まだ無料ブログ使ってるの?僕がブログを自宅サーバーで公開し続ける5つの理由

ブログは腐るほどありますが、僕みたいに自宅サーバーでブログを公開する人は少数派だと思います。しかも、更新頻度が高くて、そこそこアクセスがあるサイトに絞ると数えるほどしかいないと思います。

少ない理由は、単純にコストがかかるのにメリットがあまりないからだと思います。普通にレンタルサーバー借りたほうが、信頼性が高いし安上がりです。

でも、なぜ僕はコスパの悪い自宅サーバーでブログを公開するのか?その点について少しだけ説明したいと思います。


スポンサーリンク

1.ブログの継続性を最大にしたい

僕が自宅サーバーでブログを公開する最大の理由がブログの継続性です。2年半もブログを続けていると、正直言って命よりもブログのデータが大切です。

相当な労力をかけて作り上げてきた「データ」が全て吹き飛んだら僕は生きていけないでしょう。何が何でもブログデータだけは消失させない様にしないといけません。

そのためにかかるコストはいくらでもかけます。

レンタルブログはありえない

はてなブログやアメーバブログなどのレンタルブログ(無料・有料問わない)は僕的に絶対にありえないです。

レンタル業者が定める厳しい利用規約に少しでも違反した時点で削除されても何も文句が言えませんし、いつサービスがなくなるかもわかりません。

画像データの容量制限も気になります。容量がなくなって写真が貼り付けられなくなったらお終いです。

もちろん、気軽にブログを書いているだけならレンタルブログでもいいでしょう。でも、マジでブログ運営しているなら絶対にやめたほうが良いと思います。

レンタルサーバー+WordPressも心配

「レンタルブログはありえない」と考えているブロガーは結構いると思いますが、僕はレンタルサーバー+WordPressという組み合わせも心配でした。

もちろん、エックスサーバーなど多くのブロガーが使っている有名なレンタルサーバーなら比較的安心して使うことができます。

データが消えない保証はない

でも、データが消えないという保証は一切ありません。実際に大手レンタルサーバー業者がメンテナンスミスで大量のデータを消失させてしまった事件もあります。その事件ではバックアップデータも全て消え去ったため、復元ができないサイトが続出しました。

自衛のために、自宅のPCにバックアップデータを保管すれば良いのですが、このブログのように写真が多いと、ネットワーク経由のバックアップは厳しいです。20GB近いデータがありますから、凄く時間が掛かかります。

FTPでダウンロードするにはファイル数が多すぎて既に不可能。SSHでファイル圧縮してからダウンロードしないとダメです。操作が面倒すぎて、バックアップなんてしなくなります。

定期的なバックアップなしでブログ運営するなんて怖すぎます。

自宅サーバーならバックアップが簡単

自宅サーバーならバックアップが簡単です。外付けHDDにバックアップもできるし、Google Drive等のクラウドストレージにバックアップを送ることもできます。

しかも、バックアップ処理の全自動化が可能です。毎日、アクセスの少ない深夜に自動でデータをバックアップしてくれます。HDDの容量が大きければ、世代バックアップも可能です。

一方で、安定性については怪しいです。24時間サーバーを監視できるわけではないので、サーバー停止した場合にはブログに長時間アクセスできなくなるリスクがあります。

でも、ブログデータさえ残っていればサーバーがぶっ壊れたとしても、なんとかなります。データさえ消えなければ何の問題ないわけです。

2.サーバーやネットワークに詳しくなれる

ブログ運営するにあたってサーバーやネットワークの知識を持っていたほうが有利です。WordPressを設置するのだって素人には難しいですから。

自宅サーバーを運営すれば、自動的にサーバーやネットワークに詳しくなります。いろいろとトラブルが発生しまくるので、僕の頭にはムダ知識でいっぱいです。

WordPressのサーバー移管も余裕でできるし、ブログデータが大きい場合のサーバー移転方法もわかります。

大体のことは全部自分でできるようになりました。


スポンサーリンク

3.WordPressの表示が早い

自宅サーバーは一人でサーバーを専有するためWordPressの表示が早いです。エックスサーバーを使っていた時に比べて、明らかに表示スピードがアップしました。

特に管理画面のサクサク感には感動を覚えます。

ブログの表示スピードは、ユーザー離脱率の低下や検索エンジンの評価アップにつながります。できるだけ速いサーバーを使うべきですが、共有型レンタルサーバーでは数十~数百人でサーバーを共有するため、誰かがバズったりすると急激に表示が遅くなることがあります。

僕が使っていたブロガー御用達のエックスサーバーですら、夜19時~23時の間は明らかに表示スピードの低下が発生していました。

自宅サーバーなら処理速度が足りなくなることはまずないです。CPU使用率を見ていても、アクセス数の多い時間でも10%程度しか使われていません。負荷が高くなれば、CPUを交換したり、サーバーを複数台用意して負荷分散しても良いわけです。

4.専用サーバーとしては圧倒的にコストが安い

専用サーバーをレンタルするとなると、月数万円+初期費用10万~20万円程度が必要です。個人運営のブログではコスト的に厳しい。

自宅サーバーは専用サーバーとしては圧倒的に安価です。

サーバー(数万円、普通のPCで良い)があれば始められます。パソコンと違ってOSがタダなので自作すれば安いです。家にいらないパソコンが余っているならそれを使ってもいいです。

ランニングコストは

  • 電気代(1000円)
  • ネット回線(普段使っている光回線と共用なので0円?)
  • プロバイダー代(固定IPで2000円~)

だいたい3000円くらいしかかかりません。エックスサーバーでも1000円/月ですから、2000円のコストアップで専用サーバーが持てるわけです。魅力的ではありませんか?

それに、サーバー代を経費として落とせば、自宅サーバー運営を楽しみながら節税対策にもなります。

5.結局は趣味

こう言ってしまえばそれまでな気もしますが、結局のところ自宅サーバー運営は趣味です。リスク高いし、管理が面倒な自宅サーバーを好き好んで運営するなんて、趣味以外の何物でもありません。

普通にレンタルサーバーを契約したほうが安上がりだし、信頼性も高いです。でも、僕にとってはそれを自分でやることが重要なんです。

自宅から全世界に向けてブログを公開するって、カッコイイじゃないですか。。。。

スポンサーリンク
 

コメントを残す