【群馬の観光地巡り】巨大な高崎白衣大観音を見に行ってきたよ!

群馬県に引っ越してきて6年が経ちましたが、群馬県内の観光地に一切行ったことがありません。実際に住んでしまうと、近所の観光地に旅行なんて行かないですよね。

でも、せっかく群馬県に住んでいるんだから有名な観光地くらいは行ってみたいなぁと思うわけ。退職した直後で暇を持て余しているので、群馬県内の観光スポット巡りをすることにしました。

第一弾は、前々から気になっていた高崎白衣大観音へ。観音山の山頂に立つ42mの超巨大観音像。国道17号沿いから見えるので、前々から一度は行ってみたいなぁと思ってました。


スポンサーリンク

駐車場がよくわからず迷う

自宅から40分位の場所にある高崎白衣大観音。カーナビに目的地をセットして出発したんですが、駐車場の位置がよくわからず迷ってしまいました。観音山周辺は公園などもあって、どの駐車場に止めるのが一番近いのかよくわかりませんでした。

イニシャルDで出てきそうな山道を30分位さまよい続けてしまいましたorz

結局、「つけもの処 旬彩」というお土産屋さんの駐車場に止めました。

駐車料金は有料で500円。駐車料金はお土産を買うと500円引きしてくれるので事実上タダでとめられました。

一応、ここが観音像から一番近い駐車場らしいです。観音像のあるお寺まで2~3分の距離でした。

Google マップ

予想以上に巨大な観音像だった

「つけもの処 旬彩」の駐車場から、少し歩くと直ぐに観音像が見えてきました。第一印象は思っていたよりデカイ!

お土産屋さんもあって、完全に観光スポットですね。

桜の時期になると、一面がピンク色になってキレイらしいです。でも、今は季節外れ・・・。

少し歩いて観音像の真下まで行ってみました。

あまりにもデカすぎて、写真に収めるのが大変。それくらいデカイです。

1936年(昭和11年)に建設された鉄筋コンクリート製の観音像で、高さが41.8メートル、重さは5,985トン。建立当時は世界最大の観音像だったそうです。国の登録有形文化財とのこと。

観音像の目の前には慈眼院という寺院がありました。


スポンサーリンク

観音像の中に入れる!

有料(300円)ですが巨大観音像の中に入ることができます。

観音像の中には20体の仏像が安置されています。

かなりカラフルな仏像でした。

仏像の内部構造としては、9層に分かれていて、各層に仏像が安置されています。頂上までは階段が146段もあるので結構しんどいです。

仏像以外には、観音像の建築の様子を描いた写真が飾れていました。

仏像の頂上が予想以上にショボかった

高崎市内が一望できると聞いていたので、期待しながら階段を登ったんですが予想以上に頂上がショボかったです。

大展望が待ち受けていると思っていたんですが、こんな小さい窓が数個あるだけ・・・期待はずれ。

一応、窓から外を見てみたんですが、曇っていたこともあって、あまりキレイではなかったです。窓も汚くてあまり良く見えませんでした。

残念。

観音像以外にも

観音山周辺は観光スポットとして整備されているので、観音像以外にも見て回るスポットが結構あります。

散策コースのようにキレイに整備されているので、ゆっくりと見て回るのも良いかもしれませんね。

ただ、少し歩いて回った感じでは、一つ一つのスポットが離れていて、見て回るにはかなりの根性が必要かも。キツイ坂もあるので、僕は15分位歩いて断念しました。行くのは良いんですが、駐車場まで戻ってこれるか心配なので・・・


スポンサーリンク

まとめ

前々から気になっていた高崎白衣大観音に行ってきたわけですが、正直な感想を言えば微妙でした。観音像の中にはいれますが、銅像が飾られているだけで特に面白みも無いし、一番上まで登っても小さな覗き窓があるだけです。

観光スポットと言うよりは、大きめの公園といった感じでした。わざわざ遠くから訪れるほどでも無いですが、近所なら一度行ってみてもいいじゃないですかな。

高低差が激しいのでダイエットにもなりますよ

ちなみに、車を止めさせてもらったお土産屋さん(漬物屋?)で、群馬県産梅を使ったカリカリ梅干しと、高崎観音の金の重しを買いました。

金の観音像は1000円です・・・。本当はもっとデカイのを買いたかったんですが、あまりに高かったので一番小さいので妥協です。

こんな感じで飾っときました。金ピカだから小さい割に存在感がハンパないです。

スポンサーリンク