【小尾瀬】群馬県赤城山「覚満淵」に行ってきたぞ!季節外れだったけど

糖質制限ダイエット(崩壊気味)中のヨシダです。

皆さんは尾瀬って行ったことあります? 群馬・福島・新潟にまたがる超有名な高原(湿原)で、僕の家からもそれほど遠くないので一度行ってみたい。

でも、尾瀬ってそう簡単に行けるようなところじゃないんですよね。駐車場(もしくはバス停)から、湿原まではかなり歩かないとダメ。日帰りで行ける簡単な散策コースでも4~6時間もかかるそうです。

尾瀬は気軽に立ち寄って1~2時間散策するような場所じゃないんです。太っている僕には4~6時間も歩く体力がない(関節がぶっ壊れる)のでいけません。

関連記事


スポンサーリンク

通称「小尾瀬」と呼ばれる覚満淵に行ってきた

尾瀬には行けないので、代わりに通称「小尾瀬」と呼ばれる「覚満淵(かくまんぶち)」に行ってきました。「覚満淵」は群馬県前橋市の赤城山にある湿原です。

湿原というのがどんなところなのか興味があったのと、ダイエットのために歩くのにちょうどいいかなぁと思って訪問しました。

覚満淵の近くまで車で行けるぞ!無料駐車場あり

覚満淵の近くまで車でいけます。2車線の山道を30分以上登り続けて「赤城公園ビジターセンター」がある駐車場に車を止めました。無料です。

(路線バスが走ってるので、前橋駅からバスで行くこともできます)

イニシャルDにも登場する場所なので、走り屋みたいな車やバイクがたくさん走ってました。道路はドリフトしたようなタイヤ痕が大量についてました。スポーツカーが大量に走ってましたよw(駐車場にもタイヤ跡がついてますね)

土曜日に行ったのですが駐車場がかなり広くて余裕で止められました。

ここには

  • 観光案内
  • ちょっとした売店(軽食類、お土産)
  • 自販機
  • 公衆トイレ

があります。売店は15:30までなので注意。トイレは売店の外にもあるので閉店後も使えます。

覚満淵の入り口は駐車場すぐ横にあります。

鹿避けの柵がありました。扉を開けて入ります。少し歩くと、直ぐに覚満淵が現れます。


スポンサーリンク

覚満淵の散策道は1周30分程度

思っていたよりも小さい池でした。周囲は800mくらいとのこと。

散策道が整備されていて、最短ルートを歩けばだいたい1周30分程度。僕は写真を撮りながらゆっくりと歩いたので1時間くらいかかりました。

水は透き通っていて、感動するくらいキレイでした。

時季外れだった

5月に新緑と聞いていたのですが、残念ながらまだ緑にはなってませんでした。6月になるとレンゲツツジが咲くそうです。秋の紅葉も見どころ。

完全に時季外れですねorz 覚満淵に訪れようと思っているなら、6月以降にしたほうが良さそうですよ。

ちょっと残念ですが、主目的はダイエットなので気にせず歩きました。

急な坂道もなく気軽に散策できて気持ちよかったです。30分~1時間で歩ける距離もちょうどいいですね。3~4時間もあるくと嫌になっちゃいますから。

ちなみに、全ての道が木道で整備されているわけではないです。雨が降った直後は注意。

鳥観察小屋

高台に鳥観察小屋がありました。

池が一望できるのかなぁと思ったのですが、木が邪魔でよく見えませんでした。


スポンサーリンク

大沼に繋がっている

覚満淵は、小さな川ですぐ近くにある大沼(湖)につながっています。600mしか離れていないので歩いていけます。

そちらにも、駐車場や散策道が整備されているので、覚満淵を散策した後に訪れると良いと思います。大沼の散策道は1時間程度で周れるそうです。

巨大なレンズを付けたカメラマンが大量にいたので、鳥とかたくさんいるんじゃないかな?

僕は、う○こがしたくなってきたので、大沼には行かずに急いで帰りましたがw

スポンサーリンク
 

コメントを残す