【レビュー】一人暮らしに最適なアイリスオーヤマの激安炊飯器!安いのに美味しいご飯が炊けるぞ!

土鍋でご飯を炊くのがカッコイイと勘違いして土鍋でご飯を炊いていたんですが、火にかける時間・蒸らす時間・吸水させる時間をタイマーで計りながら作らなければならず、正直毎日はやってられん。しかも、失敗することも多いし、ご飯がこびり付くから片付けも大変です。

なので、新しい炊飯器(電気式炊飯ジャー)を買いました!

アイリスオーヤマの激安炊飯器を購入!

本当なら10万円くらいする超高級炊飯器が欲しいのですが、会社をやめて無職になってしまったので贅沢はできません。できるだけ、安価で評価の高い製品を探しました。

いろいろ探した結果、Amazonや楽天のレビュー評価が良かったアイリスオーヤマの銘柄炊き(RC-MA50-B)をチョイス。

IHではなく昔ながらのマイコン式炊飯器ですが、その分安い!Amazonで7000円前後で売られています。Amazonのレビューも、200件以上付いていて★が4つ。これだけ評判が良ければ間違いないはずと思って買いました。

アイリスオーヤマって、大手家電メーカーをリストラされた社員を大量雇用して自社のオリジナル製品を開発していることで有名ですよね。だから、有名メーカーと大差ないクオリティーの製品だと思うんです。

デザインがカッコイイ!

付属品は計量カップ2つ(無洗米用と普通の米用)と蒸し料理用のザル。

電源コードは巻取り式ではなく磁石式でくっつくタイプです。

僕が前使っていたパナソニックの炊飯器は巻取り式でしたが、電源コードに足を引っ掛けてテーブルの上から落下してぶっ壊れました。

使い勝手は劣りますが、磁石式だと安心ですね。

この炊飯器の凄いところの一つがデザインです。7000円の激安炊飯器とは思えないほど質感が高いです。

角ばったシンプルなデザインだから安物感がない。これだったら見える場所に置いておいてもインテリア的に悪くない。

パナソニック製品のデザインをパクってる感はありますが・・・操作パネルもボタンが大きくて使いやすいです。

内部も複雑な形状をしていないので、お手入れは簡単そうですね。

お釜は最近流行りの厚釜です。厚さが3.1mmもあるので、結構な重量感です。

お手入れ(洗うパーツ類)

洗うパーツは一般的な炊飯器と全く一緒です。釜以外に内蓋と上記キャップを洗えばOK。

5.5合炊きなので、お釜も含めて全部食洗機で洗えるのでお手入れは楽ですね。

4合を炊いてみる

いちばん重要なお米の炊き具合をチェックしていきましょう。

今回は近所のスーパーで900円/2kgで買ってきた無洗米(あきたこまち)を炊いてみました。

4合分を規定量で炊き上げます。

この炊飯器は銘柄ごとに炊き分ける機能があります。

銘柄を選ばなくても炊けますが、せっかくなのであきたこまちを選択。無洗米の標準コースで炊飯開始です。

ちなみに、標準コース以外に省エネ(少しだけ節電)と早炊き(吸水時間を省いて高速炊飯)があります。炊飯時間は標準コースで約50分、早炊きコースで約30分です。

当然ですが普通に炊き上がりました。

梅干しと豚汁でいただきました。

ご飯の味は悪くないと思います。若干硬めの仕上がりで僕好みです。凄く美味しいです。

学生時代に一人暮らし家電セットについてきたSANYOの安い炊飯器を使っていましたが、あれは炊きあがりがビチャビチャ美味しくなかったです。でも、この炊飯器はそんなことはなく、しっかりと炊けていました。

パナソニックのIH炊飯器(1万5千円くらいの安価な製品)と比べても大差ないです。IHじゃないとご飯が美味しく炊けないと思い込んでいましたが、昔ながらのマイコン式でも十分美味しく炊けるですね。

7000円でもここまでご飯が美味しく炊けるので、10万円の炊飯器が気になります。どれくらい味が違うのか?感動するレベルで旨いのか?

いつかは高級炊飯器を買って試してみたいですね。

4合も炊いた理由は冷凍保管するためです。一人暮らしなので毎日ご飯を炊くのは手間ですから。

1合だけ炊くとおいしくなかった

少ない量でも美味しく炊けるのか興味があったので試しに1合だけで炊いてみました。

もちろん、普通に炊き上がりましたが、水が多すぎたのかベチャベチャな仕上がりで、あまり美味しくありませんでした。

5.5合炊きと3合炊きでほぼ同じ値段だったのでデカイ5.5合炊きを買いましたが、少量ずつ炊くなら小型な3合炊きの方が良いかもしれません。

一人暮らしなら3合炊きですね。家族で使ったり、僕みたいにご飯を冷凍保管する場合は5.5合の方が良いと思います。

 

↓ 僕が買った5.5合炊き

↓一人暮らしに最適な3合炊き