【レビュー】小型軽量なミラーレスLUMIX G7(DMC-G7)がコスパ最高!【中古で3万円台】

フルサイズ一眼レフカメラNikon D750を愛用していたのですが、デカくて重すぎるので、ミラーレス一眼のPanasonic LUMIX G7(DMC-G7)に買い替えました!

ネット用写真を撮るだけの僕にとって、フルサイズ一眼レフはオーバースペックで使いにくかったです。

「小さいは正義」ということで、コンパクトなマイクロフォサーズシステムに戻ります。もともとOLYMPUS E-M5を使っていたのでマイクロフォサーズのレンズはたくさん持ってます。

資産も生かせます。

Panasonic DMC-G7を選んだ理由は安いから

レンズの関係でマイクロフォーサーズ規格のカメラから選ぶことは決めていました。

マイクロフォーサーズはPanasonicとOLYMPUSが採用するカメラ規格なので選択肢が多いんですよね。

2社からボディが選べるので凄く悩みます。

凄く悩みまくった結果Panasonicのミラーレス一眼カメラLUMIX G7(型式DMC-G7)を購入しました。

理由は凄く単純です。安いから。

中古で4万円以下で買えるよ

僕はボディ単体(美品)+互換バッテリー2個付き(合計バッテリー3個)の中古品を3.8万円で買いました。LUMIX G7は現行機種ですが、上位機種のG8(手ぶれ補正内蔵、防塵防滴)が追加発売されたことで、急激に中古価格が下がっていて超激安です。

上位機種との大きな違いは、手ぶれ補正の内蔵と防塵防滴くらいなので、中古で4万以下なら絶対に買いでしょ。しかもG7のがG8よりひと回りコンパクトです。

本音を言えば、フラッグシップのOLYMPUS E-M1 MarkⅡがほしいところですが、20万円近い価格で手が出ませんでした。E-M1 MarkⅡの中古価格が10万円台前半になるまでの繋ぎとして、超激安なLUMIX G7を買った感じですね。

安っぽいと言われるけど・・・そんなこと無いぞ!!!

値段が安いからなのか、LUMIX G7は安っぽいとよく批判されます。

でも、僕にはどこが安っぽいのかわかりません。見てくださいよ。凄くカッコイイですよ。

一覧レフ風のスタイルで、ペンタックスの一眼レフみたいに角ばったデザインです。個人的にはニコンやCanonの様な丸っこいデザインより、G7の角ばったデザインのが好みです。

ボディはプラスチック製ですが、高級一眼レフの様なシボ塗装がされているので、安っぽさは感じません。個人的には、エントリークラスの一眼レフ(例:EOS Kiss)よりも高級感があると思います。

ダイヤルは金属製なので質感は高いです。

たぶん、物凄く軽量だから安っぽく感じるんだと思います。レンズ無しだとオモチャみたいに軽いですw

操作性は価格相応

安い一眼カメラなので操作性が気になりますよね。

使いやすいよ!っと言いたいところですが、上位機種に比べて物理ボタンの数は少ないので、ある程度の割り切りが必要です。

設定ダイヤルはしっかりと2個。左側には連射と単発を切り替えるモードダイヤルも装備。設定ボタン類はファンクションボタンが2つ(ダイヤルの中心もボタンになってる)。

電源スイッチは右側なので、片手でON/OFFできるのは便利です。

 

上位機種に比べて設定ボタンが少ないので、十字キーに設定ボタンが割り当てれています。なので、フォーカスポイントの選択・移動がしづらい。

十字キーの代わりに、ファンダーを除きながら液晶画面を親指でなぞるとフォーカスが移動できる様になっているのですが、これが誤動作がメチャクチャ多い!顔が液晶画面に軽く触れるだけでフォーカスポイントがズレるので物凄く使いにくいです。

フォーカス選択を十字キーに割り当てることもできますが、そうすると設定ボタン(ショートカットキー)が少なくなる。物理ボタンが少ないというのは、安い機種の辛いところですね。

液晶画面に擬似的なFnボタンを表示できるので、十字キーはフォーカスセレクトに割り当てて、あまり使わない機能は画面内に置いておくのがいいかも。

フォーカスセレクト専用のジョグダイヤルが欲しい・・・(通常は上位機種にしかついてない)

ちなみに液晶画面は可動式のバリアングル液晶で、タッチ操作対応。

自撮りにも使えるので、Youtube動画の撮影用ビデオカメラとしても使えますね。4K動画も撮影できます。

ただし、連続録画時間が30分なので、長時間の動画撮影用途には向きません。

画質は十分キレイだよ

マイクロフォーサーズはセンサーが小さいので画質が気になるという方も多いと思います。

実際にサイズを比べてみると、意外にもAPS-Cと大差ないんですよ。

ひと回り小さいくらいなので、APS-Cの一眼レフと大差ない性能だと思います。

作例

作例といえるほどの写真は撮ってないですが、テストで撮影したものを貼り付けておきます。

標準ズームレンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

望遠ズームレンズ:ルミックス G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 /MEGA O.I.S.

十分綺麗でしょ。

ただし、センサーサイズが小さいので全然ボケないですね。F2.8でもボケが弱いので、とろとろにとろけるような背景ボケ写真は期待しない方が良いと思います。

物撮りに強い

センサーサイズが小さいとマクロに強くなります。モノを大きく写せるので物撮りに凄く便利です。

ブロガーの強い味方になります。

例えば、 標準ズームレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROでも、ここまで寄れます。標準ズームレンズなのに、最大撮影場率はなんと換算0.6倍!

