Canon製デジカメで作られる「EOSMISC」や「CANONMSC」フォルダーとは?

キヤノン製デジタルカメラを使うとSDカード内に「EOSMISC」や「CANONMSC」やと言う謎のフォルダーが作られます。

このフォルダーは何なのか気になったので調べてみました。

EOSMISC・CANONMSCフォルダー

EOSMISCの中には変なファイルがある

s-dCB_0002

EOSMISCフォルダを開いてみると、私のカメラの場合ですがM2100.CTGと言う謎のファイルが保存されています。1KB位の小さなファイルですが、テキストエディタでも開けないのでなんか特殊な形式で保存されています。

正直なところ、EOSMISCがあると間違えて開いてイラッとすることがあります。できれば消し去りたいわけですが消しても消しても自動的に作られます。うっとうしい限りです。

EOSMISCとは何ぞや?

s-dCB_0003

色々と調べてみると、取扱説明書に書いてありました。

  • カメラが【DCIM】フォルダ内の画像を管理するためのファイルが入っています

とのことです。

良く分かりませんが、カメラが写真を管理するために必要みたいです。作成されない様にすることはできないみたい。

邪魔だけど諦めるしかないみたいです。

ちなみに、消しても大丈夫ですが、カメラにSDカードを指すと直ぐにEOSDCIMフォルダーが作られるので、あまり消しても意味ないです。

ちなみに、MISCフォルダーは?

s-dCB_0004

SDカードの直下に作成されるMISCと言うフォルダーもあります。これはキャノンだけではなく多くのデジカメで自動的に作成されるものだと思います。

このフォルダーにはDPOFと呼ばれる写真の印刷条件が保存されています。カメラのメニュー画面から、各写真の印刷サイズや枚数を事前に設定しておいて、カメラ屋さんにもっていけばその情報を読み込んで印刷してくれるというものみたいです。

DPOF (Digital Print Order format) は、デジタルカメラ利用者がメモリーカード内の画像のうちどれをプリントするかといった情報を指定できるようにしたフォーマットである。同時に、コピー数、用紙サイズ、タイトル、その他の情報も画像毎に対応付けることができる。

DPOF は一般にメモリーカード内の特別なディレクトリにテキストファイル群として格納されている。デジタルカメラのメニューモードを使ってこの内容を操作できる。メモリーカードをDPE店に持ち込んだり、DPOF互換プリンターに挿入したときDPOFの情報が利用される。

DPOF はカメラおよびプリンター製造企業のコンソシアムによって開発された(キヤノン、コダック、富士フイルム、パナソニック)。最初のバージョンは1999年にリリースされ、2000年7月にバージョン 1.10 がリリースされた。最新版では、「マルチイメージプリント機能」、「サイズ指定プリント」、「画像送信」、「自動再生」といった機能が追加されている。 ウィキペディアより

そんな機能があるなんて知らなかったんですが・・・いまどき使う人なんているのだろうか?正直、私は使わないので個人的に削除してほしい。無駄なフォルダができるのは間違えの元でイライラしますからね。

スポンサーリンク
Canon製デジカメで作られる「EOSMISC」や「CANONMSC」フォルダーとは?
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク