制作費100円!?遂に最強のキーボード用リストレストを手に入れたぞ!

キーボードの手前に置くクッション(リストレスト、パームレスト)ってあるじゃないですか。キーと机の段差を無くすための。

サンワサプライ キーボード用低反発リストレスト(ブラック) TOK-MU3NBK

今まで、低反発のクッション木製のリストレストなどを使ってきました。

低反発タイプは底がゴム状の滑り止めになっていて微調整がしにくくてイマイチ、木製は固くて気に食わない。結局、どれもこれもしっくりこなくて、結局使ってませんでした。

でも、キーボードとキーの間に段差があると長時間文字入力していると腕が痛くなってくるんですよね。

そこで、ダイソーで買った100円座布団を改造して、自家製リストレストを作って見たんですよ!これが市販品より断然いい!

あまりにも、素晴らしいから簡単に紹介しちゃうねw



スポンサーリンク

100円座布団を折り曲げてボンドでくっつけただけ

実物がコレ。制作費100円です(ボンド代は除く)。

テンキーレスキーボードにぴったりサイズでしょ。

自家製と言っても作り方はすごく簡単です。

ダイソーで売ってるミニ座布団を半分に折り曲げて、ボンドでくっつけただけです。

 

実は、もともとこの座布団はオフィスチェアに敷くために買ったんですが、小さすぎてイマイチだったんです。

何かに活用できないかなぁと思って、半分に折りたたんでキーボード用リストレストにしてみたらぴったりでした。

絶妙な柔らかさで最高なんです

100円の座布団を折り曲げただけのキーボードリストレストですが、市販品より良いです。

  • 布でできているので肌触りがいい
  • 程よいクッション感
  • ちょうどいい高さ
  • テンキーレスキーボードにぴったりサイズ
  • すべり止めがないので微調整がしやすい
  • 幅広なので場所はとるけど、手首が痛くなりにくい

良いことだらけです。

汚れても洗濯機で洗えるし、傷んできたら100円で作り直せます。市販品は1000円くらいするので、相当コスパ良いよ。

僕はシマシマの座布団を使いましたが、いろいろな種類が売っていたので好みのデザインで作れますよw

(軍手してるのは、あまりにも手荒れが酷すぎて恥ずかしいから)

ちなみに、マウス用のリストレストとしても優秀です。

欠点は、夏はちょっと暑いかな?

 

凄く安く作れるので、騙されたと思って作ってみてね。

スポンサーリンク