見た目がユニークで斬新な自作PCケースまとめ(2017年版)

【AMD Ryzenで自作PC】オススメ構成とパーツを考えてみたという記事でお伝えしたとおり、次期メインPCにロマンある煙突型PCケース「SilverStone Fortress SST-FT03」を使うことを決めました。僕は普通のミドルケースはあまり好きではなく、斬新なマイナーなケースを使うことが多いです。

過去にも、MAC Pro風のゴミ箱ケースキューブ型ケースなどを使ってきた歴史があります。

ミドルタワーケースを使った自作では難易度が低すぎて面白みがないと思いっていて、組付け性・整備性の最悪な小型で変な形状をしたPCケースにロマンを感じる僕なのです。変な形状をしたケースは、パーツ選びにも制約がでるし、選択をミスると取り付かないという事故も発生します。でも、それを考えるのが逆に面白いですよね。

実は次期メインPC構成を考える中で、様々なロマンあるケースを大量に発見しました。それらをまとめて紹介して見るので、少し変わったPCケースを使ってみたいなぁという変態さんの参考になればと思います。



スポンサーリンク

アビー AS Enclosure RS07(Mini-ITX)

アビー abee PCケース AS Enclosure RS07 省スペースMini-ITXケース ブラックアルマイト ASE-RS07-BK

スイッチやLED、ヘッドホン端子、USB端子などもない美しいフラットデザインのケース。実用性よりも見た目を重視した超カッコイイケースです。

Mini-ITXのマザーボードに対応し、ハイエンドビデオカードも搭載可能。超高性能なPCを組み立てることもできてしまいます。

PCケースには珍しい日本製で質感も上質。価格が高いのが欠点です。

Crystal 570X RGB CC-9011098-WW

Corsair Crystal 570X RGB ミドルタワー型PCケース 4面に強化ガラスパネル採用 CS6724 CC-9011098-WW

4面が強化ガラスでできていて、内部がスケスケなPCケース。

LED内蔵ファンやテープタイプのLED、LEDを大量に搭載したゲーミングマザーボード等を使って、ピカピカ光りまくる超派手なパソコンを目指してみるのも面白いんじゃないかな?

ただ、注意事項として、ホコリで汚らしくなるという問題があります。実は僕も以前スケスケケースを使ったことがあるのですが、長期間使っていると内部にホコリが溜まってきて汚くなってしまいました。定期的にメンテできる人以外はやめておいたほうが無難です。



スポンサーリンク

SILVERSTONE SST-FT03

SilverStone Fortress 黒 煙突型 SST-FT03B

僕の次期メインPC用に選んだ煙突型ケース。写真で見るとコンパクトなケースに見えますが、MicroATXマザーボードに対応したケースなので、かなりデカイです。

拡張性も優れていて、HDDも大量に搭載できるし、スロットインタイプの光学ドライブやフルサイズのビデオカードも搭載できてしまいます。

拡張性は下がりますがMINI-ITX版の小型モデルもあります。

Core P5 CA-1E7-00M1WN-00

Thermaltake Core P5 壁掛け可能な魅せるオープンフレームPCケース CS5991 CA-1E7-00M1WN-00

スケスケケースを上回るのがコレ。オープンタイプのPCケースで壁掛けも可能となっています。

かなり上級者向けのケースで、パソコンパーツを使ってどれだけカッコよくデザインするかが求められます。これを使って本格的な水冷PCを組み立てる方も多いようです。

欠点は静音性。開放されているので、ファンの音がモロに聞こえてきてしまいます。実用的に使うには静音性の高いパーツ選びも求められます。

僕はデザインのセンスが無いので・・・使いこなせないです。

LIANLI PC-T60B

LIANLI ATXケース ブラック PC-T60B

Core P5同様にオープン型のケースです。

テスト用ベース(いわゆるまな板)ですが、あえて全部むき出し状態で使うのもカッコイイじゃないかと思います。



スポンサーリンク

SILVERSTONE SST-ML03B

Silver Stone Milo ML03 スリムHTPCケース ブラック SST-ML03B/B

ブルーレイレコーダーっぽい薄型ケース。拡張性が低く、組付け性も最悪ですが、コンパクトなパソコンを目指すなら面白いかも。

テレビ台に設置して、NetflixやYoutubeなどの動画配信再生用マシンにも使えそうですね。

ITC PI314

アイティーシー 円筒型のMini-ITXケース KT-PI314 黒鼓(Kuro-Tsudsumi)

MAC Pro風のケース。僕が以前使っていた斬新なケースです。

コンパクトなサイズなので、組付け性がメチャクチャ悪くて、組み立てに物凄く苦労した思い出があります。自作PCケースとしては、組み立て難易度が最高クラスです。

僕は無理やりCore i7を搭載したのですが、冷却性能の問題で、CPUファンが爆音を立てました。できるだけ低消費電力CPUを使ったほうが良いと思います。

赤もあります。

スポンサーリンク