【レビュー】パイオニアのBluetoothヘッドホン「SE-MS7BT」がカッコよくて高音質!しかも安いよ!

僕の住むアパートは遮音性が皆無なのに、二階住民がキ◯ガイ野郎で信じられない騒音を出しまくるので、ソニーのノイズキャンセルワイヤレスイヤホンを常時着用して生活していました。

中華製の安モノBluetoothイヤホンよりも電池の持ちが良くて、凄く気に入って使っていたんですよ。でも、あまりにも長時間使い続けたため大問題が発生。

外耳炎になりました。。。。

カナル式イヤホンなので、どうしても蒸れてしまうんですよね。耳の穴が猛烈に痒くなる症状(=外耳炎)に悩まされて、最近では出血までしてますw

カナル式イヤホンを使うのはこれ以上無理だなぁということで、ワイヤレス(Bluetooth接続)のヘッドホンに買い換えることにしました。



スポンサーリンク

あえてPioneer製のBluetoothヘッドホンを買ったよ

以前紹介したように、僕は既にオーディオテクニカの開放型ヘッドホンを持ってます。物凄くクリアな音質で感動モノの高音質。素晴らしい。

でも、開放型だから外の音が丸聞こえなんですよね。遮音性が全くないので2階住民の騒音を防げない。有線というのも不便です。

一般的な密閉型のBluetooth接続のワイヤレスヘッドホンが欲しい。

ワイヤレスヘッドホンだとSONY製が定番ですよね。人気も高くて評判も良い。これ買っとけば間違いないでしょう。

でも、僕はSONYを選ばなかった。凄く欲しいんだけど、貧乏人だから高すぎて買えない。

安くて評判の良い中華製のBluetoothヘッドホンも検討しました。3000円以下で買えるものもたくさんあるので、凄く魅力的です。

「激安ヘッドホンは使えるのか?」みたいなネタも面白いかなぁと思ったんですが、ヘッドホンは毎日長時間使うものなので、怪しい中華製は嫌かなぁ。電池が耳元で爆発でもしたらヤバイしw

それに、誰も気にしないかもしれないけど、中華製のBluetooth機器は電波法に違反している製品ばかりなので、日本で使うと違法というのもあるし。

結局いろいろ悩みまくった結果、価格とデザイン、評判のバランスが良かったPioneer製のBluetoothヘッドホン「SE-MS7BT-T」を買いました。

ちょっとマニアックだけどね。

1万円以下で買える国産ヘッドホンで、Amazonの評価も★4.5なら間違いないでしょ。

デザインがカッコイイよ

SE-MS7BT-Tを数週間使っているんですが、これがなかなか良いです。

まず、デザインがカッコイイ!

茶色ベースのレトロデザインで完全に僕の好みです。

フェイクレザーの質感もなかなかです。

アルミ風のこの部分は、さすがにプラスチックにメッキですね。でも、日本メーカーらしく作りが丁寧で良い。

操作部分は左側。

電源ボタン長押しでON/OFF、音量調整もできます。

充電端子は普通のmicroUSBなので、スマホ充電器やモバイルバッテリーで充電可能です。



スポンサーリンク

音質はそこそこ良いよ

AACとaptXの両対応なので、AndroidでもiPhoneでもWindowsでも高音質な規格のBluetoothで接続できます。

音質について、僕には詳しく語れるほどの知識がないですが、そこそこ良い音だと思いますよ。重低音がドスドス鳴る様なヘッドホンではなく、フラットな音質なので長時間使っていても疲れにくいと思います。

音響マニアでもない限り、満足できる音質でしょう。

ちなみに有線接続も可。有線なら電池なしで動くし、ハイレゾ再生にも対応とのこと。

僕の耳では、有線でも無線でも音の差はわかりませんがw

プラ製なので軽くて疲れにくいよ

プラスチックでできているので軽い。たった、283gしかありません。

僕がヘッドホンよりカナル式イヤホンを愛用していた理由が重さなんですよね。ヘッドホンを付けると頭が重たく感じてしまって、長時間つけていると首が痛くなってきます。

でも、このPioneerのBluetoothヘッドホンなら、全然疲れないです。

ほぼ毎日何時間も使ってますが、重さが気になったことはありません。

耳たぶが痛くならないよ

イヤーパッドが大型なので長時間付けていても耳たぶが痛くなりません。クッション部分が耳たぶの外側を覆ってくれます。

サイズ調整部分。僕の頭は一般的な帽子がかぶれないほど大きくて、ヘッドホンによっては装着できないことも多いです。

このPioneerのヘッドホンなら僕の巨大な頭のサイズに調整しても、まだまだ調整シロが残っています。頭のサイズが大きすぎて装着できないなんてことはほぼ無いと思います。

あと、側圧が高すぎて耳が痛いなぁと思ったら、少し外側に曲げてやれば弱くなります。



スポンサーリンク

パソコンとも接続可能

当然だけどBluetoothに対応したPCとの接続も可能です。というか、僕はスマホではなくこのヘッドホンをWindowsPCで使ってます。

Bluetoothが内蔵されていないPCでも、1000円くらいで買えるエレコムのUSB式Bluetoothアダプタを使えばOK。aptXにも対応してる。

USBのアダプタでも、途切れることもなく安定して使えてます。

まとめ

セールスポイント

  • 大手メーカー製Bluetoothヘッドホンとしては安価
  • レトロデザインでカッコイイ
  • 必要十分な音質
  • 耳が痛くなりにくい大型イヤーパッド
  • 頭が大きくて装着可能なサイズ調整機構
  • AAC、aptX両対応なのでiPhoneでもAndroidでも高音質に使える
  • 電池が切れても有線接続で使える

僕が買ったレトロデザインの茶色。

買ってから気が付いたんだけど、黒色も選べるみたいです。こっちのがカッコいい気がする。

スポンサーリンク