僕がFireタブレットよりKindle(キンドル)をオススメする理由【電子書籍リーダー】

Amazonの人気商品「Fireタブレット」と「Kindle」。Amazonプライム会員なら凄く安く買えるので、購入を検討している人も多いと思います。

でも、「Fireタブレット」と「Kindle」のどちらを買えば良いのか悩みませんか?

僕も凄く悩みました。

もちろん、FireタブレットとKindleではできることが違います。Fireはタブレット端末なので、電子書籍・動画・WEBサイト閲覧・ゲームなど様々なことに使えます。一方で、Kindleは電子書籍専用端末なので、本や漫画しか読むことができません。

しかも、価格はFireタブレットのほうが安いです。

普通に考えると、KindleよりFireタブレットの方が良いように感じますが・・・僕はKindleをオススメしてます。

僕は両方とも試してみたくなってFireとKindleの両方を買いましたが、よく使っているのはKindleです。正直言うと、Fireタブレットはここ数ヶ月間電源すら入れてません。

なぜ、僕がFireよりKindleをオススメするのか、ユーザー目線でできるだけ本音で書きたいと思います。

1.僕がFireタブレットをオススメしない理由

まずは、Fireタブレットをオススメしない理由です。以下の3つが原因で使わなくなりました。

  1. 性能が低くてサクサク動作しない
  2. Fireタブレットでできることは他の端末でできる
  3. 中途半端なサイズ感

個別に詳細を説明しますね。

性能が低くてサクサク動作しない

Fireタブレットは、Amazonプライム会員であれば税込4980円で買えてしまう激安タブレット端末です。

ありえないくらいお買い得ですが、所詮は1万円以下の端末。全体的なスペックは低いです。

あくまで体感ですが、僕の使っている2万円くらいの激安SIMフリースマホよりも動作が遅いと感じます。電子書籍を読むにしてもモタツキを感じるし、WEBサイトの閲覧もスムーズでは無いです。

実用上問題ない程度のスペックはありますが、決して快適ではないです。

Fireタブレット使うくらいなら、動作のサクサクしているスマホで十分じゃんって思ってしまい、使わなくなりました。

画面が大きい端末がほしいなら、ケチらずに性能が高いiPad買ったほうが絶対に良いです。ケチるとロクなことないですよ~

Fireタブレットでできることは他の端末でできる

Fireタブレットは画面が大きくなったスマホです。画面がデカイだけで、性能は最新スマホ以下しかありません。

  • ゲームをする
  • Amazonビデオを見る
  • ネットサーフィンする
  • Amazonミュージックで音楽を聞く
  • 電子書籍を見る

これらをするのにわざわざFireを使う必要性が感じませんでした。

ゲームをする

ゲームはスマホのがやりやすいです。

画面がでかすぎて操作しづらいし、そもそもFireはAndroidではなく独自OSなので、遊べるゲームも少ないです。

Amazonビデオを見る

Amazonビデオを見るのに使いたいという人もいると思います。僕もAmazonビデオ目当てでFireを買いました。

でも、7インチは小さすぎますね。結局、画面の大きいノートパソコンで見ています。

ビデオがメインなら、テレビに繋いで使う「Fire TV Stick」の方が向いていると思います。

ネットサーフィンする

ネットサーフィン用としてFireを購入しようと思っている人も多いと思います。でも、最近のWEBサイトはスマホに最適化されています。わざわざ大きい画面で見るメリットは減っていますし、CPUのスペックが低いため、モタツキも感じます。

正直、FireでWEBサイト見るよりスマホのが快適です。

老眼で文字が見にくいよ、という方は、高性能なiPadを買うべきです。何回も言いますがケチると後悔します。

電子書籍を見る

電子書籍端末としてFireを検討している人も多いと思いますが、正直微妙ですね。

やはり、CPUの性能が低いので本を開いたり閉じたりするのにモタツキを感じます。本を一度開いてしまえば快適ですが、やはり全体的にもっさりしているので、イラッとすることが多いです。

