【モナーコイン採掘】最もマイニングに適したグラボはどれ?徹底検証してみた!

モナーコインの本格的なマイニング(採掘)をしようと思って、グラフィックボードの選定を始めました。

出来る限り赤字を出したくなので、

  • 最もマイニングに適したグラフィックボードは?
  • 最もコスパの優れたグラフィックボードは?

というのを、徹底的に検証してみました。本当は公開するつもりはなかったのですが、凄く役立ちそうなデータになったので、ブログ上に公開したいと思います。

基本的にモナーコインを採掘することを前提に書いていますが、他の仮想通貨でも同様の事が言えると思います。また、計算が間違っていても責任は取れないので、参考程度に見てください。間違っていたらコメント欄やTwitterで指摘してください。

関連記事:【モナーコイン採掘】グラボ別ハッシュレートまとめ(随時更新、情報求む!)



現在は、AMD RadeonよりNVIDIA GeForceが有利

モナーコインのマイニングには、AMD RadeonよりNVIDIA GeForceの方が有利です。

数年前は、AMD Radeonの方が高効率でしたが、モナーコインのハッシュアルゴリズムがLyra2REv2に変更されてからは、NVIDIA GeForceの方が圧倒的に有利な状況が続いています。

現状では、日本の高額な電気代を考えると、低消費電力な最新のNVIDIA GeForceシリーズ(1000番代)を使わないと、利益を出すのは厳しい状況です。安い旧世代シリーズでマイニングするのは現実的ではありません。

なので、この記事ではNVIDIA GeForceシリーズ(1000番代)でどれを買うのが一番コスパが良いのか?を考えました。

GPUを使ったモナーコインの発掘方法は以下の記事で解説しています

【仮想通貨】NVIDIA GeForceでモナーコインをマイニングする方法

どの程度のハッシュレートがでるのか?

まず、いちばん重要なのがNVIDIA GeForceシリーズ(1000番代)を使ってマイニングした場合のハッシュレート(採掘スピード)です。

どのGPUがどの程度の速度がでるかは、Ask Monaという掲示板の情報を見るとわかりやすいです。

実際に採掘している人の情報や理論値(ほぼ正しい)が書かれているため、すごく参考になります。モナーコインのマイニングをやるなら、よく読んでおいたほうが良いと思います。

具体的なハッシュレートは以下の通りです。

GTX1050 10.01MH/s
GTX1050Ti 11.49MH/s
GTX1060 23.39MH/s
GTX1070 35.88MH/s
GTX1080 47.68MH/s
GTX1080Ti 58.05MH/s
(理論値)

ASK MONA 【マイナー必見】ソロマイニングに対応したよ【高速化Part2】より

僕がマイニングしているGTX1050Ti(ちょいOC)の実測値が11~14MH/s前後なので、ほぼ正しい数値だと思います。

(間違っている場合もあるので参考値です。メモリー量やOC量によっても変化します。)

関連記事:【モナーコイン採掘】グラボ別ハッシュレートまとめ(随時更新、情報求む!)



一日あたり、どのくらいのモナーコインが採掘できるのか?

採掘困難度(Difficulty)が日々変化しているので、正確な値を出すのは難しいですが、おおよそ10MH/sで2~4MONA/日くらい採掘できます(2017年6月時点)

10MH/sで3MONAだと仮定した場合、

  • GTX1050 3.0 MONA/日(120円)
  • GTX1050Ti 3.4 MONA/日(136円)
  • GTX1060 7.0 MONA/日(280円)
  • GTX1070 10.8 MONA/日(432円)
  • GTX1080 14.3 MONA/日(572円)
  • GTX1080Ti 17.4 MONA/日(696円)

となります。円換算は1MONA=40円で計算してます。最新の価格は取引所で確認してください。

電気代を無視した場合、コスパがいいグラフィックボードはどれ?

