ブツ撮り・商品撮影の背景(バック)は何色が最適なのか検証してみた

僕は商品レビューのために、ブツ撮り(商品撮影)を良くします。個人ブログ用なので、そこまでこだわって撮影しているわけでは無いのですが、もう少しクオリティーをUPしたいなぁとも思います。

一番悩んでいるのが背景です。いったい何色が一番いいのか?

ここ最近は赤色背景を使っているのですが、ちょっと派手な気もしているので、何色が一番最適なのか確認してみることにしました。



背景にはダイソーのフェルトを使います

背景に使う材料は、ダイソーで売っているフェルトです。マットな布なので、変な反射もしなくて、写真撮影に凄く最適だと思っています。

色の種類も多いし、100円と安価です。

僕は特別な撮影設備を持っているわけではないです。

照明は、LEDライトを天井にバウンスさせているだけです。これだけだと、変な影ができるので、ストロボも天井にあててます。

カメラの露出はマニュアルで固定。全部同じ設定で撮影しました。

色の暗い対象物の場合

まずは、マキタの電動ドライバーを撮影してみました。比較的、色が暗い対象物です。

赤は明るすぎず暗すぎずの色で気に入っているのですが、やはり派手すぎる気がしますね。

オレンジは派手ですが、赤よりも明るい色なので、暗い商品との相性が良さげです。

ただ、光の反射で商品がオレンジになってしまっている部分もありますね。少し当てる光が強すぎたかも。

茶色は落ち着いた感じで悪くないですが、商品が暗い色なので若干背景と同化してしまっています。

黒はやはりカッコイイですが、商品の黒い部分との境目が曖昧になってしまっていて、見やすい写真とは言えないですね。

黄緑は単純に好みじゃない。

薄ピンクは黒い製品との相性が良さげ。暗い商品には明るい背景が合っていそうですね。

青はイマイチ。色が濃い背景はダメ。

濃いピンク。見やすいですが、派手すぎますね。女性のブログなら良いかもしれませんが、おじさんのブログには無理があります。

最後にテーブルの木目を活かして撮影した場合。これが一番良い気もします。

 

傾向としては、暗い対象物の場合は明るい背景を使うと商品が際立ちますね。ただ、僕はあまり派手な色は好みではないので、茶色か薄ピンクあたりが好きです。

黒もカッコイイですが、境目が曖昧になりがちなので、灰色が良いかもしれません。



色が明るい商品の場合

次は明るい色の対象物の場合を検証してみます。

悪くない。商品が際立って見えますね。

オレンジは少し色が明るすぎる気がします。色が明るい対象物の場合は暗めの背景がマッチしそうです。

茶色もいいですね。背景が明るすぎないので、派手さがなくて良い。

黒はカッコイイ。一番好みです。

黄緑は明るすぎてちょっと派手かな、という印象。

薄ピンク。もう少し暗い色のが良いかも。あと、僕が使っているレンズの性能が悪くて、周囲の光量が落ちてしまってますね。こういった明るい背景だと、高級なレンズを使わないとダメかも。

(一応、F8まで絞っています)

青も悪くない。

濃いピンク。派手すぎてダメですね。

最後にテーブルの木目。やはり、木目が一番良いんじゃないかという疑惑がありますね。

 

明るい商品の場合は、背景が暗めだと商品が際立ちます。茶色か黒色が僕の好みでした。

まとめ

今回の検証でわかったことをまとめます。

  1. 明るい色の商品には暗い背景
  2. 暗い色の商品には明るい背景

が最適です。

ただし、あまりにもビビットな色(例えばピンク)は、避けたほうが良さそうです。商品よりも背景が目立っていまいます。

僕の好みだと、

  • 茶色(オールマイティー)
  • 黒(明るい色の商品)
  • 薄ピンク(暗い色の商品)

でした。

ただ、毎回同じ背景を使い続けるとサムネイル画像が全部同じような色合いになってしまうので、

  • 机の木目

も併用していきたいと思います。

スポンサーリンク