【レビュー】たった7000円のDBPOWER製「プロジェクター」で憧れのホームシアターを実現!

男のロマン「ホームシアター」。

昔は高かったプロジェクターですが、ここ最近、激安のプロジェクターがいくつも登場しています。

今回紹介する「DBPOWER ミ二 LED プロジェクター」もAmazonでたった7000円で買えてしまう信じられないくらい安いプロジェクターです。

プロジェクターが1万円以下ですよw凄くないですか!

さすがに安すぎるので実用的に使えないんじゃないの?って最初は疑っていましたが、実際に使ってみると、びっくりするくらい綺麗に映るんです。これで十分じゃんってw

そんな、安いけど十分実用的に使える激安プロジェクター「DBPOWER ミ二 LED プロジェクター」のサンプルを1台頂いたのでレビューしたいと思います。

コンパクトでシンプルなデザインが素敵

箱を見てビックリしました。かなりサイズが小さい。

予想以上にコンパクトで軽いです。

リモコンや電源コードと見比べてみるとわかりやすいと思いますが、手のひらより少し大きいくらいのサイズ感。

デザインは白一色でシンプル。値段が安い割には安っぽさなく素敵です。

リモコンが付属します。電池は別売り。

本体側には電源ボタンしかないので、操作はリモコンで行います。

といっても、リモコンの使用頻度は高くなくて、電源を入れたり、入力ソースの切り替えをしたりするくらいです。

端子は、USBポート(USBメモリなどに保存した動画を再生できる)、HDMI、イヤホン端子、AV入力(付属の変換ケーブルを使うことで赤・白・黄のケーブルでつなげる)、D-SUBです。

DVDプレイヤーなどとはHDMIやAV入力、パソコンとはHDMIもしくはD-SUBで繋ぎます。

ケーブル類は付属しないので、別途購入が必要です。HDMIを購入される場合は、プロジェクターと再生機器を近くに置けない場合も多いので長めの製品を選んだ方がいいでしょう。

背面には高さ調整できる足と三脚穴があります。三脚穴はありがたいですよね。

カメラ用の安い固定金具類が使えるので、天井から吊ったり、カメラ三脚に取り付けたり、突っ張り棒に固定したり、自由自在です。

スペックは価格相応

スペックを簡単に触れておきます。

  • パネル解像度:800×480
  • 明るさ:1000ルーメン
  • 画面サイズ:20インチ~150インチ
  • フォーカス:マニュアルフォーカス
  • 台形補正:上下に15°まで
  • 消費電力:38W

性能としては価格相応といった感じ。パネルはハイビジョンではなくスタンダード画質(解像度800×480)です。

明るさは1000ルーメン。決して明るい方ではないので、電気が付いた会議室などで業務用途として厳しい(そもそも、こういった激安プロジェクターの明るさ表記は、嘘っぱちなので信用できませんがw)。

あくまで電気を完全に消した部屋で使う製品ですね。

想像していた以上に綺麗に映る

7000円以下という激安プロジェクターなので、画質なんて期待していなかったんですが、実際に使ってみると凄く綺麗な映像で驚かされました。

部屋の電気を消せば、十分な明るさで投影できてチラつきなども全くないです。クッキリと写っていて、色も自然で悪くないです。

これで7000円!?驚きです。

パネルはスタンダード画質(解像度800×480)ですが、入力自体はフルハイビジョンに対応しています。

解像度800×480って荒くないか?っと思っていたんですが、2~3m離れて視聴するので粗さは気になりません。もちろん、近づいてみればドットが荒くてカクカクしてますが、動画で見ていれば何の問題もありません。

もちろん解像度が高い製品の方がクッキリ鮮明に映るでしょうが、そんなことよりも超大画面で映画や海外ドラマが見られるという感動のが勝ります。

画面がデカいと迫力が違う!

