【WordPressテーマ】SANGOの使用感、使い勝手、ストークとの比較など

定期的に行っているWordpress(ブログ)のデザイン変更。

今回は、「ストーク」から今話題の「SANGO」にテーマを変更してみました。SANGOを導入してみようかなぁと思っている方の参考になればと思い、簡単に使用した感想を書いてみます。

SANGOが売れても僕に一切利益がない(アフィリエイトできない)ので、思ったこと・感じたことを包み隠さず書きます。

SANGOのソースコードは素晴らしく読みやすい

僕のブログは3年以上運営しているため、過去の負の遺産を大量に抱えています。基本的にテーマを改造なしに使用することは不可能です。

なので、今回もかなり改造して使っているのですが、SANGOのソースコード(PHP、HTML、CSS)は凄く見やすくて助かりました。

適度にコメントが付けられているので改造したい部分を見つけやすいです。CSSの書き方も複雑な書き方ではなく、非常にシンプルで分かりやすく、デザイン変更も容易でした。

一方で「ストーク」は凄くわかりにくくて改造に不向きでした。どこに何が書いてあるのか探すのが大変で試行錯誤が必要でした。

テーマをそのまま使うのではなく、改造して使うなら「ストーク」より「SANGO」のがオススメです。

SNAGO独自の「ショートコード」は安易に使わないほうが良い

参考記事

SANGO公式サイトに記載があるように大量のショートコードが実装されています。

一例は以下の通り。

参考

記事のタイトルサイト名

MEMO
ここに文章
注意
ここに文章

ボタンテキスト

こういうのが最初から大量に用意されていることに魅力的に感じてSANGOを採用する人も多いでしょう。

でも、僕はこういうショートコードは一切使わない派です。というか、安易に使わないほうが良いと考えてます

SANGO独自の機能なので、別のテーマでは動作しないためです。SANGOに依存しすぎてテーマ変更ができなくなってしまいます。僕のブログも過去にテーマ独自機能を使用してしまって、表示が崩れている記事も多数存在します。

どうしても使いたいものがあれば使用数を2~3個に限定したほうが良いと思います。片っ端から使いまくると後で絶対に後悔しますよw

同様に見出しも信じられないくらい大量に用意されてますが、こちらも安易に飛びつくのNGです。気に入った見出しデザインを「H2」や「H3」などに割り当てて使ったほうが良いです(H2やH3のCSSを書き換える)。

僕はH2だけ別の見出しデザインに書き換えました。

参考記事

ただし、あくまで雑記ブログの様な長期にわたって運用するブログの話であって、アフィリサイトの様にテーマ変更を実施しないようなサイトならショートコードを使い込むのもありだとは思いますよ。

アドセンス広告は設置しやすいよ

雑記ブログで重要なアドセンス広告は設置しやすい様に工夫されています。ストークはクリック保証型広告に対する作り込みが甘くて改造が必要でしたが、SANGOはしっかりと考えられて作られています。

定番のアドセンス広告の配置場所にはウィジェットが用意されているので安心して使えます。

PC表示では、ちゃんと横336pxの広告が2個並べられます。モバイル表示とPC表示で別々に設定できるのでアドセンスの利用規約違反対策も容易です。

アドセンスの関連コンテンツユニットの配置場所も用意されているのには驚きました。

僕は独自実装しているので使っていませんが、H2見出し前に広告挿入もウィジェットでできます。

ウィジェット挿入位置が不足している

広告挿入に関して不満はありませんが、ウィジェット挿入箇所が少ないですね。

例えば、ヘッダーメニュー下などのウィジェットを入れられません。僕はお知らせや広告を挿入をしたいので用意してあるとありがたかったです。

もちろん、テーマを編集すれば入れられますが、面倒くさいですよね。。。

AmazonJSのデザインがイマイチ

Amazonアソシエイト広告を簡単に挿入する「AmazonJS」の表示がイマイチです。たぶん、デザインが設定されていないので2重に線が入っています。

ストークの場合はもっと表示が崩れるので、SANGOのがマシですが・・・改造が必要です。

僕はこんな感じで仕上げました(ここまで改造するにはプラグインの改造が必要です)

