【レビュー】ワイヤレスイヤホンなら「SONY MDR-EX31BN」がオススメだぞ!

ワイヤレスイヤホンを新調しました。

今までは、中華イヤホン(SoundPEATS Q12)を使っていたのですが、音質的には何ら不満がなかったものの電池の持ちがあまり良くありませんでした(3~4時間程度の電池持ち)。

なので、もう少し電池の持ちがいい製品が欲しくてSONYの「MDR-EX31BN」を買いました。ノイズキャンセリング付きのBluetoothイヤホンで価格は8000円前後。ノイズキャンセリング付きのワイヤレスイヤホンとしては最廉価クラスの製品です。

周囲の音を98%軽減するのが売り。

BluetoothはAACとaptXの両方に対応しているので、AndroidでもiPhoneでも高音質な音で楽しめます。

僕は以下のUSBレシーバーを使ってデスクトップPCで使います(aptX対応)。

本体の他に

  • 充電用microUSBケーブル
  • S・M・Lのイヤーキャップ
  • 取扱説明書類

が付属。

ボタンは電源ボタンの他に

  • 曲の送りボタン
  • 音量ボタン
  • ノイズキャンセリングのON/OFFボタン

があります。



microUSBで充電できるのがGOOD

僕的にはかなり重要な要素が充電端子。

このモデルはスマホの充電に使われているmicroUSB端子なので、スマホの充電器・ケーブルで充電できます。

ケーブル類を共用できるのは凄くありがたいです。

本体とイヤホン部は分離式

本体とイヤホンは分離式なのも特徴的です。

ノイズキャンセリング機能を使うためには付属イヤホンを使用する必要がありますが、市販のイヤホンも使えます。付属品以外を使った場合はノイズキャンセリングが効きません。

音質が気に入らなかたり、断線したときなどに、市販品を使えるのは安心ですよね。

また、電池がなくなった場合には、直接スマホなどに繋いで有線イヤホンとしても使えます。



音質はそこそこ良い

2週間位使っているのですが、音質はそこそこ良いですよ。変に重低音が強いこともなく自然な音質で好印象です。

何万円もするイヤホンにはかなわないと思いますが、音響マニアでもない限りは十分満足できる音質だと思います。

ノイズキャンセリングは超強力

ノイズキャンセリングはかなり強力です。さすがはソニー。

洗濯機の音、冷蔵庫の音、自動車のエンジン音など、かなり小さくなります。音の種類によっては、全く聞こえなくなることも。

明らかな効果を実感できるほど強力でした。ノイズキャンセリングをONにすると音質が悪くなるということもなかったので常時ONで使っています。

欠点はホワイトノイズ。音楽などを流していれば全く気になりませんが、静かな環境で無音状態だとサーというノイズ音が聞こえます。物凄く小さい音ですが、気になる人は気になるかも。

もちろん、ノイズキャンセリングをONにすればホワイトノイズはなくなりますよ。

電池駆動時間

僕が使っている限りではノイズキャンセリングON状態で6時間以上は連続駆動できています。今のところ電池切れで困ったことはないですね。

モバイルバッテリーでも充電できるので、外出先でも困ることはなさそうです。

ちなみに充電しながらは使えません。充電しながら使えたらより良かったんですがね・・・。



まとめ

電池の持ちもいいし、音質も悪くない。ノイズキャンセリングも強力。そして安い!

ほんとに買ってよかったなぁと思う製品でした。

今ではほぼ毎日愛用しています。

Bluetooth式のワイヤレスイヤホンが探しているなら「MDR-EX31BNを買っとけば間違いない!そんな製品です。

スポンサーリンク