脱サラするために固定費を減らして生活費を節約する方法を考える

以前記事にしたように、僕は会社を退職することを計画しています。現状のまま会社に勤めて続けていても精神崩壊しそうなためです。

参考記事

退職してから直ぐに就職するつもりはないです。精神的ダメージを癒やす期間が必要なため、しばらくの間は貯金を切り崩しながら生活していく予定です。

出来る限り、貯金を長持ちさせるために、生活費の見直しを行なうことにしました。

固定費を削減するのがポイント

生活費には、毎月同じ額がかかる「固定費」と毎月変動する「変動費」に分けることができると思います。

  • 固定費:毎月同じ金額が発生する支出
  • 変動費:月によって金額が変動する支出

食費や被服費、趣味娯楽費などの変動費は、毎日の生活の中で発生する費用のため中々削減するのは大変です。常に節約意識を持ちながら生活していかないといけないため、どうしてもケチケチ生活となってしまいます。

一方で、家賃、保険費、通信費などの固定費は、一度節約するための努力を行えば、その後はずっと節約効果を継続できます。

なので、生活費を削減するために、まずやるべきことは「固定費」の削減となります。固定費をギリギリまで削減し、無理のない範囲で変動費を減らしていけば、ドケチ生活にはなりません。

固定費を削減する方法

僕が実施した(実施する予定)の固定費削減策について簡単に説明します。

※価格は僕がこの記事を書いたときに調べた金額です。価格変更されていたり誤りがある可能性もありますので、契約時には価格をよくチェックしてくださいね。

※金額は表記がない場合は税込みです。

1.インターネット代の削減

自宅にインターネット回線を引いている方は多いと思います。これが結構高額なんですよね。

僕の場合は

  • 光回線:フレッツ光 ギガプラン(ライトプラン、一戸建て)5832円
  • プロバイダー:インターリンク 1080円

合計6912円となります。

削減策1 光コラボレーションに変更する

僕が契約している光インターネットは昔ながらの光回線とプロバイダー(接続業者)を別々に契約するタイプです。これを今流行の光コラボーレーションに変更するだけで、かなり安くなります。

光コラボーレーションとは、光回線とプロバイダーをセットに契約する方式で、回線自体はフレッツ光と同一なので安心して使えます。

格安SIMみたいなものですね。

例えば、僕が狙っているエキサイト光の場合ですが、

  • 一戸建てタイプ:4708円/月
  • マンションタイプ:3629円/月

となります。僕の場合、2204円/月もの節約になります。年間にすれば26448円も節約できるので、是非乗り換えするのがおすすめです

しかも、エキサイト光のいいところは最低利用期間がなく、解約手数料もかからないんですよね。

詳細はエキサイト光の詳細ページをご確認ください。

削減策2 光回線からADSLに変更する

それほど、自宅のネット回線を使用しないなら、光ファイバーを辞めてADSLに変更するのも良いかもしれません。

光回線よりは速度や安定性が劣りますが、普通にネットサーフィンするだけなら必要十分な速度は出ます。

例えば、Yahoo!BB ADSL バリュープラン12MBの場合は

  • 固定電話がある場合 2034円/月
  • 固定電話がない場合 3365円/月

で利用できます。IP電話も月額料金無料(電話料のみ)で使用できます。

※工事費80円/月が別途必要です。

固定電話を自宅引いているのであれば、4878円/月(年間58,536円)もの大幅節約が実現できます。

ただ、ADSLはNTTの基地局から距離が離れると大幅に速度が低下するという欠点があります。近所に基地局があるなら、ADSLは安くて魅力的だと思いますが、僕みたいに基地局から離れたところに住んでいると、ADSLは無理です。

詳細はYahoo! BB【ADSL/光】お申込みのページからご確認ください。基地局の距離も調べられます。

削減策4 無線LANオプションを解約する

フレッツ光のプランを隈なくチェックすると、基本的に紹介されているプランは無線LAN親機が付属するプランです。

実はこの無線LANオプションがないプランもあります。WEBサイト上には全然書いてないので気がついていない人が多いですが、NTTに電話すれば教えてくれます(あからさまに無線LANがないプランを契約するのは嫌がられますが・・・)

価格差は税別300円だと思います(ネット上で確認できなかったので僕が契約したときの価格差です)

毎月300円払うくらいなら、安い無線LANルーターを買ったほうが安いです。

削減策5 自宅のネット回線を解約する

ほとんどスマホしか使わないというのであれば、自宅のネット回線を解約するのもありだと思います。パソコンはスマホのテザリング機能でネットに繋げば良いわけです。

僕の場合、Youtubeをたくさん見るため、自宅のネット回線は必要なので無理ですが・・・。

 