参考記事

ちなみに、カエレバのデザインは用意されてます。最近はAmazonJSよりカエレバを使う人が多いのかなぁ・・・

デザインはストークでもSANGOでも大差ないと思うよ

デザインは人それぞれ好みだと思うので、あれこれ言うつもりはありません。

でも、個人的にはストークでもSANGOでも大差ないと思います。色合いを似せたらほぼ同じデザインになってしまうと思います。

そもそも、最近はスマートフォンでのアクセスが大半です。スマホで見ればテーマの違い何てほぼわかりません。わざわざ、ストークからSANGOに切り替える必要性は感じませんね。

ストークを使う人が多すぎて、SANGOに変更しようと考えている人もいるかもしれませんが、最近はSANGOも激増してますよw

ストークとSANGOどっちが良いのか?

今からWordpressをはじめようと思っている人が悩むのが、ストークとSANGOのどっちが良いのかだと思います。似たようなデザインだし、どっちも1万円くらいするクソ高いテーマです。

両方使った僕としては、

  • ストークの方が初期状態で美しい
    →改造しないならストーク
  • SANGOはソースコードが見やすくて改造しやすい
    →作り込みたいならSANGO

かなぁという印象です。

正直、機能的には大差ないと思うので、デザインの好みで決めれば良いと思います。

ブログの初期はSimplicityがオススメだよ

参考記事

ちなみに、ブログを始めたばかりなら無料なSimplicityのが良いですね。有料テーマよりも機能が豊富ですし、テンプレート機能で簡単にデザインも変更できてしまいます。

若干デザインがダサいのが欠点ですが、使いやすさや機能の豊富さはストークやSANGOより圧倒的に上です。ブログを始めたばかりなら、1万円もするぼったくりテーマを買うより、タダで使えるSimplicityを使ったほうが良いと思いますよw

SANGOを改造点の簡単な紹介

SANGOをかなり改造したのですが、主要な改造箇所を簡単に紹介します。面倒くさいのでやり方までは紹介しませんが、真似したい人がいたらTwitterで要望くれれば記事にします。

AmazonJSの表示

先ほども紹介しましたが、AmazonJSの表示を目立つように改造しました。左上に商品詳細リンクという赤い帯を挿入。あと、アマゾンだけではなく、楽天市場へのリンクも自動挿入されるようになってます。

アイキャッチ画像の縦横比変更

記事一覧ページのアイキャッチ画像の縦横比を変更しました。たぶん、初期は16:9くらいに設定されてますが、僕のブログのアイキャッチ画像は一眼レフカメラに合わせて3:2で統一してます。

正直、デザインがダサくなったので初期の方が良いと思いますが、負の遺産が大量にあるので3:2にしないと不具合が発生します。

はてなブログカードを簡単に挿入

編集画面にURLを入れるだけで簡単にはてなブログカードを挿入できる機能を追加しました。Simplicityというテーマに搭載されている機能ですね。

↓サンプル

参考記事

もちろん、自サイトだけではなく外部サイトでも同様に表示できますよ。

H2上の広告の自動挿入

H2見出しの上に自動的にアドセンス広告を挿入できるように改造しました。SANGOの機能でも一番最初のH2上部であれば広告を挿入できますが、もっとたくさん広告を入れたいので独自実装です。

H2見出しの数に合わせて、挿入する数や場所を変えてます。

記事毎のPVを表示

トップページなどの記事一覧ページに、記事ごとのアクセス数を表示するように改造。これもSimplicityに搭載されている機能ですね。

これがあることで、記事ごとのアクセス数推移が把握しやすいですし、新規に書いた記事の反応具合もすぐにわかります。

(ログインしていないと表示されません)

ちなみに、記事ページにも表示されます。

 

そのほかにも、いろいろと手を加えてますが、ぱっと見ではわからないのでこれくらいにしておきます。