【DIY】PCモニター上に棚を自作!デスク周りをスッキリと整頓できたよ!

僕のパソコンデスクはブログ更新や事務作業以外にも食事用のテーブルとしても使ってます。

なので、醤油やソース、胡椒などのよく使う調味料類がデスク上に散乱してしまうことが多いのが悩み。調味料を置く場所がないんですよね。

そこで、PCモニターの上に調味料類が置ける棚をDIYしてみました。いわゆる、ディスプレイボード、机上棚、デスク棚などと呼ばれるものです。

モニター上のスペースが有効活用できていない

僕のパソコンデスク周りはこんな感じです。左下に写り込んでいるのが普段使っている調味料や紙コップなど。メッチャ散らかっているでしょ。

置く場所がないから、どうしても机の上に置きっぱなしにしてしまうんですよね。よく使うから、台所に戻すのも面倒。

どこに置こうかなぁと思ったんですが、使いにくい場所だと使わなくなってしまうので、パソコン・モニター上部に棚を設置することにしました。

無駄にスペースが空いているのでちょうどいい。ここを有効活用したいと思います。

安いSPF材で作る

材料は近所のホームセンターで調達。安いSPF材をチョイス。SPF材は寸法が規格化されているので扱いやすいです。

厚みは

  • 19mm
  • 38mm

幅は

  • 19mm
  • 38mm
  • 63mm ・・・

と19mm間隔であり、僕のよく行くホームセンターだと286mm幅まで売ってます。

長さは

  • 6ft(1828mm)←標準
  • 3ft(914mm)

があります。もっと長いのもありますが、僕のワゴンRには1828mmが限界です。

規格化されているから、どこで買っても同じ寸法の木材が手に入ります。作った棚を後で改造するときなどにも楽です。

 

今回は木材のカットをしたくなかったので

  • 19mm×38mm×914mmを4つ
    1枚260円
  • 19mm×235mm×914mmを2つ(後で1つ追加)
    1枚600円

を買いました。カットせずにそのままの寸法で使うのでカット代がかからず安上がりです。

金具を使った

組み立てには金具を使いました。この方が位置出しが簡単で楽です。

ただ、1個100円くらいするので高コストなのが欠点。

木材割れる

金具だけだと強度不足なので、サイドから木ネジを締め込んだんですが・・・木が割れました。

メンドイから下穴を開けずにインパクトドライバーで一気に締め込んだら、こんなことに。SPF材は特に割れやすい気がする。

予備の木材が無いので、木工用ボンドで接着。

固定用の工具で思いっきり挟んで乾燥させました。

以外にも木工用ボンドは強力で、これで十分って感じにくっつきました。

下穴を開けなかったために、余計面倒なことになったので、今後は木材の端にネジを締める時は下穴を開けることにしようと思いました。

仮設置。いい感じ。

ニスは刷毛塗り

今回は組み立てた後にニス塗りしました。

でも、これは大失敗。凄く塗りづらかったです。やはり、組み立てる前の木材単体でニスを塗ったほうが良いです。

あと、刷毛塗りもダメ。いつもはローラーで塗っていたんですが、刷毛で塗ったほうがキレイに仕上がるんじゃないかと思って試してみたものの、ムラができるし時間がかかる。

刷毛だと厚塗りができないから、何回も重ね塗りしないと濃い色にならなかったです。ローラーなら1回塗るだけで結構分厚く濡れるので重ね塗りが必要最小限で済みます。

もう1段追加

さっそく完成した棚をPCモニターの上に設置したんですが、棚の数が足りていなくて不格好な気がしてきました。

なので、もう1段追加することに。

追加の木材を買ってきて、横からネジ止め。

規格サイズの木材をそのまま使っているのでカット不要。素晴らしい。

あと、組付けミスで一本の脚だけ長さが合っていなかったので、フェルトシートを2枚重ねして調整しておきました。

いい感じに仕上がりました

完成した棚に調味料や小物類を設置。結構いい感じじゃないですか?

市販品だとキングジムのディスプレイボードが人気ですが、やっぱり自分で作ったほうがぴったりサイズにできるからDIY最高ですよ。

ただ、まだノウハウ不足なのでクオリティーは微妙な感じ・・・。もっといろいろ作りまくって技術を上げたいですね。