中途半端なサイズ感

Fire7タブレットの画面サイズは7インチです。上位のFire HD 8は8インチです。

これが微妙に使いにくいサイズ感なんですよね。

特に漫画や雑誌を読むときに、もう少しサイズが大きかったら読みやすいのに・・・と感じています。文字が小さくて見にくいんですよね。

動画を見るにしても、もう一回り大きくないと物足りないです。

AppleのiPadは絶妙なサイズ感だと思います。

重さも気になります。

300gを超えているので、寝転がりながら、本を読んだりネットサーフィンをしていると、手が疲れてプルプルしてしまいます。

軽くて片手操作ができるスマホやKindleばかり使ってますね

2.僕がKindleをオススメする理由

僕がKindleをオススメする理由は、理由は以下の4つです。

  • 電池の持ちが物凄く良い
  • 電子ペーパーディスプレイが読みやすい
  • ちょうどいいサイズ感
  • 頑丈で壊れにくい

です。

個別に説明します。

電池の持ちが物凄く良い

Kindleは電子書籍リーダーです。本や漫画を読むことにしか使えないのですが、その分最強のメリットがあります。

電池の持ちがメチャクチャ良いんですよ。ビックリするくらい電池が減りません。

タブレットやスマホで電子書籍を読むと、3~4時間で電池切れになりますが、Kindleなら丸々一日使いまくっても電池がなくなりません。

例えば、通勤電車の中で毎日1~2時間使う程度なら、3~4週に一回充電すれば十分って感じです。毎日バッグから出して、面倒な充電をする必要がないんです。

すごく便利ですよ~

電子ペーパーディスプレイが読みやすい

Kindleのディスプレイは普通の液晶ではありません。紙の見た目に近い「電子ペーパーディスプレイ」が採用されています。

カラー表示ができない・動画を表示できないなどの欠点はありますが、本の読みやすさは抜群です。本当に紙みたいなんですよ。

液晶の用にバックライトが必要ありません。紙と同じように周りの明かりだけで、内容を読み取ることができます。長時間読んでいても疲れにくいです。

当然、バックライトなしだと暗い場所では読めませんが、Kindle Paperwhiteならバックライトを搭載しています。明るい場所ではバックライトを消して電池を温存し、薄暗い場所では液晶ディスプレイのようにバックライトを付けて本を楽しむといった使い方が可能です。

ちょうどいいサイズ感

サイズ感が素晴らしいです。

6インチディスプレイなので、Fireタブレットよりもひと回り小さく、片手で扱いやすいです。

写真の様な持ち方をすれば、片手でページめくりも余裕です。

しかも、軽いんです。

スマホよりも少し重たい程度です。スマホよりサイズが大きいこともあって、数値以上に軽く感じます。

これなら、長時間もっていても手が疲れません。

頑丈で壊れにくい

Kindleはシンプル構造なので頑丈です。

僕はKindleをケース無しで相当雑に扱っていますが、全く壊れません。何回もベッドから落としているし、風呂で水没させたことすらあります。

それでも、今のところ何の不具合もありません。

最近のスマホは質感を良くするために、金属製や光沢仕上げだったりと、保護ケースを付けないとすぐボロボロになりますよね。でも、Kindleはマット仕上げなので、傷がほとんど目立ちません。

しかも、値段が激安なので、最悪壊れても良いや~くらいの扱いができます。スゲー気楽なんです。

Kindleのイマイチなところ

Kindleサイコーだと思っていますが、イマイチなところも当然ありますよ。

  • ページ送りボタンがほしい
  • 動作が遅いので速くしてほしい
  • もう少し額縁を狭くしてコンパクトにしてほしい

など。

特に動作が遅いのが気になります。本や漫画を読む分には全然問題ないのですが、ストアで本を買うのはちょっとキツイです。

全体的に動作がもっさりしているので、僕はKindle本体で本を買うことはほぼないです(オススメで表示された本を買うことはある)。PCやスマホで、本を購入して転送しています。

面倒くさいなぁと思うかもしれませんが、KindleはWiFiに対応しています。いちいちUSBケーブルを繋がなくても、PCやスマホで購入した電子書籍が全自動でダウンロードされます。

まとめ

以上がFireタブレットよりKindleをオススメする理由です。

Fireは正直言って性能不足なんですよね。タブレットがほしいなら、ケチらずiPad買った方がいいよ。

一方、Kindleはスマホやタブレットとは違い、電子書籍に特化しています。できることが限られていますが、読みやすいディスプレイ・電池のもちの良さ・ちょうどいいサイズ感など、本や漫画を読むのにはサイコーのガジェットです。

電子書籍を楽しみたいなら絶対にKindleです。

ちなみに、Kindleを買うなら、Kindle Paperwhiteを買いましょう。一番安い無印Kindleはバックライトが付いていなくて、少し暗い場所だと読みにくいです。バックライト付きなら、夜ベッドで電気を消した後でも読むことができます。

漫画を読みたいなら、「Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル」を買いましょう。通常モデルはストレージが4GBしかないので、漫画をダウンロードするとすぐ満タンになってしまいます。SDカードで拡張できないので、絶対にマンガモデルを買うべきです。

本メインなら、通常モデルで十分です。テキストなので、4GBでも数千冊入れられます。

3G回線付きがありますが、僕は不要だと思います。WiFiが使えるので、スマホのテザリング機能を使えば十分です。

広告あり・なしは、好みの問題です。

写真のように広告が表示されますが、僕は全然気にならないので、安い広告ありモデルで良いかな。もちろん、本を読んでいる間は広告なしですよ。

書籍一覧とロック画面に広告が表示されます。