【2017年版】マイニングに最適なオススメ「マザーボード」まとめ

新たなマイニング専用パソコンの自作を計画中なので、マイニングに最適なマザーボードを調べてみました。

マイニングに向いているマザーボードの条件は

  1. PCI-Express(PCI-E)スロットがたくさんあること
  2. 値段が安価なこと

この二つだけです。正直なところ、安くてPCIeスロットがたくさんあれば、なんでもいいと思います。

ここで紹介する情報は僕が独自に調査したものなので間違いがあるかもしれません。実際に購入する場合は仕様をよく確認してくださいね。



スポンサーリンク

【LGA 1151】PCI-Eスロット6本を搭載した低価格なマイニング専用マザーボード

最もお勧めなのがBIOSTARのマイニング専用マザーボード「TB250-BTC」です。Intel LGA 1151系のCPUに対応したマザーボードで、PCI-Eスロットを合計6スロット搭載するのが特徴。

マイニング専用マザーボードは各社から発売されていますが、このBIOSTARの製品をお勧めする最大の理由は価格です。

PCI-Eスロットを多く搭載するマザーボードって、値段が高いんですよね。でも、この製品はマイニング用途に限定することで低価格を実現。約1.3万円と格安です。

市場在庫も豊富で入手性も抜群です。

安価なCeleronと組み合わせれば、低コストでマイニング専用PCを組み立てられます。

欠点はPCI-E×16が1スロットしかないため、ライザーケーブル(ライザーボード、ライザーカードとも言う)の使用が前提です。気軽にマイニングをはじめたい人には不向きです。

通常のパソコンケースでの運用ができないため、専用のグラボ固定台(通称:マイニングリグ)を自作する必要があります。

関連記事:僕のモナーコイン採掘専用PCを紹介するぞ

【LGA 1151】PCI-E×16を3スロット搭載した安価なマザーボード

ライザーケーブルを使用せずにマザボに直接グラボを差したい方にお勧めなのがギガバイトGA-H170-HD3です。PCI-E×16スロットを3スロット搭載しているため、グラボをマザーボードに直接刺して運用するのに向いています。

上位のZ170チップセットを搭載した製品ですが、型落ち品なので価格が安いです。凄くお買い得ですねw

PCI-E×1スロットも3本搭載しているので、ライザーケーブルを使用すれば物理的には最大6本のグラボを差すことも可能です。(6本すべてが認識するかは不明。PCI-E×16スロットを多く搭載したマザーは帯域管理の関係で複数グラボの搭載に不向きという情報もあります)

また、マイニング用マザーではなくごく一般的な製品なので、マイニングをやめた後も普通のマザーボードとして活用することもできます。

グラボ4本までで良ければ、PCI-E×16 2スロット、PCI-E×1 2スロットの下位製品もあります。こちらは実売1万円を切っているので結構ねらい目かも。



スポンサーリンク

【LGA1150】余った旧世代のCPU(Haswell世代)を活用するのにお勧めなマザーボード

マイニングにCPUパワーは不要なので、PCの買い替えなどで余っている旧世代のCPUを活用するのもおススメです。安く売っている中古CPUを活用するのもありです。

例えばHaswell世代(LGA1150)のCPUにおススメなのがエイスースのH97-PLUSです。

  • LGA 1150(Haswell世代)
  • DDR3メモリ
    安価なDDR3 1333 2GB
  • PCI-E×16 2スロット
  • PCI-E×1 2スロット

Haswell世代のマザーボードは、PCIスロットを搭載している製品がほとんどのため、PCI-Eスロットは4本となります。実際問題として、予算や電源容量の関係から、4スロットあれば十分という人が大半でしょう。

PCI-E×16が2本あるので、マザーボードに直接グラボを差して使いたい人にも向いています。

Haswell世代の良いところはメモリーがDDR3なところ。DDR4に移行したため、DDR3 2GBなら中古で1000円くらいで売ってます。

ちなみに、僕のマイニング専用PC(2号機)に使用しているのは、ASRockのH97 Pro4です。こちらもPCI-Eが合計4スロットありますが、PCI-E × 16が1本なのが欠点です。

僕はライザーケーブルで運用するので、より安価なASRock品を選定しました。ちなみにグラボ3本で運用中ですがしっかりと認識してますよw
(僕がASUS嫌いというのは内緒ですよ)

【AM4】AMD系CPUで組みたい人にお勧めのマザーボード

AMD系CPUでマイニングPCを組みたいというマニアックな人におススメなのがASRockのAB350 Gaming K4です。AMD RyzenやAシリーズ(手に入らないけど)に対応したマザーボードです。

PCI-Eが6本あるのでマイニングにも活用できるとは思いますが、現状一番安価なRyzen5 1400でも2万円するため、コスパ的に微妙ですね。

【FM2+】旧世代のAMD系CPUで組みたい人にお勧めのマザーボード

旧世代のAMD Socket FM2+のマザーならPCI-Eを5本搭載した「GA-F2A88X-D3HP」がおススメです。CPUも新品で5000円からあります(アマゾンリンク)。中古CPUも激安です。

ただ、Intelに比べて優位なところはほぼないので、AMD CPUを既に持っているなど特別な理由がない限り、Intel Celeronを買ったほうが良いと思います。



スポンサーリンク

おまけ:マイニングPCにおススメの周辺パーツ

PCI-E×1スロットにグラボを接続するためのケーブル。海外発送品がほとんどなので納期がかかります。多めに手配しておくことをお勧めします。

低消費電力化のためSSDがおススメ。性能はマイニングに関係ないのでSanDiskの安いSSDがおススメ。120GBもあれば十分です。

グラボを複数搭載するので、できれば1000Wクラスの電源が欲しいところ。僕が調べた限りで最も安いのがENERMAXのETL1000EWT-Mです。

80PLUSブロンズなので少し効率は低いのが欠点です・・・高効率ならCorsair HX1000i 80PLUS PLATINUMがありますが高すぎますね。

マイニングに帯域は必要ないので無線LAN化することをおススメします。無線LAN化すれば電源さえあればどこにでも設置できます。USBタイプの無線LAN子機が1000円以下で買えますよ。

結構冷却に苦労するのでファンはできるだけ、たくさんあったほうが良いです。

特に自作のグラボ固定台を作ろうと思っているならファンを1~2個付けた方がいいです。ファンがないと熱がPC周りに滞留して、グラボが異常発熱します。

ファンではなく扇風機で代用してもいいですがw

最近はUSBメモリーなんて使わないので持っていなかったのですが、メインPCでマイニング用のソフトを準備して、マイニング用PCにデータを移行するのにUSBメモリーが便利でした。

安いマウス・キーボードセットも便利でした。USBレシーバー1個でマウスとキーボードがつながるので、複数のマイニングPCを管理するのに凄く便利です。

長いHDMIケーブルを持っておくと凄く便利です。モニターから離れた場所に設置したマイニング用PCの管理に役立ってます。リモートデスクトップ接続すれば良いだけかもしれませんが、WindowsのHome版ではできないんですよね。

スポンサーリンク