スピーカーはオマケ

DBPOWER ミ二 LED プロジェクターはスピーカー内蔵ですが音は良くないです。液晶モニターやスマホ、ノートPCのスピーカーと同程度の音質でスカスカです。

どのプロジェクターもそうですが、冷却ファンの音が大きいので、ヘッドホンやイヤホンを使うのがベストだと思います。

僕はパソコンにBluetoothヘッドホンを繋げて使ってます。やっぱりワイヤレスは便利ですよ。

参考記事

もちろん、プロジェクター側にはイヤホン端子があるので、一般的なヘッドホンやイヤホンも使えます。

以前紹介しましたがイヤホン端子をBluetooth化するアダプタなんてのもあります。

調整機能が少ないので設置場所を選ぶ

DBPOWER ミ二 LED プロジェクターは7000円で買える激安プロジェクターです。何万円もする大手メーカー製の製品に比べると劣る点もあります。

安い理由があるわけです。

一番気になるのが設置性ですね。調整できるのは、

  • ピント調整(マニュアルフォーカス)
  • 縦方向の台形補正(±15°)

だけです。

一番コストのかかかる調整機能を割り切ることで激安価格を実現しているんだと思います。使い勝手は悪くなりますが工夫次第で何とでもなります。

ズームできない

DBPOWER ミ二 LED プロジェクターは単焦点レンズなのでズームができません。画面サイズは、スクリーンとプロジェクターの距離に依存します。

例えば、僕の設置環境では2.1m離して、横幅1.6mくらいの映像が映し出せます。画面サイズで言うと80インチ程度です。

さらに大きく写したければ投影距離を離さないといけません。

ズーム機能があったほうが便利ですが、2.1m離せば80インチで写せるので設置方法さえ工夫すれば問題なし。

台形補正がイマイチ

DBPOWER ミ二 LED プロジェクターは縦方向の台形補正ができます。

横方向の補正はできないので、スクリーンの真正面にプロジェクターを設置する必要があります。

また、縦方向の台形補正ができるからと言って、写真の様に斜めに投影するのはおススメできません。

台形補正を使用すると、端の方がピントが合わなくなります。

動画であればピントが若干あってなくても気にならないですが、できれば水平に設置したほうが良いですね。僕の場合は三脚を利用して、高さを適切に調整することでプロジェクターをなるべく平行に設置してます。

水平であれば、画面全体がビシッとピントが合いますよ

画面の回転・反転はできる

映像は回転・反転ができます。天井から吊り下げて投影することも可能です。

(メニュー画面は日本語化されてます)

三脚穴を利用すれば自由自在に設置できる

調整機能が少ないプロジェクターですが、三脚穴があいているので設置はしやすいです。工夫次第!

僕はライトスタンド(三脚)に付けて使ってます。

使わないときは三脚ごと部屋の端に置いておけば邪魔になりません。

ちなみに、使っているライトスタンドはManfrottoのAC Jタイプ 1051JBACというものです。Youtuberの瀬戸さんが紹介していたもので、少し価格が高いですが足の部分がコンパクトで邪魔にならないので凄く気に入ってます。

三脚穴用の金具はいろいろな種類が売られているので、突っ張り棒などに固定することもできます。工夫次第で天吊りなんかも安価にできると思いますよ。

凄く軽いので、無茶な取付しても大丈夫だと思います。

もちろん、机の上に置いて写してもOK。ただ、高さ調整用の脚は使い勝手が良くないですね。傾きがうまく調整できません。

机やテーブルに設置するなら、カメラ用のミニ三脚を使ったほうが良いです。

スクリーンはカーテンスクリーンを使ってる

スクリーンは白い壁でも綺麗に映りますが、僕はカーテンスクリーンをプロジェクタースクリーンの代用としてます。

カーテンスクリーンはホームセンターやニトリで5000円くらいで売ってるので凄くお勧めです。

カーテンレールに固定して使えるので、壁に穴をあける必要がありません。賃貸でもOKです。

参考記事

使わないときは巻きとれるのもいいですね。

結論:DBPOWER ミ二 LED プロジェクターは良い!

いろいろと書きましたが、DBPOWER ミ二 LED プロジェクターを実際に2~3週間くらい使ってみて、これは「買い」だなぁと感じてます。

たった7000円で最大150インチの超大画面を得られるのはやはり魅力的です。

もちろん、画質や機能では大手メーカー製の何万円・何十万円もするプロジェクターに劣りますが、そもそも価格帯が違うので比べるのは無理があります。

お金があれば、高級品を買ったほうが良いですが、僕みたいに手軽にネットの動画を大画面で視聴したといった用途にはDBPOWER ミ二 LED プロジェクターで必要十分です。

皆さんが想像している以上に画質はいいと思うので、試しに買ってみてはいかがでしょうか?

そうそう、販売元さんから割引クーポンをもらいました。期限が11月末までですが、表示価格からさらに20パーセントOFFで買えるそうですよ。

Amazonクーポンコード:PHRN7AVW