僕は削減策1の光コラボレーションへの変更を検討中です。

2.携帯電話代の削減

自宅のネット回線よりも高額なのが携帯電話代だと思います。最近はスマホ本体セットで1万円前後もかかりますから、家族が多ければ多いほど家計に厳しいです。

なので、今話題の格安SIMにサクッと変更しちゃいましょう。業者によって価格は様々ですが、最安クラスのDMMモバイルの場合は

090電話番号ありの場合で、

  • 税抜1140円~(高速通信なし)
  • 税抜1500円~(3GB)
  • 税抜2560円~(7GB)
  • 税抜4680円~(20GB)

と激安です。現在使っている090/080の電話番号もそのまま移管できます。

Youtubeなどの動画をそれほど見ないなら3GBプランで十分。税抜1500円~スマホが持てるのは凄く魅力的ですよね。

もちろん、データ通信は使い放題ですし、基本使用料も込みでこの値段です。こんなに安いから、みんな格安SIMに乗り換えてるんです。

 

詳細はDMMモバイルの詳細ページよりご確認ください。

SIMフリー端末はAmazonで購入するのがオススメ

格安SIMを使うためにはSIMフリーのスマートフォンが必要です。DMMでは大手携帯会社と同じ様に、スマートフォンの分割払い購入もできます。

ですが、面倒でなければAmazonなどでSIMフリー端末を買ったほうが安くていいと思います。

例えばですが、人気のSIMフリースマホは以下の値段で買えます。

僕が買うならHuawei P9 LITE かな。定番中の定番の機種で評判もいいですから、間違いないと思います。日本メーカー製は正直言って微妙です。量が売れないためソフトの作り込みが甘いですね。

ドコモ端末も使えます

ちなみにですが、DMMモバイルはドコモ回線なので、ドコモ端末もそのまま使えます。

iPhoneを使いたい場合は、ドコモ版iPhoneの良品中古を買うといいでしょう。ただ、iPhoneは中古でもかなり高いので、僕は上記で紹介したAndroidスマホの新品をオススメします。

僕は既に格安SIMに乗り換え済みです

僕は1年以上前にauから格安SIMに乗り換えました。auを使っていた時は1万円を超えていた携帯代が今では2000円台まで減らすことができていてすごく満足しています。

少しケチをつけるなら、お昼時の回線速度が遅いことですね。1Mbpsを下回ることも多くて少しイラッとします。使えないほど遅いことはないですが、もう少し改善してほしいです。

3.生命保険

死亡時や入院時に必要な生命保険ですが、これが結構な費用がかかっています。僕の場合は月額1万円以上の生命保険に入っています。

僕の生命保険は

  • 入院 5000円/日、ガン入院1万円/日(入院に伴う通院は0円)
  • 死亡 1200万円(60歳まで)、300万円(61歳以上)
  • これ以外の保証のないシンプルな保険(JA共済)

となっています。大学生時代に母親に強制的に加入させられたもので、年間14万円近く支払っています。

冷静になって考えてみると、相当無駄です。すでに、8年くらい支払い続けているので100万円くらいの保険金を支払った事になります。

単純計算で入院保障分の200日分に達します。普通に貯金から入院費を払ったほうが良いですよね。高額療養費制度もあるので、月に支払う治療費は8万円前後が上限になります。わざわざ高い保険を別途掛ける必要はなさそうです。

死亡保険についても、僕には扶養家族がいるわけではないので掛ける必要性が全くないです。子供がいて、自分が死んでしまうと家族が露頭に迷うというなら、かける価値がありますが、僕みたいな独身には金の無駄でしかありません。

