僕がフルサイズミラーレス「SONY α7Ⅱ」を買わなかった5個の理由

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

ツイッター上でソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7II」を買うと宣言しておきながら、結局買うのをやめました。

α7Ⅱは2014年12月に発売されたモデルで、そろそろモデルチェンジが噂されていることもあり、凄く値段が下がっています。ほぼ底値と言ってもいいほど安いです。

しかも、キャッシュバックキャンペーンをやっていて「α7Ⅱ」のボディ単体なら2万円が返ってきます。ここまで安いフルサイズカメラはα7Ⅱくらいです。買うなら絶対に今です。

でも、悩みに悩みまくった結果、買いませんでした。なぜ買わなかったのか?いくつか理由があるので紹介します。


スポンサーリンク

1.シャッター音が微妙だった

ヤマダ電機で実機を触りまくってきたのですが、シャッター音がイマイチでした。一般的な「カシャ」という音ではなく、少し高めの「ピシャ」みたいな音。

実際の音は以下の動画が参考になります。動画で見るより実機はもっと微妙な音に聞こえます。

【参考動画】

シャッター音は性能に影響する部分ではないため致命的な問題ではありません。でも、やっぱり良い音がしないと写真を撮影している気分にならないんですよね。

APS-C機のα6000シリーズは凄くいい音がするだけに残念です。

2.EVFがイマイチだった

店内にある他社製ミラーレスカメラも含めて、片っ端からファインダー(EVF)を覗いてみたのですが、α7のファインダーが一番イマイチでした(オリンパスのEM1 M2が一番見やすかった)

EVFのサイズ感や接眼したときの感触は凄く良いのですが、バックライトが暗いんですよね。輝度をマニュアルで最大に設定しても他社製に比べて非常に暗く感じました。

それが自然な明るさなのかもしれませんが、僕の好みではありません。α6000シリーズは凄く明るいのに、なぜ?

僕は基本的にファインダーで撮影するので、EVFに不満があるモデルは買いたくなかったです。


スポンサーリンク

3.レンズが高すぎて買えない

SONYのレンズはめちゃくちゃ高いです。社外品があまりないため純正しか選択肢がありません。

Eマウントは歴史が浅いため中古価格も新品と大差ないです。

1本くらい高いレンズを買っても良いですがその後が続きません。使用頻度の低いレンズは社外品や安い中古品を買いたいのですが、それがSONY Eマウントだとできません。

キヤノンやニコンだと、発売から時間がたっている古いレンズの中古価格がめちゃくちゃ安いです。新品の半額以下で買える場合もあります。

僕がほしいEマウントレンズをあげると・・・

【F4通しの標準ズーム】

このレンズはあまり評判が良くない。

F2.8通しはあまりにも高すぎます。社外品がないため、選択肢がありません。

【物撮り用のマクロレンズ】

これは最廉価グレードなので安いです。SONYにはこういった安いレンズが少ないんですよね。

【望遠レンズ】

発売前。定価32万円。

鳥や飛行機を撮りたいので、100-400のズームレンズが欲しいですが絶対に手が出ない価格です。

ニコンやキヤノンの一眼レフでも純正品は高いですが、評判のいいSIGMAやタムロンの社外品が10万円以下で買えます。

↑はニコン用。Eマウント向けの社外品望遠ズームレンズは存在しないんです。

 

こんな高いレンズを何本も買える人は金持ちだけ。僕には10万円以上のレンズを買う余裕はないです。

4.マクロに強い標準ズームレンズが存在しない

僕はブログ用に物撮りすることが多いのでマクロ性能が高いレンズが必要です。当然、マクロレンズを買えば良いのですが、使い勝手を考えると標準ズームレンズでマクロ撮影できると最適です。

ニコンやオリンパス、キヤノンには簡易マクロができる標準ズームレンズがありますがSONYのEマウントにはマクロ性能が高い標準ズームがないんです。最大撮影倍率は0.2倍程度が最大です。

僕は現在ニコンの最大撮影倍率0.5倍の標準ズームレンズ(僕は神レンズと呼んでいる)を使っています。この便利さを知ってしまうと、最大撮影倍率が低いレンズなんて使えません。

【参考記事】

【マクロに強い】ブツ撮りに最適なニコン用標準ズームレンズ AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF

5.APS-Cのα6000のが良いのではないか?

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000 B

店頭でα6000(APS-Cセンサー)も使ってみたのですが、α7シリーズよりもサクサク動作して連射も速いです。

センサーが小さいため、本体やレンズもα7に比べてかなり小型でした。大型で見やすいファインダーも付いています。

APS-C用のレンズはフルサイズ用に比べて安価なので僕みたいな貧乏人でも買えます。

正直、α7よりもα6000の方が良いかもと思い始めています。

画質に関しても、ブログで使うような写真ならフルサイズでもAPS-Cでも大差ないです。僕が使っている旧機種の「NEX-F3」でも十分綺麗です。

NEX-F3はファインダーがないため、外で使えないという欠点があります。なのでファインダー付きのα6000に買い換えようかなぁと本気で検討してます。

α6000は安いしキャッシュバックも受けられる

α6000のいいところは手頃な価格です。6万円前後でボディ単体が買えてしまいます。

しかもキャッシュバックキャンペーンをやっているので、ボディや電動ズームキットなら5000円、ダブルズームキットなら1万円のキャッシュバックが受けられます。

僕はNEX-F3で使っているレンズが使えるのでボディ単体が欲しいです。広角ズームレンズも欲しいかな。

【参考記事】

【ソニーEマウント】レンズキットの次に欲しくなる広角レンズまとめ

スポンサーリンク
 

コメントを残す