激安ミラーレス一眼 PENTAX Q10の良いところ、悪いところ

tatuta

Amazonで17800円と言う激安価格で購入したミラーレス一眼PENTAX Q10。1週間くらい使ってみて良い点、悪い点が見えてきましたのでご紹介します。

PENTAX Q10の良い点

まずは良い点からご紹介しましょう。

【1】値段

私が買った値段はアマゾンのセールで税込17800円。2年の型落ち品ですので、たたき売り状態です。この値段で標準ズームレンズ付きなんですよ。ビックリです。

【2】設定ダイヤルが使いやすい

s-dIMG_4056

一応、ミラーレス一眼ですので、露出設定が豊富。前方のダイヤルでモード設定、手前のダイヤルで設定を変更できます。私は手振れを抑えるためにTvモードで撮影してます。

【3】フラッシュが付いている

s-dIMG_4058

こんなちっちゃいボディーでもフラッシュは内蔵です。コンデジと同サイズのセンサーですので、高感度時のノイズがひどいですから、フラッシュは必須です。設定で、フラッシュを収納しているときは光らない様にすることもできて便利です。

【4】サイズが小さい

s-dIMG_4065

ミラーレス一眼なのに、コンデジサイズ。写真より実物を見るとより小さく感じます。

ただ、レンズ交換式ですので、レンズが飛び出します。ポケットなどに入れて持ち運ぶなんてことは無理ですね。

PENTAX Q10の悪い点

【1】ズームリングの回転方法がキヤノンと逆

s-dIMG_4059

昔、PENTAX K-7を使っていたので分かっていましたがキヤノンとズームリングの回転方向が逆。CANON EOS 70DとQ10を併用しているので、結構イライラします。メーカーはそろえた方が良さそうです。

【2】広角時にレンズが伸びる

s-dIMG_4060

これが最大の広角時。

s-dIMG_4061

これが最大望遠時。

普通は望遠時に伸びるものですが、Q10の標準ズームは望遠時に短くなります。逆なんですよね。

【3】電池の持ちが極めて悪い

s-dIMG_4062

買う前からわかっていましたが、予想以上に電池の持ちが悪いです。このブログ用の写真しか取っていないのに1週間で4回も充電してます。

ちなみに、一眼レフのキヤノンEOS70Dは光学ファインダーなので電池の持ちが異常に良くて、1か月以上使ってますが、1回しか充電してません。

【4】SDカードが取り出しにくい

s-dIMG_4063

ふたが邪魔でSDカードが取り出しにくいです。私の場合は頻繁に出し入れするので結構イライラします。

まとめ

良い点も悪い点もありますが、結局2万円以下でレンズ付きミラーレス一眼が買えるのは驚異的です。

凄く満足しています。

スポンサーリンク
激安ミラーレス一眼 PENTAX Q10の良いところ、悪いところ
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします<(_ _)>
コメント欄は廃止しました。ご意見・ご感想はツイッターでお願いします。
関連コンテンツ
スポンサーリンク