows10を搭載したいわゆるネットブック。激安過ぎて話題になったドン・キホーテの19,800円ノートPC「MUGA ストイックPC」に近いスペックです(ドンキはメモリ2GBですが、僕のは4GBです)。

【動作が遅い】Intel Atom搭載の激安ノートは買ってはいけない!

ネットサーフィンですら快適とは言えないレベルの性能で、正直言って買って後悔しているほどポンコツです。今すぐにでも買い替えたいんですが、今は金欠で買い換えるお金がない。

仕方がなく、ベッドで使う「ゴロ寝PC」として我慢して使ってます。

動作が遅いのは安モノだからと諦めていますが、一つだけ致命的過ぎる欠陥があります。Windowsの更新プログラム(Windowsアップデート)のインストールがマトモにできないんですよね。

セキュリティーアップデート程度の小規模なWindowsアップデートならインストールできますが、大幅な機能追加も伴う大型アップデートだと更新プログラムのインストールが簡単にはできません。

本体に10GB程度の空き容量が必要

アップデートできない理由はストレージの空き容量が足りないからです。今回のFall Creators Updateでは、Cドライブの空き容量が10GB程度必要です。

しかし、「ASUS VivoBook E200HA-8350W/A」のストレージは32GBしかありません(Windowsの認識上は28GBくらい)。初期インストールのソフトを片っ端から削除したり、バックアップファイルやキャッシュファイルをすべて消しても、空き容量は10GB前後です。

アップデートに必要な容量ギリギリです。

追加でインストールしたソフトや保存してあるファイルも全て削除して、なんとか10GBを確保しました。

大型アップデートのたびに、ソフトをアンインストールしないといけないなんてウザすぎる。

外付けHDDも必要

実はCドライブの空き容量を10GB確保しても、それでもアップデートに必要な空き容量が足りません。

さらに10GB必要です(合計20GB)。

でも、幸いにも追加で必要な容量は外部記憶装置(外付けHDDなど)でもOK。

Cドライブを20GB空けるのは不可能なので助かりました。

手持ちの外付けSSDを接続。

なんとか、Windowsアップデートが実行できました。

性能が低すぎて完了するのに3時間位かかりましたけどねw

ストレージ32GBでは実用性がない

僕が愛用している激安ノートPC「ASUS VivoBook E200HA-8350W/A」はストレージが32GBしかありません。

Chromeくらいしかインストールしていないので32GBでも問題ないかなぁと思っていましたが、今回のWindowsアップデートが簡単にできない問題に直面し、やっぱり最低でも64GBは必要だなぁと感じました。

いくら安いからと言ってストレージ32GBのノートPCは絶対買ってはいけません。HDDやSSDの交換ができればいいんですが、この様な激安PCはメモリーが基板直付けなのでHDD交換はできません。

もし買うなら、フラッシュメモリーではなくハードディスクタイプにすべきです。HDDをSSDに換装できるので。

CPU性能も劣悪過ぎるので、Core i5を搭載した中古ノートに買い換えようかなぁと真剣に考えています。

アップデート後のCドライブ

ちなみに今回のWindowsアップデート後のCドライブ容量は5.63GBになりました。

ディスククリーンアップを実行して・・・

10GBの空き容量になったので、次の大型Windowsアップデートにもギリギリ耐えられるかな。

スポンサーリンク