しかも、面倒なマクロ切り替えの必要もなく、ズーム全領域で寄れます。

Proレンズなので画質も最高です。

マクロレンズのLUMIX G MACRO 30mm/ F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.を使えば、もはや顕微鏡です。最大撮影倍率は脅威の換算2倍。

軽いのは正義

望遠レンズを付けた状態。G7:200~600mm相当、NikonD750:140~560mm。

全然サイズが違います。一眼レフのD750の方は超巨大で僕が使っているカメラバッグに収まらないほどです。

しかも、D750にはテレコンを付けているので、ほぼAFが効きません。

G7なら600mm相当の望遠ズームレンズを装着しても1kgを切ります。NikonD750のセットは3kg近くあるので1/3の軽さです。

センサーが小さいマイクロフォーサーズの魅力の1つです。

標準ズームレンズを付けても、これだけの差があります。G7にはF2.8通しのハイスペックな標準ズームレンズを装着していますが、それでも一眼レフより圧倒的に小型軽量です。

キットレンズとしてよく付属しているパンケーキズームレンズを装着すれば更にコンパクト。これで3倍ズームなのは驚きです

まるでコンデジ感覚で使えるので1本持っておくと便利です。キットレンズなので、中古価格が激安です。1万円台前半の価格で購入できます。

これだけの差があります。

デカくて重たいと気軽に使う事ができません。ちょっとしたお出かけに、一眼レフの巨大なセットを持っていくなんてありえないですよね。

僕も、巨大な望遠ズームレンズを装着して野鳥撮影をしてましたが、肩が痛くて長時間持ち歩けませんでした。まさに苦行ですよ。

しかも、目立つので写真を撮影していて凄く恥ずかしかったです。

LUMIX G7なら、望遠ズームレンズを到着したままカメラバッグに収めることも可能です。気軽に持ち歩いて撮影できるので、稼働率が大幅に上昇してます。

カメラは使ってなんぼ。小型軽量は正義です。

イマイチなところ

基本的にG7のことを気に入っていますが、イマイチだなぁと思うところもあります。

ダイヤルがゆるゆる

一番イラッとしているのが、露出設定を変更するダイヤルです。エントリークラスですが、ちゃんと2個ついているので操作性は抜群です。

でも、手前側のダイヤルがゆるゆるです。

軽い力で簡単に回ってしまうので、誤動作が多発します。露出補正(±)が割り当てれていますが、気がつくと数値が変動していて、写真が明るすぎたり暗すぎたりと変な露出の写真を量産しています。

もう少し固めに作ってほしかったです。

連射時のEVFが厳しい

野鳥などの動態を撮影するのにはG7のEVFでは厳しいです。

連射すると、シャッターが切れるたびに映像がとまってしまって、動いているものを追うのが困難です。

連射時のカクカク感がかなり酷いので、僕は連射を使うのは諦めました。AF-Cの性能も微妙なので、単射でスナイパー的に狙う使い方をしてます。

電車くらいなら余裕で撮影できると思いますが、ちょこまか動きまくる飛んでいる野鳥を撮影するのに無理がありますね。フラッグシップ機のGH5E-M1 MarkⅡではないと厳しいと思います。

USB充電ができない

小型軽量のミラーレスカメラなのにUSB充電ができません。

ミラーレスなので電池の減りは速いです。頻繁に電池充電が必要になるのですが、いちいち取り外してバッテリチャージャーにセットするのが面倒です。

スマホ充電器で充電できるとすごく便利だったのになぁと思います。(SONYのミラーレスはUSB充電できる)

ボディ内手ぶれ補正がない

もともとPanasonicのカメラはレンズ側に手ぶれ補正機構を設ける思想なので、G7にはボディ内手ぶれ補正がありません。
(最近ではPanasonicもボディ内手ぶれ補正を採用しつつある)

一方で、OLYMPUSのカメラはレンズ側ではなくボディ側に手ぶれ補正を内蔵させる設計思想です。

なので、OLYMPUSのレンズには手ブレ補正機能が付いていません。OLYMPUSレンズをG7で使うと手ぶれ補正が一切効きません。

OLYMPUSのレンズを使う場合は注意が必要です(特に望遠レンズはキツイよ)。

まとめ

一眼レフカメラが重たくて巨大すぎるので、コンパクトなミラーレス一眼カメラ「LUMIX G7」を購入しました。

既に2週間程度使っていますが、画質も十分綺麗だし、何よりも軽いのは良いですね。一眼レフだと持ち運ぶのを躊躇うこともありましたが、G7ならとりあえずカバンにぶち込んで持ち運んでいます。

小さいは正義。

もちろんAFや連射性能などのハイエンド機には及びませんが、動きモノを撮影しないならG7で十分だと思います。飛んでいる野鳥を狙うならE-M1 MarkⅡを買うべきですが、木の枝にとまっている鳥や電車程度ならG7でも撮影できます。

上位機種に比べて性能は劣りますが、その分小型軽量です。

値段も中古なら4万円以下。超激安ですよ~

レンズは好きなものを選べばいいと思いますが、背景ボケを楽しみたいならF1.4の超明るい単焦点レンズがオススメ。

標準ズームレンズならこれが安い。中古なら1万円で買えます。

個人的には、OLYMPUSのPROレンズがおすすめですが、G7だと手ぶれ補正が効かないのが欠点です。マクロに強いので物撮り用レンズとしては最高です。あと、プロ向けなので高いです。

インスタ映えする写真を撮りたいなら超広角ズームレンズがオススメ。