電気代を考えず、最もコスパがいいグラフィックボードはどれなのかを考えてみます。

各グラボの価格は以下の通り(ギガバイト製、記事執筆時点、目安)

※税込み。リンクはAmazonです。最新の価格はリンク先を参照ください。
※他のメーカーならもう少し安いものがありますが、メーカーを統一した方がわかりやすいので僕が好きなギガバイトを例にしました。

製品1円あたりに掘れるモナーコイン量(1日)をグラフにすると、このようになります。電気代を無視すれば、GTX1060が最もコスパが良いことがわかりました。

ただ、この比較は現実的ではありません。

実際には電気代がかかります。基本的に下位のグラボを複数使うより、上位のグラボを1本を使ったほうが、電気代がかからず収益を上げやすいと思います。

その辺も計算してみましょう。

電気効率が優れるグラフィックボードは?

TDPを元に考えてみたいと思います。TDPが実際の電力とイコールになるわけではありませんが、目安としては十分でしょう。

  • GTX1050 75W
  • GTX1050Ti 75W
  • GTX1060 120W
  • GTX1070 150W
  • GTX1080 180W
  • GTX1080Ti 250W

※グラボ以外にもCPUやHDDの電力も発生するため、実際の運用ではこの数値より大きくなります。
※僕の環境では1050ti(ちょっとOC)+ Ryze 7 1700(アイドル状態)のPCで130W程度(システム全体)です。

電力1Wあたりに発掘できるモナーコイン量(1日)をグラフにしました。

やはり、基本的に上位のGPUほど電力あたりに掘れるモナーコインの量が多いようです。最も電力効率が良いのは1080で、1080Tiになると無理やり性能を引き出しているためなのか若干効率が落ちています。

なので、電気代を抑えつつたくさんのモナーコインを発掘する場合はGTX1080が最も優れていることがわかりました。1080を買う予算が無いよという方は、電力効率の比較的良いGTX1070が良いと思います。



何ヶ月掘り続ければ利益がでるのか?

いちばん重要なのはココだと思います。何ヶ月掘り続ければ、グラフィックボード代を償却できて利益が発生し始めるのか?です。

計算条件は以下の通りとしました

  • 10MH/sあたり3MONA/日掘れる
  • 製品価格は上記で示したギガバイト製目安価格
  • 電力量はTDP×1.5倍
    (GPU以外の電力もかかるため)
  • 電気代は1kWhあたり27円
    (全国家庭電気製品公正取引協議会が定める値)
  • 1Mona=40円
    (2017年6月13日時点の価格)

GTX1080の購入費を償却するのに6ヶ月かかる

最も電力効率に優れる1080を使ったとしても、購入費を償却するのに、6ヶ月以上かかります。

また、1050系は正直コスパ的に微妙で、最低でも1060以上が必要なのこともわかりました。かなり厳しい現実ですが、掘り続けることで、いつかは利益を出せることが分かっただけでも収穫でした。

多くの人が将来的な値上がりを期待してモナーコインを発掘しているので、この結果でも結構魅力的に感じる人は多いはずです。電気代分は最低でも回収できますからね。

僕は結構魅力的だと思いましたw

【NEW】モナーコイン収益計算表(Excel版)を公開しました。あなたの条件に合わせて計算してみてくださいw

モナーコインの価値が変化した場合のシミュレーション

おまけで、モナーコインの価格が30円~200円のパターンも計算しました。

ただし、価値が上がると採掘者が激増して、発掘難易度が上がります。なので、今のうちにホリホリして、将来的に価値が上がるのを期待するのが現実的かな。

どちらにせよ、買うならGTX1080ですね。

↓ 激安なGTX1080

↓ 有名メーカーのGTX1080

関連記事:【モナーコイン採掘】グラボ別ハッシュレートまとめ(随時更新、情報求む!)

スポンサーリンク
 

8 件のコメント

  • モナーコインの価値が上がっているので、僕の場合は前よりも収益性は良くなってるけどなぁ・・・

  • 試しにやってみましたがコメントした時点だと同一ハッシュレートで掘れるコインは×0.6ぐらいですね。
    全然悪くはないですね。

  • 1080使って51MH/s出てますが同じく1時間0.15モナぐらいですね
    どうやらdifficultyがかなり上がっているようです

  • 一時的にはその程度まで下がることはあると思いますが、平均すればもう少し高いと思うだけどね。

  • 1080で0.15モナ/hは低過ぎると思いますね。
    私は970でPowe Limitを55%まで落として20MH/sで掘ってますが、0.1弱モナは掘れてます。
    アプリのバージョンが古いとかでは?

  • コメントを残す