レンズ保管用防湿庫を自作!大型の衣装ケースをドライボックス代わりにしてみた

皆さんはカメラやレンズをどうやって保管してますか?

僕は、カビが生えないようにハクバのドライボックスに保管しています。

でも、ここ最近はレンズの数が増えてしまい、一部のレンズがドライボックス入り切らない状況が続いています。

特に望遠ズームレンズは、全長が長すぎて大型のドライボックスにも入りません。むき出し状態で保管してますが、梅雨の季節ということもありカビが生えないか凄く心配です。

本格的な防湿庫が欲しいのですが、大型の望遠レンズも余裕で収納できる様な大型の防湿庫は値段が高いですし、場所も取るので、なかなか手がでません。

衣装ケースを防湿庫代わりにしてみることに

そこで、衣装ケースをドライボックス代わりにしてみることにしました。

ヤフー知恵袋などを見ると、「衣装ケースは密閉性が低いためドライボックスにはできない」という回答もたくさんありました。そうかもしれませんが、少しくらい密閉性が低くても問題ないんじゃないのって思いませんか?

なので、ダメ元で試してみることにしました。

本来であれば密閉性の高い衣装ケースを選ぶべきでしょうが、僕は使い勝手重視で前方に蓋がついている衣装ケースを選びました。この大きさで2000円以下なのでコスパは結構いいと思います。

防湿剤2種類(100円と200円)、簡易的な湿度計(100円)も購入。

写真だとわかりにくいですが、この衣装ケースは全く密閉性はありません。隙間だらけw

さすがに、隙間ありすぎかなぁとも思いましたが、上面に蓋がある普通の衣装ケースだと面倒くさくなって結局使わなくなりそうなので、やめました。

使い勝手は凄く良いぞ!

カメラやレンズに傷がつかないようにバスタオルを敷いて、防湿剤(ボックスタイプ2個、袋タイプ1個)を入れました。

かなり大型の衣装ボックスなので、望遠レンズを付けた一眼レフカメラをそのまま入れても全然余裕です。

前面に蓋ついているので、カメラやレンズの取り出しは凄くしやすいです。普通のドライボックスよりも使い勝手は上ですね。

今まで使っていたハクバのドライボックスにはあまり使わないレンズを保管してあります。

よく使うものだけ衣装ケースタイプのドライボックスに入れました。

湿度を把握できるように両面テープで前面蓋に湿度計(ダイソー、100円)を貼り付けてあります。

レンズ保管に最適な湿度は30~60%程度とのことです。40%前後が目安と言われます。

雨が降っていても50%以下まで湿度が下がる

隙間だらけの衣装ケースなので、本当に湿度が下がるのか心配でしたが、全然問題ありませんでした。

大雨が降っていて周囲湿度が75%程度の日でも、衣装ボックス内の湿度は50%以下に保たれていました。晴れている日なら40%前後で安定しています(6月下旬)。

湿度の下がりが悪いようであれば、養生テープで隙間を埋めたり、防湿剤の数を増やせばいいと思います。

欠点→防湿剤の劣化が早い

「衣装ケースを防湿庫代わりにするの結構いいじゃん」って思ったのですが、残念ながら欠点もあります。

防湿剤の劣化が物凄く速いです。

ドライボックスなら数ヶ月~半年程度持ちますが、隙間だらけの衣装ケースだとたった1週間でも防湿剤がかなり劣化してしまいます。僕の場合は1週間で防湿剤の1/4くらいがゼリー状になってしまいました。

梅雨の時期は2ヶ月程度で防湿剤を交換しないとダメかもしれませんね。

防湿剤は100円ショップでも買えるので、それほどランニングコストは気にしなくても大丈夫ですが、定期的に湿度計と防湿剤のチェックは必須です。

管理が面倒なら本格的な防湿庫の導入も検討してもいいかもしれません。メーカーを選ばなければ50L以上の大型な電気式防湿庫が2万円以下で買えますから。

とりあえず今年は衣装ケースで乗り切る予定ですが、やっぱり将来的には電気式防湿庫がほしいです。。。