よって、解約します。個人年金(年間12万円)や県民共済にも入っしまっているので、これも解約ですね。

4.自動車

僕が住む群馬県は公共交通機関が未発達なので自動車が必須です。車がないと生活できません。

都会でないので、自転車やレンタカー、カーシェアは絶対に無理です。なので、自動車をどれくらい安く維持できるかが勝負になります。

削減策1 軽自動車を選択する

自動車の維持費を減らすためには普通自動車ではなく軽自動車を所有するのが現実的です。

まず、法定費用(10年間)は

  • 軽自動車:277,850円
  • コンパクトカー:694,750円

となります。スイフトやビッツ、フィットなどのコンパクトカーは軽自動車の2.5倍も法定費用が高いです。

任意保険代も軽自動車の方が20%くらい安いですし、消耗品(エンジンオイルやタイヤ)も軽自動車は圧倒的に安いです。

本体価格も、一番安いスズキのアルトバンなら69万円と激安です。車体が軽いから燃費も抜群。

参考記事

僕は次に買う車はアルトバンの最廉価グレード(マニュアル車)と決めています。

削減策2 ネット通販の任意保険に乗り換える

任意保険はネット通販系に限ります。僕はネット通販に変更したら10万円以上安くなったことがあります(年齢制限無しの契約だったので凄く高かったんです)。

僕が現在契約しているのはSBI損保(ネット系)で年額36,720円です。

条件は

  • ワゴンR MH23S
  • ゴールド免許 本人限定 26歳以上 8等級
  • 車両保険あり
  • 対人対物 無制限
  • 搭乗者傷害保険 なし
  • 無保険車傷害保険 2億円
  • 他車運転特約
  • 弁護士費用保証特約
  • 対物差額修理費用保証特約

です。8等級、車両保険ありで3.7万円はかなり安いと思います。等級がさらに高ければ、もっと安いわけです。

SBI損保を選択した理由は価格。有名なネット自動車保険会社で見積を取って一番安かったからです。事故ったことないので対応の善し悪しはわかりませんが、ロードサービスを呼んだ時の対応は凄く良かったです。

更に安くするためには車両保険をなくすしかないですね。既に6年目のワゴンRで、エンジンから異音がしています。そろそろ車両保険はいらないかなとも思います。最悪事故ったら買い替えれば良いわけです。

5.家賃

無駄に高い家に住んでいませんか?

  • 木造
  • 駅から遠い
  • 時期外れに契約
  • 新築ではなく、築年数がたっている賃貸
  • 都会ではなく地方

を選べばかなり安いと思います。

僕のアパートは

  • 2K(キッチン8畳、6畳二間)
  • トイレ・風呂別
  • 木造
  • 駅から車で30分
  • 群馬県の田舎
  • 築20年以上

ですが、価格はたったの3万円(+管理費3300円)です。ちゃんと、新品のエアコン付いているし、カラー液晶付きドアホンもあります。駐車場も1台無料です。

ボロいですが、気にしなければ問題ないです。

安い最大の理由は駅から遠いからだと思います。高崎駅までタクシーで片道6000円もしますからね。でも、田舎なので駐車場代が1日500円くらいと安いので、自動車で駅まで行けばそれほど負担になりません。

6.NHK受信料

なにげに高いのがNHK受信料です。一番安価な1年払い・口座引き落としの条件で年間13,990円も取られています。

1年払いにする

NHK受信料は2ヶ月払い、半年払い、1年払いが選べますが、1年払いにすれば1130円も安くなります。

NHK受信料を支払うなら必ず年額払いにすべきです。

解約する

テレビを捨てればNHKを解約することができます。僕はテレビを数ヶ月間全く見ていないので、テレビをリサイクルショップに売ってきて、NHKを解約する予定です。

ただし、NHKのWEBサイトを見てみればわかりますが、解約する方法は書いてありません。NHK的にはテレビがない世帯などありえないという考えだからです。よくある質問にも解約方法については一切触れられていません。

解約するためにはNHKに電話して解約用紙を送って貰う必要があります。難癖つけて解約させてくれないこともあるようですが・・・。

テレビを撤去・処分した証拠の提出を求められるそうなので、売却や破棄したときの証拠を残しておきましょう。

7.新聞代

今時、新聞など不要です。即刻解約しましょう。

ニュースはネットやスマホアプリで無料で見られます。いちいち、読みにくい紙で読む必要など一切ありません。

8.電気代

固定費ではなくて変動費かもしれませんが、できるだけ省エネの機器を使うことで電気代を節約できます。

削減策1 LED照明に変える

家中の電球や照明をLED照明に変えてしまいましょう。

特に白熱電球は電気代が高いので、今すぐにでも交換すべきです。最近はLED電球の値段が下がっていて、気軽に交換できるようになっています。

シーリングライトも古いものを使っているようであれば、LEDタイプに交換しても良いかもしれません。

削減策2 エアコンの暖房を使わない

エアコンの暖房は凄く電気代がかかるし、あまり暖かくありません。灯油を買うのが手間ですが、石油ファンヒーターをつかましょう。

特にボロアパートに住んでいる場合はエアコン自体が古くて消費電力も大きいです。断熱性能もわるくて、エアコンでは全然温まりません。常にエアコンがフルに動作してしまうので電気代が相当高くついてしまう印象です。

また、できるだけ狭い部屋で生活した方がいいです。部屋が狭ければ狭いほど電気代がかかりません。